Play Station VRを体験してきました

今までにない圧倒的な没入感で、次世代ゲーム体験の要とも噂される昨今話題のバーチャルリアリティ。それをPS4上で実現するPlay Station VRの体験会が6月16日から全国10都市で始まりましたので、私もソニーストアで初VR体験してきました。

その昔、SONYから発売されたヘッドマウントディスプレイには大変ガッカリさせられたものです。目の前いっぱいに画面が広がる臨場感だと謳われていたのに、実際は小さな映画館のしょぼいスクリーンで見ている程度の感覚。装着前の期待値を大幅に下回るアイテムで、こんなの買うんじゃなかったという後悔でいっぱいでした。

だからVRにも懐疑的というか、“ゲームの世界に本当に入り込んでいるかのような体験”とか「嘘付け!」と最初は思いましたよ。でも、今度は嘘じゃなかった!! 本当にこれはすごいっす! この体験を人に語るとしたら、“ゲームの中に入れた”としか言いようがないですもんね!

私が体験したのはTHE DEEPという作品。がばがば装備で深海を潜っていくとサメが襲ってきて餌にされるというゲーム(?)でしたが、目の前に現れるサメの迫力が半端なく、ゲームだとわかっていても思わずのけぞってしまうほどの臨場感。

以前のヘッドマウントディスプレイと違い、目の前いっぱいに画面が広がる上に、上下左右に首を振ると遅延なくカメラが上下左右を映し出してくれるインタラクティブ性の高さで、自分の周りをぐるぐる旋回するサメを目で追っていけば、ちゃんと360°正確に映し出される。身を乗り出したり、のけぞったりの反応もちゃんとゲーム内で反映されますので、マジで自分が海中を潜っているかのような錯覚に。ゲームの中で自分の手足や身体が見えないのが逆に不自然に感じるほどでした。

まさにこれは、画面の向こう側に入りたいオタクたちが夢見ていたアイテムそのもの。とうとう完成したんですよ! 二次元世界へ足を踏み入れるための扉が!! 今こそ三次元から離脱のとき!!

ゲーム業界が一斉にVRをもてはやし始めたとき、TV業界が3Dテレビをプッシュしていた頃と同じような温度差を感じていたものですけど、いざ体験してみると、確かにこれは革新的な技術だと声を上げてアピールしたくなるのもわかります。3Dテレビとはまったく違う無限の可能性を感じる未来のガジェット。これからゲームの在り方は、VRによって確実に大きな変化を迎えるでしょう

あとは如何にしてこれを一般層に訴求することができるか…。如何に優れた技術といえど、本体別売りで4万8578円という高値じゃ、結局一部の好事家だけが楽しむマイナー装置になりかねません。なんとかして2万円台に下げることはできないものでしょうか? そうなれば、VRは一般家庭にも普及して一気にゲームのメインストリームになり得ると思うのですが…!

もしくはエロの力で普及させるか。VRでエロに走ったらきっととんでもないことになりますよ。既にBANDAI NAMCOさんから「サマーレッスン」というエロゲもどきの発売が決定されていますが、これは想像以上の危険さがあると思います。静止画で見ればなんてことないしょぼいサメが、VRの世界だと身を竦む恐怖に感じるのですから、サマーレッスンの世界から戻ってこれない奴が数人出てきてもおかしくない!(笑) ILLUSIONは今からVRエロゲを全力で開発しておけ!

Sony PlayStation VR ( Import - EU. )

Sony PlayStation VR ( Import - EU. )

Amazon価格:¥ 57,840

カテゴリ:付属品


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. 最近話題ですよね~。
    一体どんなものなのか自分も一度は体験してみたい!
    でも本当にゲームの世界に入ってる感が味わえるなら5万でも高くはないと思いますけど。
    そもそもこんなの一般家庭に普及して、子供の頃からやらせてたら
    本当にゲームの世界から帰って来ない人が続出しそうでやばいから、要らないんじゃないでしょうか(笑)。
    一時、話題になったネトゲ廃人みたいな。

    エロゲーでもカスタムメイド3D2とか作ってるKISSさんがVR対応版を割と前から出しているんですけど、
    これってここで話題になってる物とはちょっと違うのかな…?
    全く触った事ないのでよくわかりませんが。

    • VRの技術は本物なので、5万の価値は充分にあると思います。私みたいなゲーム好きの人間は黙っても購入するでしょうが、VRは素晴らしい技術だけに、これを一部のゲーム愛好家だけの盛り上がりに終わらせてしまうのは惜しい。たくさんの魅力的なVR対応ゲームを出してもらうためにも、一般人への普及を願っています。

