麻呂の患者はガテン系レビュー

そ、そんな。1週間前に急に発売とか言われましても。発売前のゲーム内容の情報は一切なし。「1週間後旅行行くから10時集合な!」とだけ告げられ、行き先も何も教えてくれないこの不安感。各社、ユーザーの顔色を伺いながら至れり尽くせりの情報を提供しているというのに、「ガタガタ言わずに俺に付いてこい」と亭主関白を気取るelfさんは、なんともまぁ、時代錯誤の殿様商売ですよ。麻呂だけにねっ!

3 Responses so far.

  1. ゲスト より:

    >土天冥海さんの描くヒロインからは表層的な優しさではなく、情の深さを感じられる

    私も全くその通りに思いました。良いですよね。

    亡くなったお父さんを偲ぶ代償行為としての看護が、いつの間にやら
    麻呂本人を慈しんだ世話焼きになるのが、なんだかほっこりします。

    この気持ち、鬼作プレイ後と同じ感じなんですよね。不思議ですw

  2. アゴスト より:

    レビューお疲れ様でした~。

    彦麻呂(45)かわい過ぎます!!
    45歳のおっさんの、しかも相手が既婚者の恋愛を
    応援したくなるなんて予想もしなかったですよ。

    私は『鬼作』は未プレイなのですが、
    elfファンクラブ最終号CD-ROMの名場面集で、
    延べ10分程度のシーンを見ただけで鬼作さんが気になる存在になってました。
    アニメーション追加版がDMMでDL販売されているので、
    こちらも買っちゃおうかな。

    私の中では既に「土天冥海=蛭田昌人」なので、
    今後も新作はチェックし続けます。
    もう土天冥海さんのキャラクターの会話を読んでいるだけで、
    幸せな気持ちになれます。
    もう完全な信者状態。

  3.  ゲストさん
    本当の意味で魅力的なヒロインを描こうとするとき、問われてくるのは結局のところ人間描写。いくら萌え要素を並べたところで、出来上がるのは“キャラ”止まり。それはそれで別にいいんですけど、土天冥海さんのように、“女性”の素晴らしさを描ける人がもう少し増えてくれると嬉しいですね~。

     アゴストさん
    愉快な彦麻呂のおかげで、他のセクハラ診察ゲーといい具合に差別化が図れていたと思います。「いと犯し」はくだらないけど笑った(笑)

    もし鬼作にも興味を持たれたなら、ニコニコ動画のプレイ動画でも見て判断してもらえれば宜しいかと。

    10年以上前の作品でありながら、DL販売で6,800円という価格は高すぎますけど、未プレイならその価値はあるはず!

    私も相当数エロゲをこなしていますが、力作という意味で、鬼作を超える作品には未だに出会ったことがありませんよ。CG枚数なんて、世の中の全エロゲをひっくるめて、最も多いんじゃないですかね? チップアニメーションにミニゲームに、そのエロゲとは思えない豪華な完成度は充分現在でも通用します。

    ていうか、今のエロゲ業界で鬼作を作れるメーカーがあるとは思えないですし~。まさにエロゲ業界のオーパーツ。