プリパラ サマーアイドルライブツアー2017に行ってきました!

プリパラのサマーライブが今年も大阪にやってきた! 場所はUSJのすぐお隣、大阪桜島のウォーターフロントに立地するZepp Osaka Bayside。今年2月に開業したばかりの真新しいライブ会場に来られたのは嬉しかったですが、本来はマキシマムザホルモンが来るようなライブハウス系の箱。プリパラのライブに来るお客さんはモッシュやダイブとは無縁のか弱い女児ばかりですから、ちょっと場違い感はあったかも…?

ライブハウス系は、後ろの方だとステージが見にくいというデメリットもありますね。運悪く自分の座席はかなり後ろの方だったため(チケット販売後すぐ購入したのに)、目の前の観客に遮られてほとんど見えないみたいな。ステージ上に高台があり、そこで歌ってくれる分には全身がよく見えて良かったのですが…。観客の一体感より、演者の見やすさを重視する自分としては、やっぱり昨年のような傾斜があるホール系の会場の方がありがたかったな~。

と、ライブ会場について多少の物言いが入りましたけど、ライブの内容自体はただただ最高!! 大型スクリーンを背景に、アニメのライブシーンと完璧にシンクロした声優さんたちの圧巻のパフォーマンスにひたすら熱くなる! 演出も特効も派手になって以前より見応えがぐんと増えていましたし、新調された豪華な衣装が尊い。プリパラライブは金になると偉い人たちが手応えを感じてくれたのか、間違いなく昨年よりパワーアップを遂げていましたよ!

セットリストは、ユニットごとの人気曲、各自ソロ曲に劇場版のレア曲と、嬉しい選曲盛りだくさんで大満足。一番熱かったのは、トンでもSUMMER ADVENTUREかな! 「らぁら!」「ふわり!」「ドレシオ!」のあとの「はぁーーい!」の掛け声が気持ちよすぎ(笑) 今後サマーライブの定番曲になってほしい!

プリパラは今年4月からアイドルタイムプリパラとして新しく装いを変えて、新主人公の夢川ゆいと、その仲間のにの・みちるの3人のキャラクターがメイン格となり、これまで主要キャラクターを演じていたi☆Risはサブへと回る格好に。今回のライブでは、必然的にi☆Risの影は薄くなっちゃうんじゃないかという懸念材料があったものの、蓋を開けてみると、サマーライブの主役は完全にi☆Risでした

「新主人公たちはまだ持ち歌がほとんどないから」という事情もございますが、やはりライブ全体を取り仕切って牽引していたのはi☆Risでしたし、彼女たちのずば抜けたステージパフォーマンス力があってこそのプリパラライブ。アイドルと声優を両立している彼女たちは、普通の声優さんと比べて経験値が高い分、やはり歌唱力・ダンス・ヴィジュアル・MCの上手さで大幅なアドバンテージがあります。歌っている最中、踊っている最中、常に観客に向けて表情を作れるところもプロフェッショナルで、まさに“作中のキャラになりきっている”感じなんですねー。

ゆい役の伊達朱里紗さん、にの役の大地葉さん、みちる役の山田唯菜さんも堂々たるステージで素晴らしかったですが、表情は正直まだまだ硬く、完全にキャラクターになりきれていたかというと、YESとは答えにくいところ。彼女たちにi☆Risばりのアニメ完全再現ダンスは求められないですけど、キャラのなりきり感は突き詰めていってもらいたいな。これから場数を踏めば、きっとそういった余裕も出てくるはずだと思いますので、今後の成長に期待したいです!

まぁ、なんかウゼー感じでダメ出ししてしまいましたけど、なんだかんだで私はそれぞれの楽曲大好きですから、ライブ中はめちゃくちゃ楽しんでサイリウム振り回していました(笑) プリパラ初期を彷彿するほど、アイドルタイムプリパラの楽曲はハズレなしの名曲揃いだから嬉しい。特にみーちるの“GOスト♭コースター”は白眉だわ。

次回プリパラライブは今冬12月10日に幕張メッセで開催。プリパラのライブも年を追うごとに規模も大きくなってきましたが、とうとう幕張メッセですか。ウィンターライブでは今回残念ながら出演されていなかったガァルマゲドンとノンシュガーが出ますし(ついでにWITHも)、プリパラライブ完全版というべき最高のメンバーが揃っているんで、自分としてはめちゃくちゃ行きたい…。どうしようかなぁ。

プリパラ クリスマス☆ドリームライブ2016(初回生産限定盤) [Blu-ray]

販売元:エイベックス・ピクチャーズ( 2017-08-11 )

定価:¥ 5,400 ( 中古価格 ¥ 4,849 より )

Amazon価格:¥ 6,820

時間:110 分

1 枚組 ( Blu-ray )


この記事のトラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。