2015秋アニメの視聴予定表

今期アニメの視聴予定、及び期待度です。☆ ◎ ○ △ ×の5段階評価となっています。原作既読アニメには(既)マークを付けています。


 アイカツ!(4thシーズン)
全国のアイドルの束ねて、天下に号令をかけるスターライト学園。しかし、未だ地方にはスターライトの威光届かず、勝手にアイドルを名乗る「ろこどる」なる輩が数多く蔓延っているという。斯様な賊を捨て置くのはやがて国の乱れになること必定と、不届きな野良アイドルどもを征伐するため出兵を決意したルミナス! 朝廷に跪かぬ逆賊は、天下布武の旗印の下に滅ぼすのみ! ……といった物騒な話ではなく、日本各地を股にかけて地方アイドルたちと交流を深めていく、とても心温まるお話ですので、みんなも一緒に仲良く見ましょうね!

 ハイキュー!! セカンドシーズン(既)
セカンドシーズンになって大きな違いは、部に新しい女子マネージャーが谷地仁花が加わること。既に清水潔子という一騎当千のスーパーヒロインがいるので、個人的には紅一点のままでも良かったですが、同じ女子の後輩ができたことで潔子さんが今まで見せなかった新たな一面を見せるようになってくれますので、そういう意味で谷地の加入はプラスです(笑) 勿論、バレーとしてもこれから面白い試合が目白押しなので期待してください!

 櫻子さんの足下には死体が埋まっている
美人で名家のお嬢様なのに、骨が好きという奇特な趣味をお持ちの櫻子さん。第一印象でCV伊藤静っぽいなという感じでしたが、その通り伊藤静さんでした。適役だからいいんですけど、もうちょっと他の人も発掘してほしいよね~(笑) あまりにもワンパターンすぎて。“美人だけど変人”というキャラ設定もありきたりと言えばありきたりなので、作品として何かしらの意外性がほしい。

 進撃!巨人中学校
現在実写映画が大ヒット上映中(公式サイトにそう書いてあるんで…)で、未だ衰えぬ人気を見せる進撃の巨人のスピンオフ。進撃の巨人をギャグ寄りに描いた漫画は、他にも「寸劇の巨人」というのがありまして、そっちは全然面白くなかったんですが、この巨人中学校は更にそれよりも評判が悪い。どんなにつまらないんでしょうか。楽しみなのは、主題歌がLinked Horizonさんなとこぐらい。


 ワンパンマン(既)
最初の数話しか読んだことがない私が言うのもなんですが、村田雄介さんの超絶作画あってこその作品でしょ? 漫画家として最高峰の画力を持つ村田雄介さんが、既存の週刊誌では実現不可能といえる贅沢なコマ割りで、ハイクォリティなイラストを書き上げているから価値があるのであって、それをアニメでやれるのかという話。原作の超絶作画を再現できればすごいですけど、アニメで終始そのレベルを維持するのは難しいですよね…。

 てーきゅう(6期)
このままずっと末永く続いてほしい願いはありつつ、てーきゅうも5期になるとネタとしての面白さがかなりかすれてきました(焼き芋の回だけは全盛期の輝きを見せていましたけど)。てーきゅう特有のハイスピードに身体が慣れてきたせいもあると思いますので、いったん体感速度をリセットさせるためにも、6期を始めるのはある程度スパンをあけた方が良かったかも。

 ノラガミ ARAGOTO
ヒロインの壱岐ひよりちゃんが凄まじく可愛くて、それだけで見る価値ありだったノラガミですが、2期が必要だったかというと、個人的にはそうでもなかったかな。1期も後半はぶっちゃけ惰性で見ていたところがありますんで、いくらひよりちゃん愛に引っ張られたとしても、2期は最後まで完走できないんじゃないかと…。

