アニメ感想

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない総括&名場面ランキング

特徴的な擬音に代表されるように、初期のジョジョの面白さは、現代の価値観とずれた昔の漫画ならではの非常識さに拠るところも大きかったと思われます。それが第四部ともなると、時代のギャップはほぼ埋まり、「昔の漫画ならではの面白さ」という点はだいぶ薄まりましたが、代わりに目立ち始めたのが、現代のヒット作の礎となっているであろう先進性です。

アニメ感想

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない第39話「さよなら杜王町 -黄金の心-」雑感

追っ手を振り切り、姿を眩ませながら、犯行を繰り返してきた連続殺人鬼キラも、とうとう袋のネズミ。正体は白日の下に晒され、周囲は完全に包囲され、もはや逃げ場などどこにもない。だが、追い込まれたキラはこの期に及んでまだ観念しようとはしていなかった。窮地から脱する最後の秘策がキラには残されており、その一瞬のタイミングを冷静に見計らっていた。

アニメ感想

ガーリッシュナンバー第12話「烏丸千歳と……」雑感+総括

SHIROBAKOもそうだったんですが、アニメ最終回って「間に合わない! 走れ!」って終わり方多いよね…。お手軽に疾走感とハラハラ感を演出したいからでしょうか。しかし、最終回アフレコに遅刻、イベントライブに遅刻と、二度も千歳の遅刻シーンを見せられる必要ありました?

アニメ感想

ドリフェス!総括+アイカツ!とのライブシーン比較

私がアイカツ!をこよなく愛する理由、それは日々弛まぬ鍛錬で己を磨き、ライバルでもある仲間たちと切磋琢磨しながらトップアイドルを目指していく姿に強い感銘を受けたからです。決して「女子中学生が好きだから」などという不純で不埒な理由ではないのです。つまり、対象となるアイドルが女子から男子に変わろうとも、傾ける愛情は不変! アイカツ!の理念を受け継ぐドリフェス!なら、私は同じ熱量で愛することができるのです!

アニメ感想

ユーリ!!! on ICE総括+ゲイ描写に対する私見

素晴らしすぎる…! ユーリ!!! on ICEは2016年を代表する、アニメ史に名を残す大傑作でしたね。アニメの常識を超えた超作画で、現実さながらのリアリティで描かれるフィギュアスケートの競技シーンの美しさにただただ溜息が漏れるばかり。単純に面白かったというだけでなく、「こんなアニメありえるんだ」という驚きが一番の感想です。

アニメ感想

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない第38話「クレイジー・D(ダイヤモンド)は砕けない その2」雑感

戦いが長引きそうなので、会社の上司に平身低頭で遅刻を詫びるラスボス(笑) 改めて吉良吉影という男は、既存の枠組みにとらわれない唯一無二のラスボス像なんだと実感しました。そんな彼との決着もいよいよ近い。

アニメ感想

ガーリッシュナンバー第11話「揺れる千歳と決意の悟浄」雑感

すっかり意気消沈の我らがちーさま。ウザイぐらい元気だった彼女の落ち込む姿は見ていて辛い。前回の感想でも語りましたが、まだ全然気に病む必要はないんですけどね…。周りの人たちだってみんな千歳のことを気に掛けてくれている。特に親友の八重は、本気で千歳のことを心配してくれていましたし。

アニメ感想

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない第37話「クレイジー・D(ダイヤモンド)は砕けない その1」雑感

吉良殺害をしくじり、露伴死亡時刻まで残り1分を切った。もはや吉良の勝利は99.9%確定している絶望的状況下で、早人は「モーニングコールをかけて仗助を起こす」というたった1つの冴えた仕掛けで奇跡を起こす! それはアーロン・ロジャースが投げるヘイルメアリーパスのように、ひっくり返るはずのない局面を一瞬にしてひっくり返したアメージングな逆転劇!!

アニメ感想

ガーリッシュナンバー第10話「闇堕ち千歳と失意のクズ」雑感

千歳の新しいマネージャーは、松岡修造をモデルにしたであろう熱血指導タイプ。熱血=無能という固定観念から、これまたとんでもないダメマネージャーが宛がわれたと思いました。中身のない精神論をがなり立てるだけの鬱陶しい奴だろうと。が、思いの外有能だったので戸惑いました。

ブック

推しが武道館いってくれたら死ぬ 書評

これまでのアイドルアニメの多くでは、意図的にアイドルファンの存在は避けられてきました。アイドル作品においてリアルなアイドルファン像は不必要なのかと自問自答があった中で、アイドルファンが主役としてフォーカスされている本書を読み、やはりアイドルという題材にはリアルなファン描写は必須であるのだと確信を深めました! この先、アイドル作品を手掛けようとする者たちは、全員この本を教科書にしてほしい!

ゲーム

PS4「FINAL FANTASY XV」レビュー

Amazonでは、☆1と☆5の熾烈なバトルで評価が二分されているFF最新作。でもまぁ、実際のところは、絶賛するほどの神ゲーではなく、扱き下ろされるほどのクソゲーでもなく、良いところも悪いところも両方ある作品ですので、評価は☆3が妥当なところじゃないかなぁと思います。10年の開発期間を経てようやく発売されたFFのナンバリングタイトルが☆3って時点で失敗作かもしれませんけどね…。

アニメ感想

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない第36話「アナザーワン バイツァ・ダスト その2」雑感

デデーン! 仗助、承太郎、億泰、康一、アウトー。年末の風物詩の如く、無情なコールが4人に突きつけられる。早人から何一つ吉良の情報を聞き出していないのに、早人に取り憑くキラー・クイーンの姿を視認しただけで全員アウトになっちゃうなんて、“絶対に探ってはいけない吉良吉影”のルール、シビアすぎません?

アニメ感想

ガーリッシュナンバー第9話「焦燥千歳と疾走ルーキー」雑感

流れ変わったな! 無能プロデューサーの九頭がオミットされたことと、有能新人声優の桜ヶ丘七海が新風を吹き込んだことで、やる気を失っていた製作スタッフたちが心機一転。レギュラー声優たちもやれることは全部やりたいと協力的で、現場に今までにない一体感が生まれ始めました。ただ沈没を待つだけと思われたクースレに再浮上の兆し。

アニメ感想

ガーリッシュナンバー第8話「ねぼすけ千歳と湯煙旅情」雑感

ガーリッシュナンバーは、主人公の千歳が出ないとめちゃくちゃ普通のアニメになるってことがわかりました。8話は親子愛溢れる普通にいい話でしたけど、ガーリッシュナンバーに求めていたのはこういう方向性じゃないよなー。そもそもクズ主人公&業界批判であれだけ尖っていた作品が、“普通”に落ち着いちゃうのってどうなの?

アニメ感想

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない第35話「アナザーワン バイツァ・ダスト その1」雑感

やれやれ系・能力バトル・日常系・ヤンデレ・グルメ・赤ちゃん育成といった様々な現代のトレンドに先鞭をつけてきたジョジョ。極めつけはループモノですか! 今や「ループモノにハズレなし」と言われるほどの鉄板要素を、こんなにも早くに目をつけていたとはさすジョ。あとやっていないのはアイドル要素ぐらい?(笑) 今後ジョジョでアイドルライブが始まったらもうお手上げ!

レポート

i☆Risの武道館ライブ(4th Anniversary Live 418)に行ってきました!+池袋観光にも行きました!

エモい…エモい…尊さしかないライブでした…! 地方民には厳しい平日開催ということで、行くか行くまいかしばらく悩んでいた時期もございましたが、今となっては「行かない」という選択肢が少しでも頭にあった自分が許せぬ! 危うく死ぬほど後悔していたところでしたよ!

アニメ感想

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない第34話「7月15日(木) その4」雑感

自律思考型の意志を持つスタンドを好まない私としては、チープ・トリックの話は興味低めだったんですが、“背中を見られてはいけない”という条件に右往左往する露伴の愉快な一面は普通に楽しかったです。特に横断歩道を渡るとき、通行人の背中にぴったり張り付いて移動していた間抜けな姿には爆笑しました。

アニメ感想

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない第33話「7月15日(木) その3」雑感

仗助が開こうとする紙片から危険な匂いを嗅ぎ取りながら、噴上裕也はビビって何も言い出せない。てっきりここで男気を見せて仗助のピンチを未然に防いでくれるものと期待していただけに、このヘタレっぷりには失望しましたよ! 何という情けない男だ! 役立たずめ!

アニメ感想

ガーリッシュナンバー第7話「やじうま千歳と授業参観」雑感

内に葛藤を抱えつつ、それをカメラ越しに感じさせない万葉(かずは)様のプロフェッショナルな笑顔。先週購入した声優パラダイスでも、そこそこエロい格好させられながら、声優さんが笑顔を見せていましたけど、本当は内に葛藤を抱えていたのかなー(笑) いや、全員心からノリノリで撮影しているよね! そうだよね!

アニメ感想

ガーリッシュナンバー第6話「浜辺の千歳と通らぬ予算」雑感

ルックスのみならず、水着姿まで求められるようになってしまった声優という職業。需要があるからと言われればそれまでですけど、声優のグラビア写真なんかを見たい人たちがいること自体理解に苦しむというか、業の深さを感じずにいられません。と、1週間前の私なら言えたんですが、つい最近i☆Ris目当てに声優パラダイスRという雑誌を生まれて初めて買ってしまったので、もう何も言えないです。自分自身が理解できない!

スポーツ

2016Jリーグ最終節 ガンバ大阪は年間4位。降格最後の1枠は名古屋グランパスに決まる…

持たざる者が唯一見せられる意地。それは他人の足を引っ張って迷惑かけること! J1最終節、0‐2のビハインドから後半立て続けに3点取ってひっくり返す逆転劇で、初の年間1位に手が届きそうだった川崎フロンターレの邪魔をしてやりました! ごめんね!