第2次なでしこやまとオフ会in秋葉原

開催日 2006年9月17日(日)
参加者 浅生大和 ほのお るひあ パウンだー 草薙静流 光路蝶
お姉ちゃんビーム kagami 天条 浜っ子 ユキ サタナエル

誰が好き好んで、2度目のオフ会になんか参加しますかね? 1度参加すればもう充分でしょ。1回目は興味本位でたまたま人数が集まりましたけど、2回目ともなればそうそう人が集まるはずありませんって。

ところが、第2次オフ会は前回の人数を4人上回る12名が参加。ど、どうなってるんでしょうか…。しがないエロゲレビューサイトのオフ会ですよ? 皆さんの真意が掴めないものの、せっかく「またオフ会をやろう」と仰って下さるのであれば、こちらから拒む理由は何もありません。お言葉に甘えて、もう1度オフ会を開催させていただきます!

斯くして、前回のオフ会より1年。同じ東京秋葉原を舞台に、第2次なでしこやまとオフ会の幕が開いたのでした。

07時15分
私としては1年ぶり、人生2度目となる上京。再びほのおさん共に、東京の地へと足を踏み入れました。前回は逸る気持ちを抑えきれず、いきなり秋葉原に乗り込んだものですが、そんなお上りさん気分はもう卒業。慌てることなく、まずは新宿で軽く食事ができるお店を探すことに。

07時30分
Wendy’sにて軽食。客入りは疎らだったため、「うみねこのなく頃に」を肴に気兼ねなくオタ話。そこで「裏お茶会」たる隠しルートの存在を教えてもらいました(こりゃ普通にやってたら気付かないわ)。「凉宮ハルヒの憂鬱」も話題に上り、ついでに私は「桜蘭高校ホスト部」を猛プッシュ。藤岡ハルヒは凉宮ハルヒを凌ぐ人材であると!

08時30分
そろそろるひあさんが秋葉原に到着する頃合いと、Wendy’sを後にして総武線で秋葉原へ。その前に、売店にて喉飴を購入。第1次オフ会では、喋りすぎて途中喉が枯れてしまうという醜態を晒してしまったので、そんな愚を繰り返すまいとの予防策です。これで気兼ねなく喋り倒せる!

09時00分
待ち合わせ場所の秋葉原プラザビルに到着。集合時間は12時ですから、3時間のフライング。るひあさんがやってくるまで秋葉原散策しようかとも思いましたが、日差しがあまりにキツいため、大人しく日陰に佇んで待つことに…。

10時00分
メールをもらってプラザビル前に赴き、無事るひあさんと合流。直後、パウンだーさんからも連絡が入り、早くも4人が揃いました。この時点では、私を含め全員が関西組。まだ集合2時間前なのに、関西人はせっかちですね~。

10時15分
再びビルの日陰にて雑談。君望の遙と水月、どちらが好きかという話になり、私とるひあさんは揃って水月派。ほのおさんは遙と答え、そもそも水月ルートはやっていないと爆弾発言。世の中に、君望の片方のルートだけをやらないなんて人がいるとは…。厳しくほのおさんを叱っておきましたっ。

パウンだーさんとは、私の影響で読まれたという「ラブ★コン」の話で盛り上がる。常にポジティブで芯の折れない小泉リサの魅力に共感。不器用な2人が織りなす恋愛劇のラブ★コンは、とても質が高く笑えるラブコメですので、ここをご覧になっている皆様も、機会があれば是非1度手にとってくださいませ。

11時00分
草薙静流さん、光路蝶さんと合流。パウンだーさんがこみっくトレジャーに参加された話の流れから、コミックマーケットの過酷さを静流さんから教わる。話を聞けば聞くほど行くのを躊躇してしまうけど、やっぱり行きたいイベント。

11時30分
お姉ちゃんビームさん、kagamiさん、天条さんと続々集結。あっという間に総勢9名に膨れあがり、段々、人目につく怪しげな団体に…。これ以上たむろしていたら、共謀罪か何かで通報されかねません。早く移動しなくては。

11時45分
浜っ子さんと、遅れそうと言っていたユキさんが時間前に到着。残るはサタナエルさんのみ。何も知らない初参加メンバーのために、このオフ会のボスは私ではなくサタナエルさんであることを事前に説明しておく。

12時15分
12名の大所帯がゾロゾロと移動を開始し、最初の目的地であるメイド喫茶「JAM akihabara」へ。人数が人数だけに、固まって座ることはまず不可能だと思っていましたが、幸運にもソファー席が空いており、12人全員が固まって座れることに。

ドリンク片手に軽く乾杯を交わし、それぞれハンドルネームで自己紹介。取りはお姉ちゃんビームさん。そのハンドルネームだけで笑いがとれるから、前回に引き続きオチ担当です!