× Dance with Devils
茜屋日海夏さんが主役として出演されていますので、i☆Risファンとして見過ごすわけには参りません。が、これまたキッツイ内容のアニメですね…。ミュージカルに生理的嫌悪感がある私は、完全に興味マイナスの作品。まぁ、プリパラのミュージカルも始まることですし、ミュージカルへの苦手意識を取り除く練習だと思いましょうか…(ますます苦手になったりして)。今期、完全にコンセプト被っているアニメが2つもある(スタミュDIABOLIK LOVERS)んですけど、そこは大丈夫?(笑)


× 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件
芹澤優さんが主役として出演されていますので、i☆Risファンとして見過ごすわけには参りません。が、これまたキッツイ内容のアニメですね…。ラノベアニメに生理的嫌悪感がある私は、完全に興味マイナスの作品。なので、息を止めて最初の1分間だけを我慢して視聴します(笑) 1分間のうちに芹澤さんの声が聞けたら、それで満足して切る! 最初の1分に芹澤さんが出てくるかどうかが勝負!

 アイカツ!(1stシーズン、2ndシーズン)
実りの秋を期待していたら、今期は空前絶後の大凶作。ラインナップを何度繰り返しチェックしても興味を持てるアニメが見当たりません。前クールから視聴が続くアニメもなく、今期は一体何のアニメの感想を書けばいいのかすら悩む有様です。

よって、見るアニメが枯渇している今期は、アイカツ!1stシーズン&2ndシーズンで補填したいと思います。「味見程度に」と3rdシーズンから見始めたアイカツ!ですが、丁度1年が経過した今、医者もさじを投げる重度の依存症患者に。あまりにアイカツ!が面白すぎるため、4thシーズンは勿論、1stシーズン&2ndシーズンもあわせて見ておきたいという思いが強まりました。アイカツ!の歴史を知ることで、これからのアイカツ!を本当の意味で楽しみたいと。

とはいえ、2シーズン合わせると全部で101話という膨大な量。合計して34時間を超える大長編ですので、これを今から全部に見るのはさすがに難しいかもしれません。なんとか1stシーズンだけでも、この秋クールの3ヶ月の間に見終わりたいですが…。dアニメストアですと、月額たった400円(税別)で1stシーズンと2ndシーズンが見放題なので、この秋の夜長、皆さんも私と一緒にアイカツ!をお付き合いいただけると幸いです(笑)

TVアニメ/データカードダス「アイカツ!」4thシーズンOP/ED主題歌「START DASH SENSATION/lucky train!」 / Array / CD ( Music )

ランティス( 2015-10-28 )

定価:¥ 1,296 ( 中古価格 ¥ 680 より )


11 Responses so far.

  1. ヒンメル より:

    私は新作では「すべてがFになる」のみの予定です。
    森博嗣作品は学生時代に浴びるほど読んでたので、今作品に触れてどう感じるか興味あります。ちょっと前にやってたTVドラマは気になりつつ見るのを忘れてました。
    キャラデザはいまいち好みじゃないですけど、まぁキャラで見るような作品でもないので別にいいです。久しぶりに伊丸岡さんの声聞けるので楽しみ。

    浅生さんがおっしゃられるように今期は不作っぽいですね。興味のあるのが全く無い。

    夏アニメではモンスター娘のいる日常が大勝利で嬉しい悲鳴でした。終始高い完成度を維持し続けつつほぼ毎日ニコニコ動画で短編を公開し続けたスタッフ偉い。
    うしおととらは尺の都合でいいところをカットしまくりではありますがクオリティ自体は高いので楽しめています。
    脇エピソードカットの取捨選択を原作者がやってるとなればそう文句も言えないですしね。今までの範囲でいうと、なまはげは絶対やって欲しかったけど…。でももちろん今期も継続視聴します。

    • すべてがFになるは読んだことないので、とりあえず1話を見て自分に合いそうか視聴判断したいです。ノイタミナのミステリというと前期の乱歩奇譚がつまんなさすぎたので、なんとなくそのイメージを引きずってしまう…。

