第2次なでしこやまとオフ会in秋葉原

余談1

オフ会翌日、私は1人で秋葉原散策。去年のオフ会の際は、渋谷・代官山辺りを見物していたので、秋葉原をゆっくり見回るのはこれが初めて。

まず真っ先に向かった場所はとらのあな。昨夜、浜っ子さんに見せてもらった同人誌を探すためです。一番の目当ては、勿論キミキスの二見英理子本。3000円で買えるかな~。4000円超えるとチョット厳しいかな~(秋葉原の磁場で金銭感覚崩壊中)と、真剣な面持ちでエロ同人誌コーナーを物色していると、不意に後ろから声を掛けられる。

振り向くと、なんとそこにはるひあさんがっ! うわあぁぁぁぁぁぁぁ超恥ずかしい!! まさか本当にこんなところでばったり遭遇してしまうなんて!! もう笑うしかありませんでした。一緒にエロ同人誌コーナーで和み合う2人。るひあさん、ここで私と出会ったことはどうぞご内密に! 絶対、他の人に喋っちゃダメですよっ!

ちなみに、その後目当てのキミキス本は無事発見。630円という爆安捨て値価格でゲットしました。

余談2

行って参りましたよ。クリスピー・クリーム・ドーナツを購入しに。最長3時間待ちとも言われる話題のドーナツですが、この時は僅か50分待ちで買えちゃいました♪ って、何が悲しくてドーナツ如きにこんな行列に並ばないといけないのやら…。

私も食べてみましたが、確かに今までのドーナツとは一風変わった味ですね。軽く柔らかい口触りで、口に含むとクリームのように溶けていく。でも、それは出来たてであるからこそ。お土産用に買った同じドーナツを食べても、あの口触りは堪能できません。結局、並んでいる最中にサービスでもらえる作りたてのオリジナル・グレーズドが一番美味しいんですよ。メチャクチャ月並みな意見で申し訳ありませんけど。

 

なので、「長時間並ぶだけの価値はある!」とは思えませんねー。これだけ流行っているのは、やっぱり日本に1店舗しかないというレア感によるものでしょう。ミスタードーナツだって、もし日本に1店舗しかなかったら、これぐらい行列が出来ていると思いますよ?

余談3

帰り際、立ち寄った西新宿のマンガ・ネット館でインターネットをしていたんですが、そのPCのGoogle履歴に「なでしこやまと」の文字が! このパソコンで誰かがなでしこやまとを見てくれたんだ~と思うと、妙に嬉しくなりましたね。日本中のあちこちに、なでしこやまとを見てくれている人が実在しているのだと、少しだけ実感。