コラム「ヒロイン全員元カノのエロゲを妄想してみる」

夏コミの打ち上げ2次会でアゴストさんと会話していた際、「ヒロイン全員元カノのエロゲ」の話題が出てきまして、そういえば昔、私はそんなこと主張していたなぁ~と懐かしさを感じていました。あれから6年、ヒロイン全員元カノのエロゲが発売された気配は未だ一向にありませんので、改めて「ヒロイン全員元カノ」のエロゲを妄想してみたいと思います!

西野ちゃん

交際期間-
交際時主人公年齢5歳

幼少の頃、いつも2人で一緒にお飯事をしていた幼馴染。大きくなったら結婚しようねと約束をしていたが、15年ぶりに出逢った彼女はとっくにそんな約束は忘れ、普通に別の彼氏ができていた。

テーマは「現実」

久しぶりに再会すると、もう昔の面影はまったくなくなっていたというリアル幼馴染キャラ。幼馴染だからって、いつまでも昔の約束に縛られて一途だと思ってんじゃねーぞ的なありがたい教訓を与えてくれます。でも、初恋同士の2人がお互い遠回りしつつ、最終的にまたくっつくというのも運命的で良くないですか?

大森さん

交際期間10ヶ月
交際時主人公年齢15歳

主人公が中3のときできた初カノ。お互い別々の高校に進学して疎遠になり別れたが、今でも友達程度の付き合いはある。付き合っていた当時に送った主人公の恥ずかしいメールを全部保存しており、今でもそれをネタにからかってくる。

テーマは「成長」

付き合うといっても、若さゆえ友達の延長線上の付き合いしかできなかった2人。時間をおいて成長した2人が再び付き合うことになれば、あのときとはまったく違った付き合いになるでしょう。昔は照れ臭くて言えなかった言葉も、今ならハッキリ言えるはず。昔と今で様変わりした“二度目の交際”を堪能してみたい。

内田さん

交際期間3ヶ月
交際時主人公年齢16歳

友達に紹介で付き合うことになった同じ高校の彼女。大人しいが健気で優しい女の娘。主人公の初体験の相手だったが、彼女は初めてではなかった。結局そのことがわだかまりを生み、彼女を遠ざけるようになって、そのまま別れてしまうことに。

テーマは「後悔」

精神的に幼いがゆえに潔癖で、彼女の男性遍歴を許せなかった主人公。今となっては、そんな過去の自分の愚かさに激しく後悔している。元カノと寄りを戻したい願望には、「後悔」を解消したい想いが含まれているはずなので、あのとき間違えてしまった選択肢をもう一度選び直したい人のためのヒロインです。今度こそ、彼女に優しくしてあげられるといいですね。

宇佐美さん

交際期間1年5ヶ月
交際時主人公年齢17歳

付き合いは一番長かったが、些細なことで口論となってケンカ別れ。今では口も利かないほど気まずい関係に。しかし、彼女にはまだ主人公への未練があり、なんとかきっかけを作って謝りたいと思っているが、意地っ張りな性格ゆえになかなか言い出せない。

テーマは「未練」

いわゆるダメ恋の香野麻実と同じ未練たらたら系元カノ。ケンカ別れしたあとに仲直りして元鞘という流れは、元カノマニアには絶対外せない王道シチュエーションでしょう! 元カノという立場でありながら、主人公が付き合った新しい女に敵意剥き出しなのもお約束。

藤春さん

交際期間2週間
交際時主人公年齢20歳

2歳年上の前カノ。キャンパス内でも有名な美人で、主人公にとっては高嶺の花であったがダメ元で告白すると奇跡的に成功。が、僅か2週間後に「やっぱつまんない」の一言であっさり捨てられた。主人公はまだ彼女のことが諦めきれないので、なんとか寄りを戻したい。

テーマは「不屈」

一度NOを叩きつけられようと、そこで挫けることなく必死にアプローチして再び振り向かせてみせる。そんな私のストーカーマインドを満たしてくれるヒロインです! 個人的趣味です!
 

このように一口に元カノといっても、様々なタイプが存在し、それぞれに異なったテーマでシナリオが書けると思うんです。共通してあるのは、一度距離を置いてしまったがゆえに、もう一度その距離を縮めることに慎重になってしまうこと。恋愛の面白さ難しさって男女の距離感にあると思いますが、元カレ元カノという関係は、その距離感の大切さを一層意識付けられる題材だと思うのです。

一度蹉跌(さてつ)を味わっている男女だからこそ、お互い臆病になり、素直になれず、自分を偽ってしまう。彼(彼女)の新たな幸せを祈る一方、新しい恋人の存在に耐え難い嫉妬を憶えるなど、「昔付き合っていた」という過去は、複雑な思惑を交差させる要因となるから実に面白い。一端距離を置くことで、改めてお互いの良いところが見えてきますし、掛け替えのない大切な存在であったことも思い知る。そして、紆余曲折の末に元鞘に戻ることになれば、前以上に強い結び付きとなるというものです。

6年前の私もなかなか良いこと言っていますね!

あと、「元カノ萌え」には直接関係ないですが、主人公の女性遍歴を知ることで、より主人公に対する親密さが増すというメリットもあります。エロゲの主人公って、過去に何をしていたのかすごい謎じゃないですか? どんな中学時代を送ってきたのか等まったく不透明だから不気味。どう考えても童貞丸出しのくせに、やたら女に達観していて、セックスに手慣れていたりしますし!(笑)

女性遍歴が明らかになれば、それは青春時代の履歴書となり得るので、主人公がどのような人間なのか明確になると思うんですよね。過去を掘り下げ、主人公自身のキャラに深みが出れば出るほど、それだけ愛着も沸いて来るというもの。

このアイディアは著作権フリーですので、どうぞ誰かエロゲにして発売してください(笑) ヒロインが全員元カノという愛憎に満ちたスリリングな作品の登場を、私はいつまでも待っているよ!

2014年1月1日

この記事のトラックバックURL
  1. 浅生さんのエロゲへの興味消失と共に
    恒例の大掃除レビューがなくなって残念だなぁと思ってたところに素敵なお年玉が!

    浅生さんがNG恋のレビューで
    【「登場ヒロインが全員元カノ」なんてエロゲ誰か作りませんか!?】
    と主張されて早6年ですか……。
    当時から面白い企画だと思ってましたけど、
    結局この6年で(多分)1本も出ませんでしたね。

    下級生2のたまき事件以降、
    メーカーさんが非処女ヒロイン及び腰になるのは理解できますが、
    あまりにも似たり寄ったりの作品が多くて、
    エロゲに飽きちゃっている人って少なくないじゃないかと思います。

    過去にオフ会でお会いしたかめのこおらさんも
    エロゲに飽き気味で別ブログを立ち上げています。
    http://kamenokoora.bufsiz.jp/

    あとオフ会で話していても、皆さん思った以上にエロゲをプレイしていない!
    時間がかかるとか、生活環境の変化(結婚等)とか、
    プレイ本数が少ない色々理由はあると思いますが、
    似た設定や似たヒロインばかりでエロゲに飽きちゃったというのもあるのではと推測。

    浅生さんの素敵企画を見て、どこかのメーカーさんが重い腰を上げ、
    この状況に一石投じられたら最高ですね。

    今回の企画も元カノという設定ならほしい要素が
    過不足なく入っていてプレイしたいと思わされます。
    個人的なお気に入りは西野ちゃん。
    最初は主人公にそっけないと尚良しですね!
    「あなたと帰っているところを誰かに見られたら恥ずかしいから。」と宣った
    ときめきメモリアルの藤崎詩織ばりに!!

  2. 面白そう。交際期間が最長の宇佐美さんが好みです。向こうが意地っ張りならば、主人公も彼女に対してだけ子供っぽく意地を張って、ツンデレ×ツンデレのぎくしゃくカップル(乱馬とあかねのような)としてニヤニヤさせていただきたい。

    浅生さんがディレクターかライターを担当されたエロゲをプレイしたくて数年待っているのですが、そのおつもりはないのでしょうか。レビューで高得点をつけておられる作品が、自分にとっても良作ぞろいだったので、きっとお気に入りの一品になると思うのですが~。2万までなら迷わず出せます!

  3.  アゴストさん
    漠然と妄想していたら、次々と5人のヒロインの設定が思いつきましたので、遊び半分でコラムにしてみました。本当は、あと数人思いついているんですけど、あまり元カノが多すぎる主人公だと、さすがに感情移入できなくなりますからね(笑)

    >エロゲに飽きちゃっている人って少なくないじゃないか
    最近の新作エロゲのパッケージを見てみても、未だに青空背景に制服ヒロインが集まってポーズを取っているものが量産されていて、「相変わらずだなぁ」という思いに駆られます。

    ただ、以前までは保守的な姿勢のメーカーに対して不満を感じていましたが、そもそも今のエロゲのファン層って、革新的な作品を望んでいないと思うんですよね。

    医師(メーカー)がどんな名医であったとしても、患者(ユーザー)自身が癌の根治を望まなければ治療の仕様がない。できることは、患者の身体に負担のかかる治療を避け、できるだけ苦しみを和らげながら、少しでも余命を延ばしてあげることだけ。もうエロゲ業界って、そんな「ターミナルケア」の段階に入っているんじゃないでしょうか?

    サナトリウムと化したエロゲ業界で、「病気を治すための劇薬が欲しい」と意見すること自体、お門違いなのかもしれませんね…。みんなはサナトリウムから見える綺麗な青空(背景のパッケージ)を見続けながら、ゆるゆると最期のときを迎えたいのかな。

    >かめのこおらさんもエロゲに飽き気味で別ブログを立ち上げています
    ええ、私が言うのもなんですが寂しかったです。カズさんも、2013年は1つもエロゲしなかったと仰っていましたしね…。

    >(西野ちゃん)最初は主人公にそっけないと尚良し
    そうですね。素っ気ないといっても、主人公に対して悪感情があるわけでもなく、あくまで昔仲良かっただけという余所余所しい関係。そういったフラットな好感度スタートがいいんです。

    彼女の存在はエロゲに蝕む「子供の頃の約束」へのアンチテーゼですが、初恋同士の2人が結ばれるロマンチックな関係への憧れは私にもあります。お互いいろんな相手と恋愛を重ねながら、それでも最後に原点回帰してくっつくのは、最高の「元鞘」でしょ! 是非とも、攻略順は西野ちゃんを最後に取っておいてくださいな(笑)

     ゲストさん
    これをエロゲ化するのであれば、メインヒロインは間違いなく宇佐美さんでしょうね~。らんま好きとしては乱馬×あかねみたいなツンデレ同士のカップルも理想なのですが、イメージとしてはもっとシリアスな関係でした。

    些細な口論の最中、どうしても許せない一言に主人公は本気で怒り、彼女との別れを切り出す。彼女は自分が言い過ぎてしまったことの自覚と自省をしていますが、素直に謝ることができない。たった一言「ごめん」といえば解決する問題なのに、その「ごめん」がどうしても出てこない。何故なら、これまでの数々のケンカは、最後はいつも主人公が折れて仲直りしてくれたから。

    「謝りたいのに謝り方がわからなくて謝れない」っていう切ない葛藤が私は好きですね(笑) 「例え自分に非があるケンカでも、最後は彼が折れて謝ってくれる」 そんな思い込みが彼への依存であったことに気付いたとき、それは彼への未練へと変わるというもの。

    >浅生さんがディレクターかライターを担当されたエロゲをプレイしたくて数年待っている
    絶対売れないからイヤです!(笑) もし私がディレクターかライターをするならば、こんな「全員元カノ」なんてニッチなエロゲではなく、主人公のお嫁さんにしてもらいたいヒロイン(処女)が大勢押しかけてくるエロゲを作りますよ!!

