発売日 2005年2月25日
メーカー 戯画 

たまごっち売春並の貞操観念
父親の再婚で、突然3人のお姉さんが! そんな安い煽りにあっさり釣られてしまった私にも落ち度はあるものの、これまたひどい駄作を掴まされてしまいましたね…。

「○○がダメだからつまらない!」というより、「何も良いところが見当たらない!」この生焼けクロワッサン。学校やバイト先でどうでもいい雑談をこなし、適当に仲良くなったら、いつの間にかゲームエンド。ストーリーは驚くほど平坦で、山場となる盛り上がりや、急展開を見せる場面が全然ない。起承転結で言うと、起→結って感じ。せめて承は入れようよっ!

「ストーリーが平坦なのは、萌えゲーに徹しているから?」とも思いましたが、そういう雰囲気でもないしな~。萌えを狙っている様子は特に見られない。せっかくお姉さんが3人という素敵な設定でありながら、彼女らに姉としての特性はなんら発揮されておらず、姉萌えは絶無の有様ですもんね。

家族の団欒というか、姉同士の掛け合いのシーンが最初自己紹介の場面で多少あった程度で、後は完全に個別ストーリー進行。だから結局、主人公と2人の世界に終始してしまっていたんですよ。それぞれ容姿や性格の共通点もなかったですし、何のための3姉妹という設定だったのか、最後までわからず終い。

姉萌えのみならず、キャラクターとしても彼女らに魅力はなし。どこにでもいそうなありきたりな没個性に、理由なき主人公への恋慕、安い貞操観念が私を萎えさせました。

序盤、お風呂上りの小雪お姉ちゃんとバッタリ出くわし偶然裸を目にしてしまうという、同居モノとしてあまりに陳腐なお約束ハプニングがあるのですが、続く展開にまた呆れる。

小雪「裸見たよね?」
主人公「そ、それはその…」
小雪「平気だよ。なんならしてあげてもいいよ」
 ↓
パイズリフェラ

なんですかこの強引な流れは…。意味不明な強がりで、昨日今日家族の一員となったばかりの主人公に対していきなりオーラルセックス。しかも、小雪は処女。さすがに引くでしょう、これは。他の姉たちも同様にこの調子だから勘弁して欲しいですよ。セックスに対してオープンな考えを持っているならまだしも、後先考えない勢いだけで身体をあっさり許されては困ります

主人公は主人公で、案の定、自分の考えを持たない受動型人間でしたから、こういう訳のわからない展開にもただ流されるがまま。下手な態度に出て、相手が自分を気に入ってくれるのをひたすら待つタイプ。はい、私の嫌いなタイプです。「ぼ、僕は」「そ、そんな」「ア、アハハ…」と、吃音気味だった口調も大いに気になりましたね。頼むから主人公ぐらい、もう少し物事を落ち着いてハッキリ喋られる人を選んでくださいって…。


そんなこんなで、この生焼けクロワッサンは本当に呆れるほどつまらなかった。時間やらお金やら、いろいろ無駄にしちゃいました。普通、どんな作品でも、批判をするときには罪悪感みたいなものがあって、結構心を痛めたりしているんですけど、この生焼けクロワッサンに関しては、どれだけ文句を並べても心がちっとも痛みません。へっちゃらです。

BALDR FORCEやショコラ等、代表作を多数持つ大手優良メーカーの戯画さんでも、今まで私がやったことある作品は何故かどれも扱いに悩む不燃ゴミばかり。私がわざわざゴミを選んで買ってしまっているのか、それとも私が買うとゴミになってしまうのか……どっちなんでしょう? もし理由が後者なら、戯画ファンのためにも、今後私は戯画作品に手を出さない方がいいのかもしれませんね。

ヒロインの顔はまぁ可愛いんですけど、身体の描写が変だったり、背景はあからさまな手抜きだったりで、なんともしょぼいCG。あと、モザイクが大きすぎです。

お気に入りキャラなんかいるわけない。う~ん、何で私はこの作品を買ってしまったのかなぁ…。誰かに操られていたとしか。きっと、すごい悪者に。
2005年3月9日