アニメ感想

ちはやふる第1話「さくやこのはな」雑感

ちはやふるは、今連載中の漫画の中で一番面白い作品かもしれません。“競技かるた”を題材にした異例ともいえる作品なんですけど、もっと異例なのは、女性誌でありながら恋愛にまったく無頓着なところ。まるで少年誌のような熱いスポ根漫画なんですよね~(作中でもラブ成分の薄さは自虐的に指摘されている)。

アニメ感想

Fate/Zero第2話「偽りの戦端」雑感

「闇に紛れて逃げ去るのなら匹夫の夜党。凱歌と共に立ち去るならば、それは征服王の略奪だ」 やっぱりイスカンダルは痺れるわ~。Fate/Zeroのサーヴァントの中では、イスカンダルがダントツで好きですね! 横暴で粗野な性格ながら、兼ね備えている王としての威厳。ヘタレ気味なウェイバーとの相性も抜群で、この2人は純粋に応援したくなります。

アニメ感想

PERSONA4第1話「You’re myself, I’m yourself」雑感

冒頭のベルベットルームのBGMが、ゲームのままだったことにまず感動! 更には、OP曲や日常シーンに至るまで、BGMは原作のものとまったく一緒なんですね~! ペルソナシリーズは音楽がとっっっても印象的な作品なだけに、こうやってゲームで実際に使われていた音楽がそのまま流れると超テンション上がってきますよ!

アニメ感想

輪るピングドラム11話「ようやく君は気がついたのさ」雑感

「私の姉、荻野目桃果は、あの事件の犠牲者なの」 16年前、3月20日の“あの事件”って、地下鉄サリン事件のことかぁ…。第1話からただ者ではないアニメだと睨んでいましたけど、頭がグラグラするようなまさかの衝撃展開。毎回必ず地下鉄(丸ノ内線)の描写を入れていたのも、これを示唆したものだったわけね。

アニメ感想

うさぎドロップ第11話「はじめの一歩」雑感+総括

これほど終わってしまうことにショックを憶えるアニメもありません…。りんちゃんの天使の可愛さもコウキママの女神の美しさも、来週からもう見られなくなってしまうなんて、そんなの私は信じたくない…! これで人生の楽しみが3割ほど減っちゃいましたよ。そんな嘆きの最終回。

アニメ感想

TIGER & BUNNY第25話「Eternal Immortalty.」雑感+総括

苦心の末、ようやくH-01の撃破に成功したものの、なんと残りがまだ何体もいた! 命からがらバーサーカーを倒したあとに、「命はまだ7つも残っている」と驚愕の事実を知らされたFateと同じような絶望感に興奮。しかし、強力な破壊ロボットは、命令系統を弄られて急に動かなくなるのがお約束。

アニメ感想

Steins;Gate第24話「終わりと始まりのプロローグ」雑感+総括

15年後の自分より授かった秘策は、「確定した過去を変えずに結果を変える」こと。つまり、「紅莉栖の死体を目撃した」事実を変えることなく、「紅莉栖が死んだ」という結果だけを変えればいい。紅莉栖の死体を偽装し、自らの目を欺き錯誤させることができれば、矛盾を生じず紅莉栖の死と生を両立させられる。

ゲーム

「三國志12」が2012年リリース決定

つ、遂に三國志の新作がっっ!! いつも1~2年おきに新作を出していたのに、前作の11から5年半も音沙汰なくて、もう三國志シリーズの新作を作る気はなくなったんじゃないかと心配していましたよ~! まだやる気はあったようで何より! 三國無双が飽きられ始めたから、こっちに戻ってきたってわけじゃないよね?

アニメ感想

うさぎドロップ第10話「おなかのかぜ」雑感

子供が風邪を引いて熱を出すなんて、特別でも何でもないこと。安静にして寝ていればそのうち治るんですし、わざわざ大騒ぎするような話じゃない。しかし、これが親としての視点を通すと、どれだけ心配で不安なことなのか痛いほど伝わってくる。苦しんでいるりんの代わりになってやれない自分の無力感に打ち拉がれるダイキチの心情に、強い共感。

ゲーム

ニンテンドー3DSカンファレンス2011 モンハン4は3DSで発売

3DS値下げから始まった任天堂の大攻勢が凄まじい。年末商戦の一足先にスーパーマリオを提供しつつ、12月にはマリオカートとモンハン3Gを投入。VITA本体の発売が予想される時期に、これだけ主力タイトルをぶつけてくる任天堂は容赦なさすぎ! いよいよ3DSが本気になってきたって感じですね~。

アニメ感想

輪るピングドラム第9話「氷の世界」雑感

「車に轢かれた晶馬はどうなったんだ~!」と続きが気になって仕方ない中、間を入れて焦らしてきました。話は第1話まで巻き戻り、水族館を訪れていた陽毬が、ペンギン3号(しかし、このときのペンギンには後になって陽毬が書き足したはずの“3”の文字)に誘われて、地下61階にある不思議な図書館へと迷い込む。

ゲーム

ドラゴンクエストX -目覚めし五つの種族-を正式発表

まず、WiiだけでなくWiiUでも発売するのを決めたのは良かった。普及率こそ高いものの役目を終えた感が強いWiiの専用ソフトでは、ドラクエブランドも共倒れの可能性があったと思いますが、新型ハードでも発売されるのであればそのイメージは払拭。任天堂としてもWiiの寿命延びるわ、WiiUの目玉にもなるわでいいことずくめ。

アニメ感想

TIGER & BUNNY第23話「Misfortunes never come singly.」雑感

タイガーの“ある一言”がキーとなり、洗脳が解けたバーナビーはようやく平静を取り戻す。それはいいんですけど、記憶を呼び覚ます一言が「バニーちゃん」だったのは正直釈然としない。もっと二人の絆を強く感じさせるセリフはいくらでもあったはずなのに、なんでよりによってこれなの? それなら、虎徹が「思い出してくれよ…」と涙した場面で思い出してくれた方が素直に感動できたんですけど…。