2017冬アニメの視聴予定表

今期アニメの視聴予定、及び期待度です。☆ ◎ ○ △ ×の5段階評価となっています。原作既読アニメには(既)マークを付けています。

 セイレン
アマガミの正統続編のようなので要チェック。ギャルゲー絵師として、高山箕犀さんは今尚唯一無二の高みにいる存在。キャラクター紹介に目を通しているだけで、早くも気になる存在が何人かいますよ~。「あれ? 私も編集会議参加したっけ?」と錯覚するぐらい、自分好みな声優さんが揃っているのも嬉しい。

 Fate/Grand Order -First Order-
同人ゲームの世界で天下を取り、PCゲームの世界で天下を取り、そして今ソーシャルゲームの世界で天下を取り…。TYPE-MOONさんはどこでも天下を取りますなぁ。血迷って政界進出しても、政権与党になりそう。Fate/Grand Orderについては、ほとんどプレイしていないので、内容についてはよく知りません。でもきっと、今期の天下を取るのはこのアニメなんでしょうね。

 BANG DREAM!(バンドリ!)
アニメの世界観をリアルで表現する2.5次元系は現代のトレンドですが、最初からリアルありきで売り出すのはどうも失敗フラグに思えて。アニメ紐付きのユニットの人気って、結局そのアニメがヒットするかどうかが総てですから、ユニットのプロモーションに力入れるよりも、まずはアニメのクォリティを上げることだけに専念した方がいいんじゃないかと。と思ったら、先行してデビューした「Poppin’Party」は既にそこそこ売れているみたいね…。

 クズの本懐
お互い本命がいる同士で交際を始める偽装カップル。逃げ恥がそうであったように、恋愛感情が絡まない打算的なカップルは嫌いではないです。ただ、「付き合っているフリが本気になっちゃった」以外のオチを見たことがありませんので、どこで作品の独自性を出せるかですね。アニメとドラマの同時展開というのは、ある意味すごい独自性ですが。

 あいまいみー ~surginal friends~(3期)
今思うと無駄に声優が豪華。大坪由佳さん、内田彩さん、内田真礼さん、茅野愛衣さんと今をときめく売れっ子女性声優さんばかり。今期から佐倉綾音さんも加わりますしね。てーきゅうもそうですが、声優さんはアニメの続きが出るのを望んでいるのかな? いつまでもこんな小さな仕事やってられるかって思っていそうで(笑)

 CHAOS;CHILD(既)
Steins;Gateに匹敵するほど面白いと薦められ、ならばアニメ放送の前にプレイしておこうとPS4版を購入してみたものの、紙芝居AVGへの拒絶反応から結局ほとんどプレイすることがなかったという。ストーリーが面白そうと感じたのは間違いありませんので、アニメの方で楽しむことにします。

 リトルウィッチアカデミア
リトルウィッチアカデミアは、アニメミライ2013で公開された短編映画で過不足なくまとまっていた傑作でした。それだけに、続編の魔法仕掛けのパレードはやや蛇足感がありましたし(面白さもガクッと落ちた)、今再びTVシリーズで新作となると、どうしても当初の面白さは期待できそうにありません…。人気が出てほしい作品ではあるんですけど。

 アイドル事変
アイドルモノも飽和してきて、段々変化球が増えてきましたね~。アイドル+政治という切り口はどう出るか。日本の政治に漂う閉塞感を、歌とダンスで解決するというアホらしさは結構好き。ただイマイチ印象が良くないのは、MAGES.絡みのコンテンツであること。ここはメディアミックスばかりに力を入れていて、肝心の作品がしょぼいこと多いですから。

 亜人ちゃんは語りたい
ネコミミすらNGという偏狭な私が、亜人などという高度なキャラクターを受け入れられるはずはないのですが…! しかし、オフ会で面白いと薦められましたので、いっちょ先入観を捨ててチャレンジしてみようかなと。今期は他にも、けものフレンズプロジェクト、小林さんちのメイドラゴンと、亜人系アニメがやけに多い気が…?(プリキュアもか) 私が知らないところでブーム来ている!?

× キラキラ★プリキュアアラモード
こ、今年はプリキュアはお休みでいいかな…。これだけ子供向け感が出ちゃうと、女児力の低い私では如何ともしがたい…。ケモナーでもないので動物モチーフも辛いですし、肉弾戦廃止の方針も納得いかない。ハピプリ、Go!プリ、まほプリと3年続けて楽しませてもらいましたが、1年お休みして2018年に期待したいです。NHK大河ドラマだって毎年見るわけじゃないしね。

 銀と金(ドラマ)(既)
福本伸行作品の原点であると同時に全盛期。実写化に対する諸々の不安感はありつつも、仕手戦、金の橋、青天井ポーカー、誠京麻雀、神威家鏖、300億サシ競馬と、原作で描かれたギャンブルは全部やってくれそうなのでワクワク。名言の嵐なので、それを聞くためだけでもドラマ見る価値あります!

銀と金 1

銀と金 1

カテゴリ:Kindle版

発売日:2013-07-20


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. 今年ももう終わりとは早いですねぇ。冬コミも風邪を引いて見合わせたので最後まで
    ツキのない1年となりました。

    さて1月の新番組ですが、

    ○ 銀魂
    △ 南鎌倉高校女子自転車部
    △ 亜人ちゃんは語りたい

    これしかないので完璧に不作ですね。一番マシなのが銀魂って・・・。

    「南鎌倉高校女子自転車部」は同人時代から知っていますが、最初はイラスト作品だったのが
    マンガ連載になってアニメ化されたのは感慨深い・・・だから期待したいのですが今年は
    「ろんぐらいだぁず!」の事実上の失敗を見てしまうと怖すぎ。さらに残念なのがマンガ作品と
    しては「ろんぐらいだぁず!」以下なので厳しくなりそう。

    亜人ちゃんは原作は見たことなかったけどモン娘の例もあるし良い意味で期待を裏切ってほしいかな。

    あとは年明けの休みで「この世界の片隅で」を観に行く予定。「君の名は」より面白いと評判なので
    楽しみです。

    そんなわけで良いお年を~

    • 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

      i☆Risのライブ目当てに11月に東京までに行ってしまったせいで、昨年は私も冬コミ参加は自粛しておりました。夏コミは参加するつもりでいますので、次こそは静流さんと予定が合えばいいな…。合わなかったら、またご飯食べに行きます(笑)

      >(南鎌倉高校女子自転車部)「ろんぐらいだぁず!」の事実上の失敗を見てしまうと怖すぎ
      ろんぐらいだぁず!の失敗は、自転車アニメが受け入れられなかったのではなく、単純に製作が終わっていただけの話ですので、こちらの作品に何も悪影響はないはず…(笑) でもまぁ、間を置かずにまた自転車アニメとなると、やっぱり皆さん脳裏にろんぐらいだぁず!が過ぎるのは仕方ないですね。

      >「この世界の片隅で」を観に行く予定。「君の名は」より面白いと評判なので楽しみ
      パウンだーさんが超絶賛していましたし、私も観に行きたい気持ちは超ありつつ、今更後追いで観に行くのもなぁ…という厄介なプライドが(笑) これだけ大絶賛を聞いてしまうと、先入観でまともに感動できないかもしれませんし。「シン・ゴジラ」と「君の名は。」は早いうちに観に行っておいてよかったですよ。

  2. 亜人ちゃんオンリーです
    すごい楽しみ
    これに出る亜人はデュラハンの町ちゃん以外は見た目普通なので浅生さんにも受け入れて頂けるんではないかと

    • 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

      人間の女の娘なら、どんなタイプ(性格)でもある程度受け入れられるんですけど、人外になると私の度量は途端に極小化するのでどうかなぁ…(笑) デュラハンなんかは、どうひっくり返っても無理! 現世では無理! もっと徳を積んで、生まれ変わった来世で受け入れられるよう頑張ります。

  3. Fgo、年末スペシャルの、チュートリアル章のみなんです。続きはゲームで。しかし、その、ぶっちゃけ、本格的にストーリー面白くなるのは(現段階のストーリーシナリオの)中盤くらいからなんですよ。なので、根気強くそこまでプレイして初めて、キャラの個性やシナリオ展開に面白味が出てくるんです。そこからは面白いんだけど。型月世界の長年の謎が明かされたりもしたので、我こそは型月に心酔する者というのなら、プレイしてみるのもありかもです。

    それと、この2017年内にパラレルfateのアポクリファや記事作成なさってた進撃の巨人も春から放送ですので、またレビューのほう、期待してます。

    • 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

      >(FGO)今回のアニメは序章もチュートリアル部分のみのアニメ化
      OH…。なんという失態…。Fate/Grand Orderはフツーに1クール2クールアニメだと勘違いしていました…。年末ばたばたしていたとはいえ、しっかりサイトを読み込まずに予定表を書いちゃダメですね。申し訳ないです。ご指摘ありがとうございました。

      >型月世界の長年の謎が明かされたりもしたので、我こそは型月に心酔する者というのなら、プレイしてみるのもあり
      TYPE-MOONさんはいろんなジャンルに作品を進出させているので、もう世界を追い切れなくなってしまいましたよ。Fateにドハマリしましたが、stay night・hollow ataraxia・zeroといった基本的な部分の知識だけですし、月姫諸々は途中で投げちゃいましたし、魔法使いの夜は積んだままですし…。ホント俄もいいところ。

      せめてGrand Orderはアニメで勉強しようと思っていたら、まさか単発アニメだったとは(笑)

  4. FGOに関しては他の方も言ってますが、今回のアニメは序章もチュートリアル部分のみのアニメ化なのでそこまで盛り上がりはない(なかった)ですね。

    FGOに関しては奈須氏を始めとしたライターの方々が当初はソシャゲの文法(物語をそこまで書かずに細切れにして話している途中で敵襲だ!を繰り返しボスと戦って終わり)に習った書き方をしていたのであまり盛り上がりがないんですよね。

    中盤以降慣れて来てシナリオをたっぷり書いた方がウケると認識したライターや運営が徐々にリミッターを外した結果非常に重厚なFateらしいシナリオになっていくのですが、そこまで描こうとすると何クール有っても足りないといいますか…(笑)

    ゲーム中の期間限定のイベントやキャラも最終決戦に駆けつける!という非常に盛り上がりのあるストーリーだったのは確かなのですが、アニメ化は中々難しい作品ではありますね

    • 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

      Fate/Grand Orderは普通にTVシリーズで放送されると完全に勘違いしておりました。ポッピンQの感想といい、最近初歩的なミスが多いですね…。以後気をつけます。

      ゲームの方は触りだけしかプレイしていませんので、シナリオにも力が入っていると知ったのはごく最近。スマホゲームでシナリオを読ませるってかなり難しい気もしますが、その辺はさすが奈須きのこさんといったところでしょうか。しかも、ちゃんとゲームのシナリオを再現しようとしたら何クールあっても足りないってすごいな…。そんなに大ボリュームだなんて。

      Fate好きとしては、やっぱり主要な作品のストーリーは追っておきたいので、気になるのは気になります。それなら、さっさとゲームをやればいいんですけど、最近ガチャという課金システムへの拒否反応が強くなってきて、その手のゲームをやろうという意欲が沸かないのが問題。ゲームの課金自体は肯定派なんですけど、ガチャはやっぱりねぇ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。