任天堂新型ゲーム機「WiiU」発表

E3での任天堂カンファレンス、結局一部始終を視聴していました。ゲーム機の新機種が発表されたときのワクワク感というのは、今も昔も変わらないものですね~。

ベールを脱いだWiiUには大いに感動しましたよ! カラオケの選曲や居酒屋の注文で使う機械のような、独特のフォルムを持つタブレット型コントローラー。コントローラーに液晶画面を搭載することで、家庭用ゲーム機においてもデュアルスクリーン環境を作り出したのは面白い。プロモーションビデオを見る限り、様々な遊び方に対応していたので、本当にアイディア次第で無限の可能性を感じさせてくれるハードだと思います。

例えば、コマンドウィンドウの類を全部手元のスクリーンで表示して、TV画面には一切ゲーム的な文字や数字を表示しないフルスクリーン環境のRPGやAVGを作れば、より没入感を強めるバーチャルなゲームに仕上がるんじゃないかと。DSの2画面より、もっともっといろんな使い道がありそう。

個 人的には今から発売が待ちきれない感じで、欲しくて欲しくてたまりません。ただ、この感動が本当に長続きするのかどうかは結構微妙だったり…。Wiiも最 初こそ感動しましたけど、歴代ハード史上最速で飽きてしまいましたからね。去年発表された裸眼立体視の3DSだって、今では何の感慨も持てない状態。

任天堂のカジュアルユーザーに訴求するアイディア路線は好感なんですが、変化球主体の軟投派は慣れてしまうと凄みが消えてしまうのは事実。まぁ、ハードなんて最初に興味を惹いたもん勝ちなので、Wiiのように売り逃げしちゃえば結局は勝ちなんですけど。

Wii本体 (シロ) (「Wiiリモコンプラス」同梱) (RVL-S-WAAG)【メーカー生産終了】

Wii本体 (シロ) (「Wiiリモコンプラス」同梱) (RVL-S-WAAG)【メーカー生産終了】

定価:¥ 20,572

Amazon価格:¥ 26,000

カテゴリ:Video Game

発売日:2010-11-11


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL