神様のいうとおりッ
くじびきAI-BIKIスクランブル  
メーカー〔RUNE〕 発売日2005年4月28日

イリーガルボイス
伝統と格式のある私立涼鐘(りょうしょう)カテドラル。現在は共学校へと姿を変えたものの、元は筋金入りのミッション系お嬢様学校。上級生を様付けで慕うなど、かつての面影が今も色濃く残っており、ハイソシエティーな気品とナチュラル百合な空気が学園内に漂っています。

しかし、実際には見た目の印象ほどのお堅いノリではなく、百合的な要素も思ったほど強くない。厳かな雰囲気はどちらかというと見せ掛けに過ぎなくて、中身は良くも悪くも至って普通の学園モノって感じ。これといって特別なものではなかったですね。特別なのは学園そのものより、くじ引き授業の方。

くじ引き授業とは、学年・性別を問わずに集められた7人生徒が、予め設定されたお題に添って、くじ引きの紙に書かれていた配役をロールプレイするという特別授業で、例えば家族というお題であれば、父親・母親・祖母・長男・長女・愛人・隣人と役柄をそれぞれ振り分けて演じ、その演技の良し悪しが評価の対象となる。

率直に言うと、あまり面白いと言えるものではなかったですがね…。くじ引きによって思わぬ配役が割り当てられ、普段とは違った関係が楽しめるという見所があるにはありましたが、それ以上に欠陥の方が目立ちすぎて、完璧に企画倒れとなってしまっていた。

何がダメだったのかは、少し考えを巡らせれば誰でも気付きますよ。肝心の目的というものがハッキリ定まっていないから、配役だけを与えられても何をどう演じればいいのか戸惑ってしまうのです。いきなり「貴方は長男、貴方は隣人、さぁ、始めろ」と言われてもねぇ…。演技のための材料が乏しいから、いきなり役に入り込むのは無理なわけで。その辺を上手くこなす能力をテストするのも授業の一環かもしれませんが、せめて簡単な設定ぐらいは前もって定めてもらわないと困ります。

そして、致命的な欠陥だったのは、生徒が率先してやりたがっているものではないということ。詳細を聞かされぬまま突然召集させられ、内申点を盾にムリヤリ演技をやらされているから、本人たちに自発的なやる気はほとんどないんです。嫌々ではないにしても、戸惑いがあって、照れがあって、やる気のない状態での寸劇なんて、どうしたってグダグダになりがち。こんな茶番を見せられて楽しいとは普通思えないでしょう。

ま、それでも何度か回数を重ねることによって、生徒たちも徐々に勝手がわかるようになってきますし、それなりに面白味も出てくる。ところが、そんな状態になると今度はあっけなくくじ引き授業の終了。そう、授業は全部でたったの3回しかないのです。「せっかく面白味を見出し始めた矢先」でいきなり終わってしまうのだからやってられませんわね…。鐘宮(べるみや)先生の発案じゃなければ、こんなくだらない授業は付き合う気にもなれなかったですよ、まったく。

でも言い方を変えれば、こんなくだらない授業でも、鐘宮先生の発案だったから付き合う気になれたと言える。

この神様のいうとおりッの価値は、まさに鐘宮先生の一身にあったと言っても過言ではないぐらい。もうね、鐘宮先生は可愛らしすぎますっ! 最初に登場したときのインパクトは筆舌に尽くしがたく、もうその場で私は一目惚れしてしまいました。

先生でありながら見た目も性格も完璧にお子様な鐘宮先生は、その一挙一動の総てが愛らしい。子供染みた態度に横暴な振る舞いが可愛くて可愛くて。でも何より、声と喋り方が天下一品ですよ。その一言一句の総てが愛らしい。

舌足らずで鼻にかかる甘ったるい声で、抜けるような語尾のイントネーションが犯罪的な可愛らしさを演出していましたね。CVのまきいづみさんの上手さは本当に感心。これまで私的No.1声優は涼森ちさとさんで不動でしたけど、一気にまきいづみさんが抜いてしまいそうな勢い。「幼いおねーさん」という極めてピンポイントな属性を、これほど的確に表現出来る人は他に知りませんもの!

鐘宮先生がいるいないではこのエロゲの見方は大きく変わっていたでしょう。「やってらんねー」と投げ出したくなるようなくじ引き授業でも、鐘宮先生のためなら喜んでやれる。鐘宮先生が笑ってくれるなら、自分もハッピーになれる。総ては鐘宮先生への愛です。

ただ、そんな鐘宮先生とのエッチシーンはゲーム中にありませんでした。

……。

いえ、エッチシーンを期待するようなキャラじゃないし、私の鐘宮先生に対する愛はプラトニックで純度の高い愛……つまり純愛なので、エッチシーンがなくとも別にガッカリなんかはしていませんよ…?

しかし、エッチが出来ないどころか攻略も出来ないし、1枚絵のCGすら碌にない(亜鈴ルートで美味しそうにケーキを食べている姿だけ)現状ってのはあまりに切なすぎる…。鐘宮先生の親戚と思われるベル先生(ぴヨナ=ピコナ)は、ちゃんと攻略も出来たしエッチも出来たのになぁ。鐘宮先生も魔法でちっちゃくなっている仮の姿で、実はアダルトなおねーさんなんだと信じていたのに。現代モノで魔法がご法度なら、「5円玉を使って闘気を吸い取りアダルトチェンジする」みたいな設定でもいい。とにかく、どんな手段でもいいから鐘宮先生とのエッチを実現してもらわないと! え? 純愛? そんなこと私言いましたっけ?


まぁでも、何も鐘宮先生だけが良かったわけじゃなく、メインのヒロインの6人も充分魅力的なキャラクターが揃っていましたけどね。RUNEさんの作品はストーリーがいつもイマイチなのに、キャラクターの描写だけは外さない。萌えにくい体質の私でも、RUNEのキャラは萌えまくる。

特に祐、亜鈴、本屋……じゃなくて歌ちゃんの3人はルックスを含めて大好き。「今宵も召しませアリステイルおかわり」で文字通りお変わりになられてしまった赤丸さんの絵も今は慣れてきたのか、これといって違和感はありませんでした。これでエッチシーンも普段通りの力量を見せてくれていれば、文句なしに傑作だったんだけどなぁ…。

その辺の弱点も含めて、さっさと鐘宮先生のトゥルトゥルBOXを出してもらわねばなりませんね。鐘宮先生とのエッチがないのはその布石でしょ? どう? 当たっているよね?

覚悟はしていたものの、エロさは今宵も召しませから急激なパワーダウン。やたらとおちんちんに執着するいつものRUNE少女が健在なのは救いでしたが、やっている行為は割かし普通。エッチシーンの数も異様に少なく、満足からは程遠い出来。

クリア後に「秘密の花園」という項目が増え、そこで今宵も召しませを彷彿とするフェチなエッチシーンが幾つかあったのは良かったのですけど…。しかし、身体をタオルで拭くとか、貼られたガムテープを剥がすとか、どう考えてもエッチシーンとは呼べないようなシーンがありますから…。ガムテープを剥がして興奮する人はフェチすぎます。唯一の3Pであるはずのカナタ&琴子とのエッチシーンは、2人がおっぱいを絡ませてエロかったのに、そのまま何をすることもなく雑談して終わり。不可解すぎる。

ベル先生と似ているようで微妙に違う鐘宮先生。

現在、RUNEさんのオフィシャルサイトで人気投票が行われているので、早速私も鐘宮先生に清き一票を投じようと思ったのですが、何故か鐘宮先生の選択肢がない…。もう無効票でいいから、強引に鐘宮先生へ投票しようか。
05年5月7日