第6次なでしこやまとオフ会in秋葉原

 12時15分
カラオケの時間まで、3DSのすれ違い通信を兼ねて秋葉原をぶらぶら歩き

朝の小雨はどこへやら、晴天に恵まれて良かったです流さんはオフ会が始まる前にお台場でやっていたガンダムフロント東京に行っていたようで、戦利品(HG 1/144 ガンダム Ver.GFT)も見せていただきました。これとは別に1/48のメガサイズモデルガンダムもあり、写メで現物を見せてもらいましたが、膝ぐらいまでサイズがあってすごい立派でしたよ。7,800円なら充分価値ありそうですが、作るのは大変だろうなぁ。

そして、その流さんがプレイしているとのことで私も後追い購入したファイアーエムブレム覚醒の話題に。このゲーム、自軍のユニット同士を並べて戦っていると、次第に愛が芽生えてくるという画期的なシステムなんです。これが実に面白くて、私は理想通りのカップリングを作ることばかりに夢中になってしまいました。

敵軍が祖国のため命がけで戦っているのに対し、こちらは全員カップルでイチャイチャしている軟派な奴らばかり。敵国兵士たちの苛立ちは相当なものでしょうね! 共学校を目の敵にする男子校の如き迫力で襲い掛かってきているに違いない。

 13時00分
本日お世話になるカラオケパセラ秋葉原電気街店。比較的新しくできたばかりのお店予約していたカラオケパセラに入店。さぁ、ここから8時間ぶっ通しですよ! 今まではカラオケ→居酒屋の流れでしたが、今回は食事もカラオケで済ませてしまうため、最初から最後までずーっとカラオケボックスに引きこもり! オフ会レポートとしては劇的につまらなくなりますが、なでしこやまとオフ会で何よりも優先されるべきはトークの時間を増やすことなんです!

担当の飯野(自称イーノック)さんはオタク的なノリも通じるイケメン店員まずは私がオフ会にお集まりいただいた皆様へ感謝のご挨拶。今回はあくまで「ずっとつくしてあげるの!発売記念」であり、主役はユキさんであることを告げました。そして、オフ会前日に超失礼なレビューを書いてしまったことに対し、ユキさんに全力で謝罪!!

8人がかりでも全然食べきれませんでした。カロリーを計ったらスカウター爆発しそうその罪滅ぼし(?)も兼ねまして、私からのサプライズプレゼント、アニバーサリーハニートレイン!

恩着せがましいことは申したくありませんが、どうかこのプレートの文言を電話口で事細かに説明した私の努力だけは認めて欲しい!!

 

店員「プレートのメッセージはいかがなさいますか?」
浅生「はい、では最初に“しばゆき先生”と」
店員「白雪先生ですか?」
浅生「いえ、ひらがなでしばゆきです…」
店員「畏まりました。お次をどうぞ」
浅生「ず、ずっとつくしてあげるの!発売おめでとうございます……です」
店員「ずっと……もう一度お願いできますか?」
浅生「……ずっとつくしてあげるの!です」
店員「ずっとつくして……あげるのですね?」
浅生「は、はい。あの……最後にビックリマークを入れてください…」

このやりとりは死ぬほど恥ずかしかったんですから~~!! よりにもよってこんな恥ずかしいタイトル、完全にエロゲだって向こうにバレバレじゃないですか! それでも「ラノベか何かと勘違いしてくれるかも…」と僅かな可能性にすがっていましたが、実物のプレートを見てみますと……

わざわざ検索して調べてくれたんでしょうね。カラオケパセラ秋葉原電気街店のサービス精神の高さが恨めしい…

 

ああっ~~~!! やっぱりバレてるぅぅぅぅ~~!!

 

 

 パッケージ絵がユキさんの絵じゃないのが大いに不満ですが続きましては、パッケージを持ち寄っての即席サイン会。

皆さん、“ずっとつくしてあげるの!は購入しているがまだプレイしていない”という人が大多数で、ユキさん自身も会社からソフトが送られてきたばかりでこの時点では未プレイ。ゆえに、事前にプレイして内容にケチを付けているのは自分だけだったので、私1人が悪者に…!

お返しに3日前に作ったばかりというユキさん自作の名刺をいただきましたただ、やはり「ヒロイン7人は多すぎる」というのは共通した意見でした。ユキさんも、「7人ヒロインがいたら7通りも正常位を描かなくてはならない」と仰っていて、先に作業を始めていたきくらげさんと構図が被らないよう気を遣う難しさがあったようです。

私がエロゲに興味を失っている間に、KAGUYAさんは激動していたのか今回、私はiPadとWIMAXを持参し、長年の懸案であったカラオケボックスでのネット環境を解決。例えば、Atelier KAGUYAからM&Mさんのチームが丸ごと退社して新ブランドを設立したという話を聞けば、即座に検索して当該のサイトを開ける。それを見ながら、あれやこれや意見を言い合うことができるのです。

現時点ではまだそこまで興味を惹かれていないんですよね~私からは竜騎士07さんの新作ROSE GUNS DAYSを紹介。今回、絵は竜騎士さんじゃないんですよね~。

パウンだーさんからは「浅生さん向けのエロゲがありますよ」と、初恋1/1という作品を教えてもらいました。

恋に一歩踏み出そうと決意する主人公は好感ですが、何かしら個性が欲しいところ告白はゴールじゃなくてスタート。彼女との頻繁なメールのやりとり。確かにコンセプトを見る限り、私が求めている方向性と非常に近しいエロゲであるといえそうです。ただ、本来ならこんなものはわざわざアピールするまでもない当然の内容だとは思いますけどね。私からすれば、「当店のカツサンドにはカツが入っています!」と大々的に宣伝されているに等しい

とはいえ、カツの入っていないカツサンドが平然と売られているのが今のエロゲ業界ですので、こういった作品が出てきてくれるのは純粋に嬉しい! エロゲに飽きてしまった私でも、これは今後チェックせざるを得ない一本。

次のページ