第5次なでしこやまとオフ会in秋葉原

開催日 2009年10月11日(日)
参加者 浅生大和 アゴスト かめのこおら ユキ
パウンだー はに。 流 のの 堕落人

なでしこやまとのオフ会もこれで早5回目。今年はスケジュールの都合でなかなかオフ会の募集をかけられず、慌ただしい開催となってしまいましたが、それでも私を含め9名の参加者が集まってくれました。毎度毎度、本当にありがたいことですよ。うっう…。

例年敬老の日だった開催日も、今年は少しずれ込んで体育の日絡みの10月11日に。大阪では御堂筋kappoが2周年を迎え、東京ではあきば踏みっ娘学園が2周年を迎えた記念すべき10月11日。東京秋葉原を舞台に、通算5度目のなでしこやまとオフ会が開かれたのでした。

東海道と山陽を結ぶ新大阪駅。ここから北に行くか南に行くかで大阪の風土は結構変わります05時45分
車(タクシー)を飛ばして新大阪駅にやってきました。前回は飛行機で散々な目に遭いましたので、今年は信頼できる新幹線を選択。始発に間に合わせるため早起きしたので、まだ私は寝惚けまなこ。しかし、京都駅から乗り込むパウンだーさんと車内で合流する約束をしていたので、寝坊は許されません。
新幹線でオフ会に向かうのは何気に今回が初めて。帰りは新幹線使ったことありましたけど

06時30分
新幹線でオフ会に向かうのは何気に今回が初めて。帰りは新幹線使ったことありましたけど

パウンだーさんと無事車内で合流! パウンだーさんも眠そうです(午前3時起きだそうで)。お互い今夏に偶然コミケ初参加している同士なので、まずはコミケの話で自然と盛り上がりました。もしかしたら、近くですれ違っていたかも知れないんですよね~。あの人混みの中、周りの人間に気を配る余裕はなかったですけど。パウンだーさんは、CARNELIANさんやChocochipさんのサークルを回っていたらしい。Chocochipさんは、自分も行けば良かったな。
さすが日本の誇る富士山。美しいです。今日は天気も快晴のようで良かったな~

ゲームに関しては、共通にプレイしているまじこいうみねこの話が中心。うみねこは2人で賞賛しあっていたのですが、あるイベントにおいて意見が真っ二つ。それはEpisode5におけるベアトリーチェと戦人の抱擁。パウンだーさん曰く、あそこで馴れ合う2人は見たくなかったのだと。気持ちはわからないでもないですが、ベアトリーチェ好きとして心が折れそうな展開が続く中、あれぐらいの「ご褒美」はありだと思うんですけどね~。何より、美しすぎるシチュエーションに感動しまくりでしたから!

08時15分
綺麗な富士山が見えたのでぱちり。この頃、話題はヱヴァンゲリヲンだったり、宙のまにまにだったり、ジャイアントキリングだったり、はじめの一歩だったり。次から次へと話が尽きません。パウンだーさんの趣味でもある格闘技・野球の話もしました。あんなに弱いベイスターズを、横浜スタジアムまで応援しにいくパウンだーさんはすごいなー。あんなに弱いのに

エスカレーターで左側に人が立っているのを見ると、東京来たなって気がしますね。でも、京都も左らしい。あれ? 右は大阪だけ?09時15分
東京駅に到着~。ずっとパウンだーさんと喋りまくっていたので、ホントあっという間。ここからJR京浜東北線で秋葉原へと向かったのですが、切符を買うことなく、改札を通ることなく電車に乗れてしまったので超戸惑いましたよ。パウンだーさんが言うには、新幹線の切符で秋葉原まで行けるみたい。知らなかった…。一緒に付いてきてもらって良かったです。自分1人なら立ち往生確実。

朝の秋葉原散歩は気持ちいい。麻生太郎専門ショップがまだ残っていたことに驚き。てっきり、「オレたちの由紀夫」になっているかと思ったら09時30分
聖地秋葉原へ降り立つ。もうこれで4度目ですのですっかり見慣れた風景。待ち合わせの時間まで2時間以上残っているため、パウンだーさんと共に朝の秋葉原巡りに。まだ店舗はほとんど開店しておらず、人もまばらな状態でした。ここも毎回来てるなぁ。去年はキミキスの4巻買ったし、一昨年はエロ同人誌買ったし…

10時00分
とらのあなのオープン時刻。店内でいろいろ物色し始める。カイジの新刊が出ていましたので、私はそれを購入。同人誌コーナーも2人で一緒に見て回りましたが、特に欲しいと思えるものはなし。コミケでは手当たり次第あれこれ買い漁ったというのに、ここではちっとも欲しくならないのは何故でしょ?

