関根大気と三森すずこが誕生日だった1日

昨期までの低迷はどこへやら。春先より好調をキープし、首位を快走する横浜DeNAベイスターズを応援しに、パウンだーさんと甲子園へ駆けつけました! DeNAの快進撃に応えるべく、今年はいつもより奮発してちょっとお高い4,800円のブリーズシートを購入! 最下位阪神を軽く捻って、盤石の首位固めだ!!

……のはずだったのに、気付けばDeNAと阪神の立場が入れ替わっていた不思議。5月10日にお誘いを受けて、チケットを手配した頃は、確かにDeNAは首位の座にいて、阪神は単独最下位でした。阪神とのゲーム差は12もあったはず! それがいつの間にか阪神が首位になっていて、DeNAは借金生活の3位。チケットを手配してから今日まで、一体何があったというの…!?

こんなことなら別に安い外野席で良かった……とも一瞬思いましたが、今回私たちの席は通路最前列となっている抜群に見やすい良席! 例年の3塁側アルプススタンドでは、丁度太陽が逆光となって非常に見にくかったのですが、今日はそんな煩わしさもなく、マウンドを真横から眺めているような感覚で、快適な観戦を楽しむことができましたね~(横浜スタジアムには劣るけど)。

あとはなんとかDeNAに快勝してもらって、チケット4800円を支払った価値のある試合を観せてもらうだけ! 両軍の先発ピッチャーは三浦と藤浪という願ってもない好カードですし、これは期待ができます!!

阪神藤浪は圧巻のピッチング。当たり前のように152~155km/hの剛速球を投げ込み、DeNAのバッターは完全に振り遅れていてまったく打てる気がしない有様。弱点だった立ち上がりの悪さもこの日はまったく見せず、すいすいと怪投を続けていました。

一方、DeNAの番長三浦も負けじと好投。藤浪より球速は20km/h遅くても、ベテランらしい緩急をつけたピッチング(ゴメスに投げた99km/hのスローカーブはお見事)で好調阪神打線を封じ込める。

両チーム無得点のまま、迎えた4回裏福留の打席。今年の福留はとにかく勝負強く、試合が競った重要な場面で何度も殊勲打となる一発を打っており、実際昨日も勝ち越しホームランを打ったばかり。「こういう場面で先制ホームランを打つのが福留」だと私が危惧を口にしたら、その予言通りに…! フルスイングから放たれた美しい放物線は、ライトスタンドに突き刺さる先制ホームラン。私が縁起でもないことを言うからだと、パウンだーさんにめっちゃ怒られました(笑)

更に続く4番ゴメスもソロホームランをかっ飛ばし、福留ゴメスのクリーンナップが連日の二者連続ホームラン。三浦はせっかく好投していたのに、本塁打2発であっという間にやられてしまったのが残念でした…。

しかし、次の回でDeNAも反撃。関根と筒香がタイムリーを打って、粘り強く同点に追いつく! 1点取るのも厳しいと思われた今日の藤浪から、すぐに2点差を追いついたのはすごい!

依然続くチャンスにロペスもいい当たりをレフト方向に放って、一気に逆転かと思ったら、ここはマートンがジャンピングキャッチで好捕。こら! いつもの怠慢守備はどうした!

DeNAは三浦の後を継いだピッチャーが不甲斐なく、定まらない制球で一気にぐだぐだした展開。2番手小杉がフォアボールとヒットでランナーを溜めると、福地というピッチャーが3番手として登板しました。

福地元春。私は名前も聞いたことがない選手だったので、パウンだーさんに教えてもらうと、どうやら今年入団したルーキーとのこと。ランナーがたまったピンチの状況でプロ初登板のルーキーを投入するのは不安でしたが、もしかしたら彼も山崎康のような救世主になってくれるかもしれない!?

左腕から放たれる140km/h強のストレート。このストレートはなかなか威力がありそうです。本人も自信があるのか、ストレートを多投して強気に押してきます。ん? ていうか、さっきからこの人ストレートしか投げてなくない?

その場でスマホで確認してみたら、見事にストレートしか投げていませんでした…。な、何なの、このピッチャー!? 全盛期の藤川かというほどストレートオンリー! ストレートに絶対の自信があるなら結構ですけど、それでピッチャーの藤浪にタイムリー打たれていたら世話ないよ!! バカみたいに同じような速度のストレートばっかり投げていたら、そりゃ藤浪でもヒット打てますって!

結局、この回2失点を喫して、大勢は決まってしまいました。5番手には私が個人的に贔屓している国吉が登板。投球練習で投げるボールは唸りをあげており、どうしてこんなレベルのピッチャーが敗戦処理をしているのか不思議で仕方ありません。

でも、実際の試合になると、安定の不安定な制球でランナーを埋め、自分で状況を苦しくしたあとに、ぽこんとタイムリーを打たれて失点するいつものパターン。敗戦処理で使われるわけですね…。

しかし、国吉はここで阪神のリードを4点差に広げたことで、9回のオスンファンにセーブをつけさせなかったという大仕事! セーブ王争いをしている山崎康への掩護射撃のため、わざと自分が失点を被るなんて…! 国吉の自己犠牲に涙した試合でした。

★今日の試合の価値計算★

藤浪先発     +1,000円
三浦先発     +1,000円
黒羽根盗塁阻止 +300円
関根2安打    +1,500円
筒香タイムリー  +800円
平田好投     +500円
中継ぎ炎上    -500円
DeNA11残塁   -1,000円
DeNA長打ゼロ  -800円
DeNAが敗北   -2,000円
───────────────
合計         800円

一番安い外野席でも元が取れないしょっぱい試合でしたよ! 藤浪はすごかったとはいえ、四死球も多くて付け入る隙はあったのに~。打つ方で長打が出ないと、生観戦では盛り上がりにくいですね。

DB.スターマン オフィシャルフォトブック『よこはまの星になる!』

著者/訳者:横浜DeNAベイスターズ公式マスコット DB.スターマン

出版社:サイゾー( 2015-05-22 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,080

単行本(ソフトカバー) ( 84 ページ )

ISBN-10 : 4904209680

ISBN-13 : 9784904209684


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. 先日はお疲れ様でした!

    私のやる気のない感想とは大違いの、
    微に入り細を穿った感想ご苦労様でしたw
    福留はホントもう見たくない!
    もっとも、それ以上に見たくないのは国吉ですがっ。

    もう阪神戦は、負け前提で安いチケット買ったほうがいいのかな…。

    今日は勝ったとは言え、相変わらずの残塁祭りに泣ける。

    • こちらこそお付き合いありがとうございました。これまで計4試合観に行って、全部DeNAと阪神の試合ですからね~。さすがにそろそろ別のチームとの対戦をみたいですが。甲子園でDeNA対ヤクルトとかやってくれないかなぁ(笑)

      まぁ、試合内容は残念でしたが、席自体は素晴らしいものだったので、4,800円の価値はあったと思います。

      >福留はホントもう見たくない!
      これ、阪神ファンのセリフだったはずなんですけどね…(笑)