ふぃぎゅ@謝肉祭
メーカー〔Escu:de〕 発売日2007年4月27日


エロゲはさすがに二次元
「がちゃがちゃきゅ~っとふぃぎゅあっと★」の主題歌が方々で流行したことで、知名度は一気に老若にゃんこにまで広がったふぃぎゅ@メイト。ファンディスク用の新曲「ガチャガチャへるつ・ふぃぎゅ@ラジオ」も、同様に中毒性の強い電波ソングに仕上がっており、国民全員が夜中まで大合唱しているとかしていないとか。無論、この私もぐるぐるとろとろインプリンティングされている1人で、ふぃぎゅぎゅアドレナリン垂れ流しながら何度も繰り返し聴いていますよ。ふぃぎゅ@ループが終わりません。

とまぁ、主題歌が有名になりすぎたせいで、どうしても話題はそちらへ流れがちですけど、ふぃぎゅ@メイトは決して主題歌だけの作品じゃないってことを、この機会に皆様に知ってもらいたい~。


フィギュア収集・改造を実践できる斬新且つ、奥深いゲームシステムは、本当によく考えられ、本当によく作り込まれていると感心させられるもの。ガチャガチャを回して地道に揃えていくフィギュア収集、他のフィギュアのパーツと組み合わせることで独自のフィギュアを生み出す改造がなんと楽しいことか。作成したフィギュアは、コレクションフィールドに置くことで作業効率が向上し、下取りやオークションにかけることで、見合った分の報酬を得られる。楽しみ方は個人次第で幅広く、シンプルながら、中毒性、独創性に富んでいます

しかし、ふぃぎゅ@メイトの欠陥は、趣味に没頭する作品でありながら趣味に走ることを許さないという自縛。お金と時間が極端に制限され、窮屈なプレイを強いられていたことが、せっかくの自由度を帳消しにしていました。ゲームオーバーをちらつかされ、無駄のない計画的なフィギュア改造を強制されるようでは、もはや完全に「作業」ですからねぇ。


そこで、このふぃぎゅ@謝肉祭。不必要だった時間の概念が取り払われ、好きなだけフィギュア収集・改造に勤しめるようになりました! 煩わしかった人付き合い(イベント)も全部カット。自分の世界に引き籠もって、ただひたすらフィギュアを弄っていられる夢の隠遁オタク生活を満喫できるんですよ~!

更に、時間と共に頭を悩ませる要因だった「金策」も改善が見られます。これまでお金を得る方法は、手持ちのフィギュアを売る・依頼されたフィギュアを作るの二通りしかありませんでしたが、今回はアミューズメント部のミニゲームで賞金がもらえるように。

ミニゲームは、麻雀・数独・リバーシ・フィギュア組み合わせクイズの4種類。どれを選ぶかは勿論自由ですが、とりあえず私は馴染みの深い麻雀から始めました。それぞれのキャラクターたちと卓を囲むイカサマなしの本格4人打ち麻雀は、ミニゲームの1つとは思えないほど完成度が高いです。ルールはローカルなものを含めて細かくカスタマイズ可能で、操作性は快適。CPUアルゴリズムにも不自然な点はなく、ストレスをほとんど感じません。そういえば、Escu:deさんはふぃぎゅ@メイトの前に麻雀ゲームを作っていましたっけ。

特に親切だなと感じたのは、聴牌をした際、自分の待ち牌を残り枚数と合わせてポップアップで知らせてくれること。私は基本的に他人の捨て牌を見ない人(!?)なので、意気揚々と立直を掛けた後、上がり牌が既に空だったと気付いて絶望することが往々にしてあるんですよ。そんなバカをやらかさないよう、ちゃんと注意してくれるのはありがたいです。ドラを引けばキラリと光り、ドラと知らずの切り間違いも防げますし、私のような万年初心者には最適な作り。これに慣れると、他の麻雀ゲームはやれそうにないぐらい。

ただし、ゲームとしての完成度は素晴らしくても、お金を稼ぐ手段としては少々不向き…。麻雀は決着が付くまで長い上、トップを取らないと実入りが少ないですから。常に好配牌に恵まれる接待麻雀でもなければ、自分の腕で勝ち続けるのは不可能です。

「手っ取り早く稼ぐ」という観点からすれば、数独・リバーシの2つに選択肢が絞られます。数独は面白いんですが、何問も解いていると知恵熱が出てくるため、私は専らリバーシ。これが最も手早く稼げる手段と判断した私は、リバーシだけで実に200戦以上繰り返しましたね。チョットでも難易度上げると全然勝てなくなるため、弱い相手(カナイ)から少額の賞金を巻き上げるという地道さで。お金を稼ぐのは、やはり今作でも楽なことではなかったです。

でも、その先にフィギュア収集の楽しさがあるので、苦労を苦労と感じさせない。汗水垂らしてお金を溜め、ガチャガチャの景品に一喜一憂する、そんな素朴な喜びがこの作品には詰まっています。新規フィギュアが追加されたとはいえ、やることはほとんどふぃぎゅ@メイトの時と変わっていないのに、再び私をここまで熱くさせてしまうのは、それだけゲームの完成度が高いという証明。フィギュアに思い入れのない私でもこれだけハマってしまったので、皆さんにも是非体験してもらいたい作品です。


まぁ、本当なら改造フリーモードなんて、本編のふぃぎゅ@メイトに用意されていて当然のことだとも思うんですけどね…。修正パッチで対応するようなことを、わざわざファンディスクで、しかもフルプライス(税込9240円)で提供するのは、チョットあくどい気がするな~。私はこれだけ遊ばせてもらったのですから、別に損したという気持ちはありませんが!

改造フリーモードとは別個に、シナリオモードといって各ヒロインごとのアナザーストーリーが用意されています。本編に存在しなかったサブキャラとのエッチシーンが貴重と言えなくもないですが、あまりサブキャラに萌えるタイプの作品でもなかったので、個人的にはそんなに価値を見いだせません。その分、イフリナとのエッチを増やせって思っちゃいますね。

魔改造によるイフリナとのエッチシーンは、新規テキストに書き下ろし。CGが使い回しだったのは残念でしたが、エッチに入る前の渡馬とイフリナのやり取りが、私ものすごく好きなんですよ。

渡馬は慇懃丁寧な口調の気弱なオタク青年で、イフリナを「炎道さん」と呼び、常に敬語で接するほど尻に敷かれている主人公ですが、魔改造後の妙に活き活きしたテンションが面白可愛くて。イフリナの卑猥な姿に1人興奮し、不満を喚き散らす彼女の怒りを宥めながら、自らのこだわり(変態性)を朗々と語り出すんですよ。

妄想世界に引き摺り込んだ後の渡馬は、いつもより強引で積極的な振る舞いを見せてくれますし、文句の多いイフリナも、いざことが始まれば普通に楽しんじゃっているのがいい。こういう関係は好きだなぁ。

しかも、ちゃんとエロい。フェティッシュな風味を利かせてあるプレイの数々は私好み。淫語は無修正で使い方が上手く、相変わらず、炎道さんはナチュラルにチンポを連呼していますよ。陵辱系のエッチも、根底に愛があるため気になりませんでした。

炎道イフリナ。仮に続編が出るとすれば、ヒロインは引き続き彼女で。イフリナ以外のふぃぎゅ@メイトはあまり想像できません。


ふぃぎゅ@メイト メメ子コレクション
オール黒髪
黒髪キャラが少なかったため、茶髪も混ざってますが。ちなみに、メガネキャラはもっと少なかったので、オールメガネは挫折。
2007年5月4日