PS4の日本発売日は2014年2月22日に決定! 価格は41,979円!

北米での発売が2013年11月15日なのに、日本は来年2月22日に発売って…。一体どこの国のゲーム機なのやら。値段は最低でも40,000円以内に抑えてくれるかと思いきや、42,000円。カメラ付き46,179円ってことは、あれだけ割高イメージがあったXBOX ONEと大して変わらないじゃないですか~。見事に裏切られた感じ。

今やWiiUが死に体で、XBOX ONEは国内販売が見えてこず不戦勝の様相。SONYが覇権を奪還するにはまたとない好機でありながら、そういう追い風が吹くとす~ぐ調子に乗るSONYの悪癖。お値段はともかくとして、この発売日の遅さは承服できませんよ。日本市場軽視のスタンスが透けて見えて、非常にイメージ悪い

ソフト開発が遅れているとの理由ですが、確かに発売予定のソフトは海外産が中心で、日本のゲームは一握り。それも発売日未定のタイトルばかりなので、これじゃあ私が発売日にPS4を買ったとしてもやれるのはFF14(β)しかないかも…。でも、PS3版のFF14を購入している人は、無償でPS4版もプレイできるのが嬉しかったです。

各社が開発中のPS4ソフトを次々壇上でプレゼンする中、笑えたのはコーエーテクモが紹介した真・三國無双7 with 猛将伝。せっかく高性能なPS4なのに、PS3版と何が変わったのかわからないいつものマンネリ無双で、そもそも画面が暗くてよく見えない(笑) ライティングや肌の質感の向上を必死にアピールしていましたが、やっぱり画面が暗くてよく見えない(笑)

逆に購入意欲が沸いてきたのは、E3でも名前が出ていたCAPCOMのdeep downですね。DARK SOULSっぽいゲームシステムに、オンラインでのパーティープレイが付け加えられている感じでとても面白そう。

特に秀逸と感じたのは、ダンジョン自動生成で毎回新鮮なマップで遊べる点。モンスターの形状までランダムに変化するそうなので、相当長く遊べそうですよね~。将来的にモンスターハンターと肩を並べるようなCAPCOMのビッグタイトルに育ちそうな予感。

総評として、今回のプレスカンファレンスは興奮2割・失望8割。次世代ゲーム機戦争はPS4の圧勝だと思っていたのに、な~んか雲行きが怪しくなってきました。

PS VITAだって発表当初はあれだけ楽勝ムードが漂っていたのに、大幅値下げした3DSに足下を掬われてあっけなく撃沈しましたし、またその二の舞を演ずるつもりじゃ…。みんながPS4への渇望が高まっている今が売り時なんですから、変な間を空けないで欲しいな~。

カテゴリ:


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. まあ、海外の意見を反映した改良品を買える可能性があるって点では日本にも利点がないわけではないような。

    それよりも値段ですよね。4万超えは流石に高いなぁと思います。きっとこれ意外にも周辺機器でお金取られるんでしょうし。

    最近はゲームの面白さ=グラフィックのすごさっていう算式が成り立っているような気がします。でもこれだけいろいろなゲームが出てるとゲームシステムで差を付けるってというのが難しいんでしょうね。

  2.  ゲストさん
    「ゲームはケータイで無料でやれるもの」という感覚の人が増えている時代で、この42,000円のゲーム機がどう受け入れられるかですね。私は子供が親に買ってもらえないようなゲーム機は論外と思う。高性能なゲーム機は確かに欲しいですけど、ゲーマーしか買わないようなハードでは先行き不安。