いじらレンタルレビュー

ある日、自宅に兄の友人らが訪れていた。彼らの好奇の視線が自分へと向けられていることに気付き、戸惑いを隠せない妹。すると、その様子を見ていた兄が信じられないような一言を発する。「俺の妹が気に入ったんなら、お前らに貸してやってもいいぜ」と。

No Responses so far.