発売日 2000年9月22日
メーカー 13cm 

「市販レベルに達していない」との判断で店頭での販売が自粛され、通販のみの取り扱いとなった問題作。その煽りで、私は高騰した中古を15750円のプレミア価格で購入する羽目に…。

ヒロインは、既存のアニメやゲームの有名キャラを模しており、ご丁寧にもキャラクターの名前を事前に修正できる機能まで付いていました。でも、どうせ私は元ネタに詳しくありませんし、そんなのは別にどうでも良かった。目当てなのは淫語。これでもかと直接的で淫猥で下品なセリフが羅列された発情カルテは、当時として出色の過激さとエロさを誇っていまして。

相手は精神的にちょっぴり病んでおられる娘さんばかりですから、本当に気が狂ったように連呼してくるのですよ。そして、複数の男たちに代わる代わる犯されては、大量の精液を身体中に浴びて喜悦に浸っているという…。おかげで悲壮感はあまりなかったですけど、カオスティックなエロゲであったのは間違いないです。

エロいかといえばエロいし、濃密かといえばこれ以上にないほど濃密だったんですけど、エロを調理なしで、具のまま生のまま食べさせるようなエロゲでしたので、3つ4つのシーンだけでお腹を壊してしまいそうになります。平和(和姦)ボケして弛みきった今の私なら、1つ口にしただけですぐに戻してしまうでしょうね。

しかし、淫語の過激さと汁気の多さはやはり衝撃的なものでしたので、今でも思い出深い作品。15750円の出費を後悔することも、結局ありませんでした。

館山涼美。同級生2の鳴沢唯っぽい風貌の娘。こうようさんが原画を手掛ける女の娘は飛び抜けて可愛くて、汁描写も一段と素晴しかった。発情カルテはこうようさんのためのエロゲだといっても過言じゃないです。
2007年6月23日