      伊丸岡さんが出ているのは嬉しいな。シュトロハイム以来。お、ヒロインが種﨑敦美さんじゃないですか! こちらもテンション上がりますけど、残響のテロルのイメージを引きずってしまう(笑)

      >(うしおととら)カットしまくりではありますがクオリティ自体は高いので楽しめています
      私は一目惚れした衾戦がガッカリだったので、そこでカットしてしまいました…。底知れぬ恐怖感を煽る秀逸なデザインだったのに、期待ハズレといえるほどの弱さで、声もイメージ違った小者っぽさで…(ていうか、喋らないと勝手に思っていました)。あと、作画もOPみたいなスピード感ある格好良さがなかったですね。

  2. ゲスト より:

    残念ながら秋アニメは「ご注文はうさぎですか??」のみになる予定。
    本当に観たい作品がが無いですね。

    その分今期は意外性のある作品が多かったのは収穫。
    個人的に今期アニメは、

    モン娘 > オーバーロード = GATE > Working!!! = 下セカ = デレマス = うまるちゃん >がっこうぐらし! > アルスラーン > 六花 >>> Charlotte

    といった感じです。
    ダークホースはモン娘、オーバーロード、下セカ、うまるちゃんですね。
    どれも原作付きのアニメですが原作を見てない私でも楽しめたのは良かった。特にモン娘はヒンメルさんの仰る通りですね。架空の生物を活き活きと動かした手腕は凄かったですね。

    逆に原作付きで駄目だったのはアルスラーンと六花の2作品。荒川さんりコミック版を見ていたから期待していましたけど、今までの荒川作品の主人公と比べるとアルスラーンに魅力が無さ過ぎて楽しめなかったです…原作は気にならなかったのに…六花は論外。ダラダラとファンタジー世界で推理の為の会話を見ていても楽しめるわけがないでしょう。

    Charlotteは今更なのでもう言いません。麻枝さんはエロゲに今更戻れませんしアニメ業界で骨を埋めてくださいな。

    今期では無いですが再放送していたクロスアンジェはずっごく楽しめましたね。エロゲ的な展開の序盤からどんどんゲスいひろいんになっていくアンジェがとても格好良かった! No.1ヒロインならアンジェで決定でしょうね。しかし全然話題になっていないのが不思議なくらい面白かったなぁ。
     

    • 前期は「モンスター娘のいる日常」の評価高かったですよね~。私としては評価云々の前に、なんでみんなこれを抵抗なく見られているのかが不思議でしょうがないです!(笑) だって、モンスターですよ!? 抵抗を感じている自分は人間として何か重大な欠陥があるのでしょうか…。

      >今までの荒川作品の主人公と比べるとアルスラーンに魅力が無さ過ぎて楽しめなかった
      アルスラーン戦記の方は見ていないんですが、できれば荒川さんは銀の匙の方に集中してほしいな(笑) 原作がある「アルスラーン戦記」は別に荒川さん描かせなくても良かったような…。“お話を考えるのは苦手だけど絵は上手い人”なんて世の中ごまんといるんですから、わざわざ荒川さんじゃなくても!

      >麻枝さんはエロゲに今更戻れませんしアニメ業界で骨を埋めてください
      元々、執筆活動からは身を引いて、製作監督と音楽作りに専念されるという話だったような。今後、アニメでの3作目はあるんでしょうか。需要と供給、2つの意味で。

      >再放送していたクロスアンジェはずっごく楽しめました
      あ、この作品はユキさんがすごくハマっていましたよ~。そのときも熱心にオススメされたのを憶えています。かなりハードな描写もあり、かなり見応えのある脚本だったようで。

  3. 草薙静流 より:

    スミマセン、↑のコメントに名前を入れ忘れました。

  4. もち吉 より:

    秋アニメはワンパンマンとルパン、あと櫻子さんを見ようかなと思います。
    夏と比べると興味を惹かれる物があまりないですね。

    夏アニメは監獄学園〉モン娘〉六花〉下セカ〉学校ぐらし〉デレマス〉シャーロット
    でした。
    めちゃくちゃ面白い!というのはなかったのですが
    なかなかそこそこ面白いアニメが多くて
    いろいろ見れました。

    六花は世間的には評価低くて
    突っ込み所多かったり展開遅かったりですが
    私は割と好きだったりします。

    実わたも浅生さんがレビュー書いてるところまでは見てたのですが
    途中断念してしまいました…!