JAM akihabaraは、メイド喫茶にありがちな学園祭的手作り感のお店ではなく、本格的で、落ち着いた雰囲気のBARといった感じでした。それでも、このような場所に来て無難な注文で済ましてしまうのは面白くない。私は高らかに「妖精さんのdokidokiソフトクリーム」をオーダー

「妖精が御主人様の為にソフトクリームをまきまきします♪」と一文が添えてあったので、早く妖精さんにまきまきされたいと楽しみに待っていたら、別段代わり映えしないフツーのソフトクリームが出てきただけ…。目の前で直にまきまきしてくれたりはしないのね…。

一方、パウンだーさんが頼んだ「妖精さんの萌え萌えオムライス」は、その場でメイド(妖精)さんがケチャップで絵を描いてくれるサービス付き。うーん、だったら、私もそれを頼んでおけば良かったなー。

ちなみに、←の絵はパウンだーさんの似顔絵ではなく、ボウケンジャーの絵らしい。描いてくれたメイド(妖精)さんはノリが良くて、とても喋りが達者な人でした。

1時間ほどが過ぎた後、お姉ちゃんビームさんと席を変わってもらい、今度はユキさん、天条さん、kagamiさん、浜っ子さんたちの話に加わる。そこではPC88~PC98時代のレトロな話で花を咲かせておりました。私は嬉々としてその話に乗っかかりましたが、若いユキさんは1人まったく話について行けず、置いてけぼり状態。みんな、話がマニアックすぎるよ~!

次にコンシューマーゲームの話となり、天条さんがキミキスの話を振ってきたので、私がキミキスの素晴らしさを熱弁。すると、水を注ぎに来たメイド(妖精)さんが「私もキミキスしてます」と話に乗っかってくれました。これも秋葉原ならではですね~。

14時00分
ふと周りを見渡せば、席は全席埋まっており、入店待ちのお客さんもチラホラ。長時間居座っている我々一団は明らかに邪魔者でしたので、メイドさんに促されつつ、そさくさと退散することに。

店を出た一行は、そのままとらのあな秋葉原1号店へ向かい、各々見物と買い物。私と、ユキさんと、浜っ子さんと、天条さんは絵の教本コーナー付近で雑談。私以外全員、同人誌制作に携わっている方ばかりでしたので、普段聞けない貴重な話が聞けました。

14時30分
とらのあなで用事を済ませた後は、予定通りカラオケパセラへと向かう。しかし、ここで思わぬアクシデント。既に部屋は満室となっており、部屋に通されるまで1時間30分は掛かるとのこと…。これは無理だと思い、急遽近くのBIG ECHOへ鞍替え。が、そこでも同様の混雑状況。ならば前回利用したカラオケ館に……と移動するも、やはり1時間30分待ちという有様。

結局、なんだかんだで最初に立ち寄ったパセラに逆戻り。後手後手の対応で皆様を盥回しにしてしまい、ホントに申し訳なく思っています…。

15時15分
入室までの待ち時間は1時間30分。寄る辺なき流浪の民と化した一行は、とりあえず容赦ない炎天下から避けるようにヨドバシAkiba館内へ。8Fレストラン街へ直行するも、これまた何処も人が溢れかえっており、とても12人が落ち着けるお店はありませんでした。よって、ここで一時解散。自由行動というカタチで、16:30に再び集合しようと取り決める。

15時30分
サタナエルさん、ほのおさん、るひあさんらは、芋蔵BARへ入って「0.5次会」を始めていました。残る人たちはベンチに腰を下ろし、しばし談笑。そこでkagamiさんが、先程立ち寄ったとらのあなで購入したばかりの戦利品を見せてくれました。「こどものじかん4巻」でした。さすがkagamiさんです。

その後、お姉ちゃんビームさんと光路蝶さんと、ニコニコ動画の話。「なんで空気読めないコメントを無視できない人が、あんなに大勢いるんですかね~」と。ちなみに、お姉ちゃんビームさんはプレミアム会員らしいです。

次のページ