発売日 2004年12月24日
メーカー Abel SOFTWARE 
通常版はこちら
クァル+京子なら「かおる子」だろう
謎が謎を呼び、予測の付かない展開目白押しの十次元立方体サイファー。ミステリーとしての純度は、これまでの探偵紳士やミステリートよりも遥かに上回っていました

一方で、ミステリーのみに執着せず、物語の方向性を大胆に変えてしまうルートもあったりして、プレイヤーを大いに驚かせてくれる。探偵モノの終着点フーダニットすら超越してしまう秀逸なシナリオには脱帽。

敷衍して説明しますと、サイファーには2通りのルートが用意されています。起動時のタイトル画面が夕焼けであるか真夜中であるかで自動的にルートは判別されるようで、大筋の部分で違いは見られないものの、謎解きの仕方や後半の展開、そして肝心の結末が別物となるのです。

大雑把にそれぞれの傾向を述べれば、「夕」ルートは本来のミステリー色が強い展開だったのに対し、「夜」ルートの方はSF的な展開

ちなみに、私はどちらが気に入ったのかというと、これはもう断然「夜」の方。いわゆる“ロジカルを放棄した残りの5%”でしたが、実に面白かったんですよ。物語が突然SFに変わると白けてしまう私ですら、このサイファーの「夜」ルートには没頭させられました!

タイトルの「十次元立方体」という単語を見たときから、こういった展開の期待がなかったわけではありません。もっというと、スーパーストリング(超ひも)を持ち出してくるところまで予測はしていました。ま、超ひも理論は雑学程度の知識しかないので、「何らかの時間旅行が絡んでくるんじゃないかな~」ぐらいの可愛い予測でしたけどね…。

話を戻して、後半の「夜」ルートは、SFに話が流れながらも、今までの事件の全容解明にしっかりリンクしており、そのカタルシスは見事です。最後の終わり方が、テキストボックスに「十次元立方体サイファー 蒼き月の水底 END」と表示されるだけの不躾なエンディングだったのには呆れましたが。スタッフロールも流れず勝手にタイトル画面に戻されるなんて、やり遂げた充実感ってものが全然ありゃしない。大きく血文字で「終」と出てくるバッドエンドの方がまだ演出凝っていたじゃん…。

それから、サイファーでもう1つ物足りなかった部分。今までの菅野作品と比較すると、ややキャラクターの魅力に弱さを感じたかなぁ、と。

何せ、この臨床試験に集まっている人物たちは、皆それぞれ普通じゃない事情を抱えている。真琴は無感情、阿佐美は人間拒絶症、京子は解離性同一障害と、訳あり傷ありの少女が揃っているので、どうしても初対面で誰かに惹かれるということがなくて。打ち解けてくるようになれば、彼女らにも良い面は見えてくるし、京子(クァル)が実は強力な萌えキャラだったことも判明するんですが、如何せん、その発揮が遅すぎました…。彼女以外にもう1人、憂いのない魅力あるヒロインが欲しかったねぇ。

主人公不二城拓斗にしても、コミカルな一面が魅力的な主人公ではありましたが、悪行双麻や八十神かおる程の個性はなく、こちらも今一歩。地味とはいわないものの、何か違った味が欲しかったな。

でもこれ、ミステリートの世界と通じているってことは、続編でかおる君と拓斗の競演が期待出来るってことですよね? これは超楽しみだなー。悪行双麻の再登場はまず間違いないでしょうし、EXODUSGuiltyのカスミが出てくる可能性も俄かにある。こうなったら、ついでにたくや君(YU-NO)と小次郎(EVE)もゲスト出演させてしまえ!

そんなミステリート2が一層待ち遠しくなる作品でした。

サイファーは、ミステリートと違ってドリームキャストで発売しようとしなかったため、ちゃんとエロが取り揃えられております。レベル的には大したことありませんでしたが、普段高圧的な口調で畏怖すら感じさせていたクァルが、実はエッチに関してはかなり不慣れで、微笑ましい側面を度々見せてくれたのはたまらない。

お気に入りは、京子の別人格であるクァル。まさかこの作品のメインヒロインは彼女だったとはね。阿佐美がメインだと思い込んで進めていたら、あれやこれやで真琴といい関係になりつつ、最終的にノーマークだった京子(クァル)が見事メインヒロインを射止めてしまった。

あっちこっちにフラフラしている拓斗はいい加減な男のように思えますけど、寝た女に情を移さず、義理立てしないのは菅野主人公の特徴。決めセリフは、「ラブじゃなくてライク」。
2005年1月11日