10時30分
「歩き回ってばかりなのもしんどいですよね!?」とパウンだーさんを強引に説得し、メイド喫茶「@ほぉ~むCAFE」へと強制連行。ここはメディアにもよく取り上げられている有名なお店ですので、一度足を運んでみたいと常々思っておりました(1人で行く勇気はなかった)。

4F・6F・7Fと、同じお店でもそれぞれ別々になっているんですね。ちなみに、私たちが訪れたのは6F

初めて訪れたのに「お帰りなさい」と言われ、席へと通されると、そこは異空間。店の雰囲気からして、普通のメイド喫茶じゃないなと肌で感じましたよ。

馴れ馴れしい……もとい、愛想の良いメイドさんが注文を聞きに来る。パウンだーさんは“メイドの気まぐれメルヘンティー”、私は“まっしろふわふわ うさぴょんケーキ”をオーダー。料理を撮影したかったのですが、萌え萌えパワーが強すぎるからとの理由で撮影許可が下りませんでした。

食事に手を付ける前に、メイドさんから「更に美味しくなるおまじない」とやらを教わる。手でハート型を作り左右に振りながら「萌え萌えキュン☆」(けいおん!の澪がやっていたやつですね)と唱えるのだと。なので、私は元気よく、全身全霊を込めて「萌え萌えキュン☆」をやらせていただきましたよ! パウンだーさんは恥ずかしそうに渋々やっていましたが。

しかし、この程度のことで恥ずかしがっていては、逆にこの場では浮いてしまいます。目の前のステージでは、ネコミミを付けた中年男性がメイドさんと楽しそうにツーショット写真を撮っているのですから。衆目を一身に浴びなくてはならない過酷な状況であるのに、客の冷ややかな視線はお構いなしで、心からメイドさんと戯れている中年男性。これぞ虚心坦懐の境地。

途中、ヨーキーさんというメイドさんが近付いてきて一緒にトーク。私たちが関西から訪れたことを告げると、突然「大阪でんでんタウンのメイド喫茶を端から端まで1人で制覇したことがある」という武勇伝を語り始めました。

ヨーキーさんは、北は北海道南は鹿児島と全国津々浦々に訪れていて、現地で意気投合した嵐ファン(ヨーキーさんは熱狂的な嵐ファンです)の家に泊まり歩くという、恐ろしいまでの超行動派メイド。こちらに口を挟む隙を与えてくれないほど一方的に喋りまくる、とにかく明るくて面白いメイドさんでしたよ~。
シルバーに昇格するとどうなるんでしょうね。タメ口でもきいてくれるんでしょうか。

どうやら海外の方らしく(出身を聞いても宇宙人だとしか答えてくれなかった)、流暢な日本語の中にも時々英語訛りの言葉が混じっていました。ボーイズラブのネイティブな発音がやたらとカッコイイ(笑)

すっかりメイドさんとの話に夢中になっていたら、ユキさん・アゴストさん・堕落人さんから続々到着のメールが。話の途中で心苦しかったですが、ここで店をあとにすることに。お会計は締めて2700円。高っ! テーブルチャージ(入場料)で700円取られるのが痛いなぁ。まぁでも、あれだけメイドさんのトークで楽しませてもらえたからいいか。

4年連続同じ集合場所です。秋葉原の駅前で一番わかりやすいところなので

帰り際、メンバーズカードを頂きました。5回帰宅(来店)するとシルバーカードにランクアップするという、どこかで聞いたことあるようなないようなシステム。

11時15分
急いで待ち合わせ場所の秋葉原プラザビルへ。連絡のあったユキさんと堕落人さん、そしてののさんと合流。しばらくして、流さん・アゴストさん・かめのこおらさんが続けてやってきました。アゴストさんには“お祝い”のプレゼントを。前回のオフ会から今回のオフ会までの間に、いろいろなことがありましたからね~。

11時45分
集合時間を迎えて、最後のはに。さんがご到着。これで本日のメンバー9名が全員集合! 何度オフ会を開いても全員が揃うまでは不安が拭えないものですが、これでまずはホッと一安心。無事に第5次なでしこやまとオフ会の開幕です。いざ最初の目的地あきば踏みっ娘学園へ! ……ではなく、カラオケパセラへ。

次のページ