  4. どうもはじめまして、塩小路と申します
    いつもなでしこやまと楽しく読ませてもらってます

    横レスですが宇佐美さんシナリオの草案を読んで、僕も割りとリアルめにプレイしてみたくなりました
    取り返しつかなくなってしまったことに気づいた途端、涙目で「どうしよう・・・」って慌ててる子って萌えます
    謝る側⇒男 謝られる側⇒女 と上下関係が逆転する過程もおもしろそそうです

    >主人公のお嫁さんにしてもらいたいヒロイン(処女)が大勢押しかけてくるエロゲを作りますよ!!
    これ笑いましたww浅生さんならこれでもおもしろいものができそうです
    全員元カノゲーって売れないですか?

    キャラ名前は、宇佐美のところでガンバ大阪選手から取ってることに気づきました

  5.  塩小路さん
    初めまして~。管理人の浅生です。

    許す側と許される側は一般的には前者が立場的に上だとされますが、頭を下げて素直に謝れる人間は“器の大きな人間”でもありますから、許す側は許される側でもある。特に恋人同士のような対等な関係において、ケンカしたあと謝る方が立場的に下とは思えないので、上下関係の逆転という意識は実はあまりなくて。

    しかし、彼女が謝ってくるまで絶対に許さないのか、それとも結局自分が折れて彼女を許してあげるのか、そこはプレイヤーの選択に委ねたい感じですね。どっちを選んでもハッピーエンドにさせますけど。

    >全員元カノゲーって売れないですか?
    ヒロイン5人中、3人が非処女(西野・内田・藤春)のエロゲなんて売れるわけがありません!

  6. おひさしぶりです。以前は名前の最初に「近代衣服の~」とつけていた輩です。
    もしくはバカップルエロゲ愛好家です。まだ……まだ「この分野」に限っては傑作が出るような気がするんですっ……(はたから見ればモトカレ・モトカノの残滓を引きずっているようにも見えなくもないアレゴリカル)

    ふと思ったのですが、この設定だと、
    「かつての恋人の記憶」
    と、
    「これからの再=恋人としての物語」
    の両方を兼ね備えていなくてはなりませんよね。

    となると、
    「かつての」の物語が、「これから」の物語と……同値・同量とはいわずとも、2/3くらいの値・量はあらかじめ設定してなくてはならないと思うのですよ。
    必然的に「過去シーン」がふつうのエロゲよりも莫大で、それを踏まえた「現在シーン」もあり、……うわ、そうなると、フラグ管理というか、シーン管理が膨大ですね……

    ああ、おるごぅる氏が引退していなければ!

    ……とはいいつつも。
    これは、逆に考えれば
    「今のエロゲ登場人物の【過去】が、いかに薄っぺらい記号的なもの」
    という証左にもなりますね……これはこれで、うん、逆に怖いです。

  7.  残響さん
    お久しぶりです~。大変個性的なハンドルネームでしたので、すごく印象に残っていました。これからもよろしくお願いいたします。

    元カノゲーには、途中回想シーンを入れるなどして、まず主人公が持つ過去の想い出をプレイヤーと共有させなくてはなりません。ただ、頻繁に回想シーンを挟んでしまうと、著しくストーリーのテンポを阻害してしまう。ゆえに、極力回想シーンを用いず、日常的な会話の端々や態度で、「ああ、この2人は過去に○○なことがあったんだろうな」と受け手に想像させる工夫が必要ですね。

    主人公の女性遍歴を総て見てきた幼馴染の男友達がいれば、そんなに難しくはないかも。友達との会話の中で、当時の印象的な出来事を振り返るみたいな。その友達は、彼女を取っ替え引っ替えしている主人公とは違い、一途に中学から付き合っている恋人がいることにしよう!

    >今のエロゲ登場人物の【過去】が、いかに薄っぺらい記号的なもの
    主人公が幼少期の想い出を語ることはあれど、直近の中学時代の想い出を語ることってほとんどないですからね~。

    昔近所に仲のいい女の娘が住んでいたとかしらねーよ。どーでもいいよ。それよりお前は中学時代何をやっていたのかを教えろよ。何か中学時代に思いだしたくない記憶があるのなら、無理には聞き出しませんけれども(笑)

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。