発売日 2011年5月27日
メーカー FIANCEE 

奸風発迷
大人しそうで気弱なイメージの美衣菜さんでも、ときに凛々しい一面を見せてくれるからこその「美衣菜△」かと思いきや、この△は単なる三角関係を示唆したタイトルだったのね…。“Loveイチャ同居生活のススメ”とありながら、まさか真逆の浮気がテーマになっているとは想定外も想定外。

同棲相手の美衣菜さんを一途に愛し続けるルートすら存在しませんので、どのルートでも強制的に誰かと浮気(セックス)しなくてはならないんですよ。最後は美衣菜さんか浮気相手かの二者択一の状況に追い込まれ、そこからエンディングが分岐していくようなスタイル。

当初の思惑とはまったく外れた内容に面食らってしまいましたが、そういう作品だと割り切れさえすれば、これはこれでアリかなとも思います。私もそういう話が嫌いなわけではなく、君望、School Days、WHITE ALBUM2といったように、三角関係で懊悩する作品は大好物。上手くはまれば、美衣菜△もその輪の中に入れるかもしれませんから。

と思ったのも束の間、やっぱこれはダメだわ。前述のような名作に仲間入りできるほど高尚な作品ではないです。浮気相手となるヒロインはいかにも当て馬って感じで、魅力も何もありゃしない。作中の主人公も美衣菜以外の女性に惹かれて心移りするというよりは、ただ性欲に負けてセックスするだけ。リアルっちゃリアルかもしれませんけど、こんなの誰に感情移入したらいいんですか。

「抱いて」ってお願いされたら、相手は誰でもいいのかってぐらい、葛藤ゼロでほいほい姦淫に至るだらしない主人公にはウンザリ。責任感はなく、言い訳ばかりが目立ち、とにかく良いところがない。孝之君や誠君に擁護的な立場だった私も、この主人公だけはフォローできない。したくもない。

星羅とのシナリオでは、後半関係が美衣菜にバレてお約束の修羅場が始まるんですが、その決着の付け方が「Wフェラ」なのだから、真面目に考える方がバカを見るストーリーですよ。2人に同時に舐められて、限界に達した主人公が美衣菜に顔射したら、星羅が負けを認めてすごすご身を引くなんて、完全にギャグ。

バカゲーなら潔くバカゲーに徹してくれりゃいいのに、その後の主人公の独白が最低すぎて、これまた全然笑えません。

星羅との問題は解決したのだが‥‥。
やっぱり、美衣菜との関係はぎくしゃくしたままなわけで‥‥。
‥‥エッチして仲直りというのはどうかな?
俺が美衣菜を気持ちよくさせてあげるべきなんじゃ‥‥。
しかし、俺は他の子を抱いたせいで美衣菜を傷つけたわけで‥‥。
美衣菜につらい思いをさせたんだから‥‥我慢しよう。
それが年上の大人の男ってやつだろう。


カスですよ、こいつ。浮気しておきながら、エッチで仲直りすりゃいいやという身勝手な思考回路に腹立ちますし、美衣菜を気持ちよくさせることが罪滅ぼしになると思っているアホさ加減にも頭痛がしてきます。

もっと意味不明なのが6行目。辛い思いさせたから我慢するって何?? お前が辛い思いさせたから、お詫びにエッチするって話じゃなかったの? 途中で単にお前が性欲処理したいだけの話にすり替わっているじゃねーか! 「それが年上の大人の男ってやつだろう」に関しては、もはやプレイヤーに喧嘩を売っているとしか思えない文言。

勝手に浮気して彼女を傷つけておきながら、「悪いことしたなー。仲直りセックスでもするか。んー、やっぱ気まずいからやめよ。俺は大人の男だな」とか本気で抜かしているんですから、大理石の灰皿でこいつの後頭部を思いっきり殴りたくなる。他のルートでは、浮気相手との関係を断ち切るために、レイプという手段で嫌われようとするなど、このカスは本当にどうしようもない。


でもね、ここまで幼稚なカス主人公なら、いっそそれを活かす方向にもできたと思うんです。浮気発覚で安易に修羅場るのではなく、美衣菜さんが出来の悪い主人公を包み込むほどの包容力をもった女性であれば、また違った作品の魅力が生まれていたんじゃないかと。

彼氏の浮気を全部知った上で、それを本人に問い詰めることもなく、悲しみをおくびにも出そうとしない美衣菜さん。脳天気に放蕩を続けていたカス主人公が、その美衣菜さんの深い愛を知ることで自身の行いに恥じ入り、自ら浮気関係を精算。心を入れ替えた主人公が美衣菜さんへの謝罪と共に、生涯の愛を誓う。

これならカス主人公でも多少は好感が持てますし、本当の意味で「美衣菜△!」と賞賛できたと思いません? まぁ、まるで意味のない妄想ですけどね…。そんな妄想に耽るしか救いがない作品だったということをお察しください。現実は、単なる無責任カス野郎と、都合よく丸め込まれるだけの痛いバカ女のカップルなんですから。

Loveイチャ同居生活とはなんだったのか。単に家帰ってセックスするだけですもん。同居ものとしては、一味足りないというより肝心なものが足りていない。上辺だけで、中身空っぽ。ご飯なしにふりかけだけを食べているような虚しい気持ちにさせてくれましたね。

部屋着なのに、デートみたいに着飾っている美衣菜さんも雰囲気壊すなぁ。同棲生活とは、お互いOFFな状態で接するのが基本でしょうに。これじゃちっとも同棲気分を味わえやしない。

美衣菜さんが好きになれない時点で、私にとってこの作品は終了。そもそも、付き合っていながら敬語(丁寧語)で喋ってくる人、苦手なんですよね~。付き合い始めだから遠慮しているのかな? とも思っていましたが、結局最後まで喋り方は変わらず。パラメーターの「攻撃性」を上げてみても関係なし。ハァ…。

でも、三つ指ついてお出迎えする姿は、神懸かり的に可愛かったね。NMB48の絶滅黒髪少女といい、三つ指ついての丁寧なお辞儀は今の時代だからこそ心揺さぶるインパクトがある。礼を尊ぶ和の美しさ。
2011年7月12日