      >エロゲーでもカスタムメイド3D2とか作ってるKISSさんがVR対応版を割と前から出している
      これはOculus Riftを活用とした歴としたVRエロゲで間違いないと思います。私の情報感度が低くて知りませんでしたが、既にVR対応のエロゲは世に出ていたんですね~。

      調べてみると、ILLUSIONさんも新作をパッチでVRに対応させるみたい。ちゃんと3Dエロゲは着々とVR対応を進めていたのか。VRとエロの相性は相当にいいはずなので、VRの敷居さえ下がれば、これがエロゲ復権の原動力になりそうです。

  2. はじめまして。いつも楽しませてもらっています。
    『VRはくる』と言われてから数年たちますが、今年になってようやく来そうな気配がありますね。ゲームのタイトルもいろいろ発表されてるのがうれしい。個人的には、バイオハザードのようなホラー系を期待しています。

    管理人さんがおっしゃるとおり、3DTVの失敗があるのでしょうがないんですが、VRの進出がここまで遅れたのは技術的な面より、プロモーションに問題があったのかなと思います。VRにまつわるイベントは幾度か開催されていましたが、そもそもVRに興味がない人は参加しなかったかと思うので。
    むしろ「VRに興味がない人」向けにアピールすべきだったかなと。実際に体験すれば、“ゲームの中に入れた”という感覚を抱けますからね。

    さらに、VRを前時代的な道徳観でやたらと否定する人も、発展を妨げていたのかなあと。
    VRを否定する人にありがちな意見として、「現実とは実際に体験するからこそ意味がある。よって、実際に体験しない仮想現実はただの虚構だ」というものがあります。
    この意見そのものは、まあ、わからなくはないのですが。こう主張する人って、そもそもVRを体験してない場合が多いんですよね。虚構を信じてるのはどっちなんだろうと思います。

    あと、VRでエロが進化するのはとても良いことだと思います! 「新しいメディアが普及するのはエロのおかげ」みたいな俗説もあることですし。
    私の周りではVRの話題を振ると「エロが捗るよね」としか言わない人が多いので、そればっかりになっちゃうのもどうかと思いますがw
    エロとVRとの関係は今後のトピックになりそうですね。

    • 水琴桜花さん、はじめまして~。管理人の浅生です。

      BIO HAZARDのようなホラー系の相性は間違いなくいいと思います。それだけに私はVRでホラーをプレイするのを躊躇してしまう…。自分はホラーが極端に苦手というタイプでもないと思いますが、VRでホラーはマジで死にそうですから(笑)

      体験会では、同じTHE DEEPを体験していた女の娘が、サメに襲われるシーンで手足をばたばたさせながら悲鳴を上げて怖がっていたぐらい(めっちゃカワイイ)。それほどVRは恐怖感を倍加させてしまう。普通にプレイしても怖いBIO HAZARD7だと一体どうなることやら…。

      それにしても、VRはプレイしている人を傍目で見ているのも楽しいですね(笑)

      >VRの進出がここまで遅れたのは技術的な面より、プロモーションに問題があった
      CMのような広告でVRの真のすごさをアピールするのは難しい。かといって、興味のない人や知らない人にVRを体験させることも難しい。

      もうこれは口コミで盛り上げていくしか方法がないのかもしれません。VRがすごいすごいと話題になれば、今までVRなんて歯牙にも掛けていなかった人が、ちょっと体験してみようという気になる。プロモーションは発売前より発売後が重要かも。そのためにも、手軽にプレイできる体験会ももっと増やして、VRを知ってもらうことが大事。

      >「新しいメディアが普及するのはエロのおかげ」みたいな俗説もある
      PS2の爆発的なヒットは、エロDVDが見たい人たちのおかげだったとも言われますし、高額な商品を買わせるために、ポルノの力は決して無視できません。私もエロゲがなかったらPCなんて買わなかったです(誇張)。

      こうなるとVRゲームタイトルを揃えることより、VR用アダルトBlu-rayを増やすことがカギになりそう。「PS4とPS VRでなら、VR空間による次世代AVが楽しめるよ!」と話題になれば、「VRゲーム? 何それ? 興味ないよ」という人にもPS4とPS VRを買ってくれるはず! DVD-PGのような作品が再び日の目を浴びる時代がやってくる可能性もありますね。