    草薙さんが書いてらっしゃるクロアン
    私も好きなので浅生さんにプッシュしておきます!

    • 監獄学園は1位も納得の出来でした!ね~(デレマスとCharlotteが最下位争いなのが泣ける) 学園生活を犠牲にしてでもほしかった関羽雲頂の限定フィギュアを叩きつけて、友情を選んだガクトの格好良さには号泣しました。あれは素晴らしい名シーン。

      お色気エロアニメ・ギャグアニメとしてだけでなく、こういった感動的な友情物語の側面まであったとは嬉しい誤算でした。更にプリズン脱出までのトリックも非常に練られており、最後のどんでん返しは爽快。ストーリー的にも大変見応えのあった快作ですよ。本当は単発感想で総括したかったんですが、時間的余裕がなくて見送りになってしまったのが無念。

      >六花は世間的には評価低くて
      六花…? 調べてみると、六花の勇者というアニメですか。すみません、タイトルも知らなかったです…

      >実わたも浅生さんがレビュー書いてるところまでは見てた
      感想を書いたとこまでで視聴そのものを切ってしまいました。芹澤優さんへの愛で頑張って粘りましたが、限界でした。

      その芹澤さんは毎週「実は私は」の放送時間中はTwitter実況をされていたんですが、あるとき途中で寝ちゃったことがあったんですよね。主役がクソすぎて(とは言っていませんが)途中で寝てしまうようなアニメ、いくらファンでも見続けられませんよっ!!

  5. カズ より:

    私は今期はごちうさ二期とゆるゆり二期をメインに添えつつ、ガンダムオルフェンズも見ていく感じですね〜。他にもパラパラと見るとは思いますが、前期より本数が少なくなりそうです。
    悔やまれるのはハイキューの一期を見ていないことですね…二期もおもしろそうなのに。
    あ、i☆Risの二人が出るアニメは浅生さんにお任せします(笑)

    ちなみにハイキューの感想の方でさり気なくネタにされている(?)ガンダムですが、個人的には第1話がかなり面白かったです。
    泥臭くてむさ苦しいところや、ガンダムなのに血と硝煙の香りがしそうな雰囲気は、もしかしたら浅生さんもお好みかもしれませんよ。
    全体的に勢いと動きも良くて、なんというか理屈じゃないワクワク感がありました。私は全然他のガンダム作品を語れるほど詳しくありませんが、今回のはかなり見せ方とエンタメ性にこだわっているように感じました。

    まぁ色々言いましたが、とどのつまりアイカツ!4thシーズンさえあれば私は行きていけますね!私も1年目から見直すので今期はアイカツ充です。
    4年目第1話もいきなり最高で狂喜乱舞でした。ののちゃんもリサちゃんも可愛すぎる。髪型を変えたあかりちゃんも可愛いなぁ…。
    逆に土朝から追放されたプリパラは一体どこに向かっているんでしょうかね(笑)最近はふわりがメインだった頃より面白いですが、なんなんでしょう、この「試されている」感。
    あじみのキャラがいくらなんでもパワー系過ぎて、ここまで付いてきて鍛えられた私でも戸惑いを隠せません…好きとか嫌い以前の問題ですよこれは…。

    あと前期は私も監獄学園が最高でした。楽しすぎてアニメ終わって速攻で原作を買い揃えましたが、あの後もひたすら面白いという嘘みたいな漫画でビビりました。早くも二期を熱望です。

    • Dance with Devils(ダンデビ)と、庶民サンプル、i☆Risファンとして一応両方とも見させてもらいましたが、どちらもパンチの効いたアニメでした…。ダンデビは、第1話にして「ミュージカルはやっぱり無理!!!」という真理に到達しましたね。ギャグアニメとして頭で切り替えたとしても、この世界観についていくのはしんどい。しかし、茜屋さんへの愛で次も歯を食いしばって見る…!!

      庶民サンプルは、芹澤さんが最初に喋るまで10分以上かかったので、導入部分をかなり見せられてしまったんですが……ここではとても口にできないような感想を持ちました。言っちゃいけない言葉が喉まで出かかっています。これは一生わかり合うことのない異文化だと思いました。

      >(オルフェンズ)泥臭くてむさ苦しいところや、ガンダムなのに血と硝煙の香りがしそうな雰囲気
      一応、新作ガンダムもチェックしています。1話は仰る通り面白かったので、今後も視聴継続することになりますね。ただGのレコンギスタも最初はすごい面白かったのに、結局途中脱落しちゃったんで、どうなることやら。ガンダムは宇宙に行くと途端に興味を失ってしまいますので、そこをのりきれるかどうかですね…。宇宙なんか行かなくていいのに。

      >(アイカツ!)4年目第1話もいきなり最高で狂喜乱舞
      のの「アンタたち、東京じゃちょっと人気あるかもしんないけど、ウチらの地元じゃそうはいかないよ!」
      リサ「余所もんがでかい顔すんじゃないわよ!」

      こんな感じの敵愾心剥き出しのローカルアイドルと泥沼の争いが繰り広げられるかと思ったら(笑) ののちゃんリサちゃんは2人とも可愛すぎるので、「北海道ばかりこんなに優遇されていてズルイ!」という謎の嫉妬すら感じますよ。

      >あじみのキャラがいくらなんでもパワー系過ぎて、ここまで付いてきて鍛えられた私でも戸惑い
      そうか。あれは何系のアイドルに分類されるのか、自分の拙い知識ではわからずずっとモヤモヤしていましたが、「パワー系」という言葉がしっくり腑に落ちました。ブルドーザーのように、総てを巻き込み薙ぎ倒す恐るべきパワー系アイドルですね…。

      ライブでは普段のキャラと打って変わってしっとりとしたバラードを歌い上げるかと思ったら、全然そんなことはなかった(笑) まぁ、CGであそこまで奇抜な動きを表現できるってすごいですけどね。

      >(監獄学園)あの後もひたすら面白いという嘘みたいな漫画
      マジですか。プリズンブレイク然り、1期で綺麗にまとまりがついた作品は、そのあと引き延ばしても確実に面白さはダウンするものだと見ていましたが、ここから先もまだ面白いというのはすごいですねぇ。でも、ざっくりとした知識ですが、この先は裏生徒会の3人が逆に牢獄に入れられて立場逆転となるんですよね? 大好きな裏生徒会のメンバーがしおらしくなっちゃう姿はあんまり見たくない気もする…。その辺が、原作やアニメの続きを積極的に見たいと思えない理由。

  6. ヒンメル より:

    >衾戦
    あれはハードルを上げたOPが悪い(適当)
    確かに尺の都合で圧縮されてたししょっぱい戦いでしたけど、原作でもさほどスペクタクル感は無いのであんなもんかなと。
    世間の衾人気も、名勝負だからというより衾本人の見た目のインパクトによるものですしね。
    それよりも中盤のキーパーソンの一人である檜山勇の顔見世と自衛隊がバケモノの存在を認識することが衾回の意義なので

    • 上空を飛ぶ飛行機の中で正体不明の化け物に襲われるというのは、シチュエーション的にも恐怖心があり、かなり期待感あったんですけどねぇ。気が付いたら、機体に絡みついていた絵面も怖い。弱点の炎で焼き尽くすため、自衛隊と連携して倒すというバトル自体も充分見応えはあったものの、如何せん衾本人が小者っぽいキャラだったのでイメージ台無し。空中版リヴァイアサンみたいなイメージだと良かったのにな。