AFCアジアカップ2015グループステージ 日本4ー0パレスチナ

選手選考に関して不満だらけだったアギーレ監督ですが、さすがに勝利が義務づけられたアジアカップではしっかりベストメンバーを組んできましたね。宇佐美を呼んでいない時点で、まだ私はアギーレを信じていないのですけど、そこを議論し出すと長くなりますので、とりあえず今回はいいでしょう。

対戦相手はパレスチナ。一体どんなサッカーをするのかわからない不気味な相手でしたが、意外とテクニカルな選手が多かった印象。左サイドで起点になっていたヌーマンはボールタッチの上手さを見せるいい選手でした。

しかし、組織力や持久力といったところはまだまだのようで、元気があったのは最初だけ。途中からは完全に日本の攻撃練習となり、パレスチナはラフプレイでしか止める術がなくなる有様。思いっきりファウルしておきながら、マジのテンションで審判に冤罪を訴える面の皮の厚さはすごいよね(笑) 日本もこういう厚かましさは見習わないと。

パレスチナより難敵だったのは、特殊な構造のスタジアムのせいでピッチ上に吹き荒れていた横殴りの風だったかもしれません。前半日本はアゲインストの風に苦しみ、フライボールのコントロールがままらない。

そんな中で、遠藤がグラウンダーでのミドルシュートを放ち先制点。ここしかないというギリギリのコースを狙うスペシャルなテクニックには痺れましたよ! さすが遠藤はモノが違います!

今日の遠藤はシュートだけでなく、パスもセットプレイも全部がキレていました。強風による影響をきっちり計算しながら、前線にピンポイントのボールを供給し続けたのは素晴らしい。このプレイを見せられたら、いくら若手至上主義の代表ファンであっても、遠藤を外せとは言えないでしょ。

4点リードの後半13分にお役御免で遠藤が退くと、わかりやすいほど日本の攻撃は停滞しちゃいましたしねぇ。遠藤の必要性が改めて証明されたという意味では嬉しさもあるんですけど、さすがにこのレベルの相手に攻め手を失う日本代表はどうなのかと不安になります。

1人退場者を出してからは、パレスチナのドン引き守備は顕著になり、エリア外はほぼスペースがら空きだったというのに、わざわざ密集地帯に向けてクロスを上げたり、ワンツーで突破しようとする意味がわかりませんよ。ここで宇佐美がいれば、エリア外から強烈なシュート撃ちまくってくれたのになぁ。

4-0の快勝は結果としては幸先が良いスタートでしたけど、オーガナイズできる選手がいないと、結局何もできなくなる日本の致命的欠陥は露呈したまま。こりゃ遠藤には38まで代表でやってもらうしかないね!

ワールドサッカー ウイニングイレブン2015 - PS3

ワールドサッカー ウイニングイレブン2015 - PS3

定価:¥ 8,208

Amazon価格:¥ 1,119

カテゴリ:Video Game

発売日:2014-11-13


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL