発売日 2004年12月24日
メーカー Abel SOFTWARE 
ネタバレ版はこちら
不確かな剣呑
1年間良い子にしていたみんなに、菅野さんからビッグなクリスマスプレゼントだよ! 今回は長い間焦らされることもなく、あっさり発売してくれたのが嬉しいね! 同じ年に2度も菅野作品がプレイできるとは僥倖! まぁ、この作品がミステリートの延期の原因になっていた気もしますが…。


物語は、昭和の趣を色濃く残す月光館が舞台。ここで行われる某製薬会社の臨床試験に、主人公は高給に釣られて参加することとなりますが、通常の臨床試験では考えにくい不気味なルールが存在しました。

1.館の敷地内から絶対に出ないこと
2.昼間に眠り、夜活動すること
3.脳波モニターを常に身に着けていること
4.一日に一度、必ず月をみること

試験を受ける上で最初に課せられた4つの規則。更に、各人個別となるルールもあり、主人公には「毎日日記をつけること」が義務付けられます。どれも困難と呼べるルールではないものの、総てに「何故?」という疑念が付きまとってくる。主催者側に意図を詳しく説明されても、果たしてそれが真の理由なのか、裏に別の事情があるのではないか、そんな不信が拭えません。

常に疑念と不信を抱えたまま続けられる月光館での生活。そこでも、新たな謎が畳み掛けるように次々と沸いて出てきます。不思議な作りの館内、突如現れるゴーストの影、被験者たちの共通点…。「何故?」は1つも解消されずに、疑問の数だけが増していく一方。

謎を解き明かそうにも、その取っ掛かりすら掴めない。通常、推理とは、様々な疑問点を一本の線に繋げていくことで、真相に導いていくものですが、サイファーは疑問点は無数にあれど、そのどれもに脈絡がなく、全然線に繋がらないのです。絶対予測不可能という仰々しい宣伝文句も、あながち誇大広告ではなかったといえるでしょう。

しかも、推理を楽しむ材料として用意されていたこれらの謎は、同時に物語の不気味さを生み出す演出にもなっています。「理解の及ばないこと」がどんどん増えてくると、次第にそれが恐怖心に変わっていくんですよ。誰もまだ死んでいない、何事もまだ起こっていないのに、身体を蝕み始めている不安と恐怖。それは、「このまま順調に試験が終わるわけがない」「あいつには絶対に裏がある」といった自らの生み出す疑心暗鬼で、皮肉にも自らを怖がらせていたため。お化けが出なくても肝試しは怖いのと同じ理由でしょうか?

ともかく、このじわじわくる切迫感が最高でしたね。「何かが起きそう」といった不安で作中のプレイヤーの意識と同調し、いつしか自分もこの異常なシチュエーションの中に巻き込まれてしまったような錯覚。つまり簡単に言えば、すっかり私は物語にハマってしまったというわけ。さすが、物語への引き込み方は抜群に上手いなぁ。

ただ、管野さんは伏線の張り方は抜群の上手さを見せても、その回収方法にやや難がある人。サイファーはどうだったのかというと、やっぱり微妙…。伏線は回収されていたといえばされていましたし、されていなかったといえばされていません。腑に落ちない、反則気味な部分もありましたんで。というより、最後は話のすり替えで有耶無耶にされた感じが強くて…。

物語の95%までガチガチのロジックで固めておきながら、最後は今までのロジックをあっさり放棄してしまうのも菅野さんの特徴。それが良いことか悪いことかはともかくとして、この辺を許容できないとサイファーは受け入れ難いかもしれませんねぇ。かくいう私も不満がないわけではないんですが…。


でも、菅野作品の名に恥じないだけの出来に仕上がっているのは確かなので、菅野作品が好きなら買っておいてまったく損はありません。って、菅野作品が好きな人はもう買ってるよね。こういう作品が、年に1本ぐらいのペースで出てくれたら嬉しいんだけどなぁ。

テキストの面白さだけでなく、毎度毎度、斬新なシステムとゲーム性で楽しませてくれるのが菅野作品の特徴。今回目新しかったのは、会話中や移動中でも常に時間が流れていくリアルタイムの概念でした。

でもこれ、試みとしては面白いと思いましたが、あまり大きな意味は感じられなかった。AVGで時間制限があると、せっかくのテキストを流し読みしてしまうデメリットがありますし、必要性はなかったかなと。特に菅野作品は、アイコンで関係ない部分を調べたり、無駄な部分のテキストも楽しみの1つですから、無意味な時間制限は設けるべきではなかったと思います。

1人いますが……内容にチョット抵触してしまうのでいえません。ネタバレレビューにて。
2005年1月9日