発売日 2004年5月28日
メーカー Abel SOFTWARE 

2ではかおる・双麻・カスミの対決を!

ミステリートは傑作です。秀逸なシナリオと挑戦しがいのある謎解きによる熱中度は高く、さすがの面白さ。紛れもなく2004年を代表する作品の1つとして数えられることでありましょう。

しかし、そのミステリートにも欠点がないわけではなく、むしろ、気になる点は多い。音声の不備、最低のエロ、古臭いシステム、それらを含め他にも数々の不満が点在していました。

そして、最も問題であったのが「未完」であったことです。多くの謎と未決着な事件を残しながら、突然の幕引き。消化不良のままで勝手に終わってしまっては、納得できるものもできません。

未完というのは即ち、未完成品であり、厳しい言葉でいえば、欠陥品ですからね。一応“ミステリート2に続く”というカタチで幕が閉じられてはいますけど、これだけ長い期間ずっと待たされて、ようやく発売された作品が未完成であったという事実には、ショックを隠しきれません。間を置かずに、すぐにミステリート2を出してくれるなら構いませんけど、どうせすぐにミステリート2を出すつもりなんてないんでしょ?

どれだけ中身が面白かろうと、ちゃんとした結末がなく、ボリュームも不足しているとあっては、諸手を挙げて褒め称えることは難しい。事件がたったの4つしかないなんてガッカリですよ…。「5つの謎」に挑戦とあったから、当然第5話まであるものだと思っていたのに、4話でいきなり「To be continue mystereet2」だもんなぁ。まさか「第零話を含んで5つの謎」だったとは。このトリックは見抜けなかった…。

1つ1つの事件に力を注いでくれるのもいいですけど、やっぱり数をもう少し増やしてもらわなきゃ。そういった意味で、「規模の小さな事件」をもっと増やして欲しかったね。それこそ、第零話のような手軽な事件を最初に2、3プレイさせる必要があったのではないでしょうか。もっともっと、私はたくさんの事件を解決したかったですよ~。

それから、謎解きの内容も「暗号」に偏りすぎていたと思うよ? ミステリートは、犯人を推理するゲームというより、暗号を解読するゲームという印象。最後の事件だって、犯人の目星はとっくについていたのに、暗号だけが解けなくて四苦八苦でした。暗号解読も確かに面白いんですけど、それはあくまで事件の副産物であって、犯行のトリックや犯人の正体といった本筋に焦点を集めるべきでしたね。


最後にディテクティブ・チャージシステムについても一言申し上げておきましょう。その大仰な名前とは裏腹に、あまり存在意義を見出せない微妙なシステムでしたので。

事件解決のキーとなる証言、証拠を集めることでポイントがアップしていき、それが80に達すれば犯人を特定できるというこのシステムには、最初「面白そう!」とときめいていたんですけど、実際はそうでもなかったり。だって、ミステリートのストーリーは1本道で制限されていますから、このシステムは単に真相にどれぐらい近付けたかの目安程度にしか役立っていないんですもの。

自由に捜査をし、あちこちに隠されている証拠を見つけ出し、最終的にポイントを80以上溜めて、犯人特定に移る流れなら、このシステムは有意義であったといえますが、肝心のシナリオの流れが固定されてしまっていては、まるで意味がない。

ついでにマップ移動も無駄。ミステリートの3Dダンジョン風の移動形式は、その殺風景なマップのおかげで非常に迷いやすく、見た目もまるで出来の悪いスーパーファミコンソフトのようで、やる気が殺がれてしまいます。これだけで作品にチープな印象が付いてしまうのはもったいないなぁ…。


ま、勢い余っていろいろ批判的なことを指摘してしまいましたが、私も別にミステリートが憎くて文句をいってるわけじゃあございません。総ては愛情の裏返しなのです。

未完であったことに関しては確かに不満が強いのですが、ポジティブに捉えれば、それはまた再びミステリートが楽しめるということ。放ったらかしであった数々の伏線、それぞれの恋模様、七尾芹奈の運命、それらが次で明らかになると思うと、やはりミステリート2への期待は大きく膨らんでしまいますし、見逃せるはずがない。

ミステリートの本当の評価は2が出るまで保留。ミステリート2でどの程度の結末を見せてくれるかで、この作品の評価も流動してきますね。とりあえず、後生なのでなるたけミステリート2は早く出してくださいませ。私が内容を忘れてしまわないうちに。

自慢じゃありませんが、私はクラスAの悪行双麻よりも早く、あのエマーヤの正体を見破った程の洞察力を持っていますので(自慢にならない)、今回のミステリートでもその灰色の頭脳をフル回転させ、事件の犯人推理に挑戦致しました。

結果、正解したのは4話中3回。外したのは1度だけで、与えられたディテクティブクラスはB・B・C・B。まぁまぁの結果といえるでしょうか? ちなみに、怪盗9900号サファイアの正体も一発で見破りましたよ(自慢にならない)。

黒髪好きなので、舞ノ小路水陰(まいのこうじみかげ)も当然好き。普段は和服を見に纏う10にも満たない少女の姿でありながら、突然プレディクトほにゃららフェノメノンという不思議な力で、ナイスバディなおねーさんに化けるのが良いね。何処かで聞いたことあるようなないような設定ですが、そんなの気にしない。

私は必ずしもゲームに音声が必須であるという考えを持っておりませんが、ミステリートに関しては音声が不可欠な作品だったと思います。

性質(たち)が悪いのは、リメイクを前提としているためにわざと音声をつけていないこと。こういう悪質な商売はホント勘弁して欲しい。どうせ音声付の「ミステリートDASH!」が出るのは目にみえているからなぁ…。その後にエッチシーン強化の「ミステリートHARDCORE!」出て、DVD-PG版の「ミステリートVirginal」が出て、原画一新の「ミステリートRebirth!」が出るんでしょ? ミステリート2発売までの道程は果てなく遠い。
2004年6月7日