私はFF14を始めるよ!

MMOをやるのはFANTASY EARTH ZERO以来……というか、過去にやったことあるのがローズオンラインFANTASY EARTH ZEROだけ。MMOにハマりすぎて廃人になるのが怖かったため、FF11にもDQ10にも手を出さずずっと我慢してきたんですが、つい気の迷いでFF14新生エオルゼアを買ってしまいました。最初はPC版を買うつもりでしたが、ベンチマークで惨憺たるスコア(1240)を叩き出したので、諦めてPS3版を購入です。

1,600円もした公式スターティングガイドも一緒に購入してやる気満々。でもこれ、キャラクターメイキングの各ボディパーツのスクリーンショットだけで100ページ弱も費やしていたり、ほとんど内容のない無価値な攻略本でしたけどね。ゲーム中のチュートリアルはとても親切ですし、こんな本わざわざ買う必要ありません。

FFといえば美しいグラフィックが代名詞ですが、いざプレイしてみるとそんなに綺麗じゃなかった。前にやったのがTHE LAST OF USだっただけに、余計グラフィックがショボく感じます。遂にFFでグラフィックがショボイと感じる時代が来てしまいましたか。まぁ、グラフィックにこだわる人は素直にPC版買うかPS4版を待てってことですねー。

一方操作性は割といい感じ。旧FF14は操作性が悪いと評判でしたけど、新生になって随分改善されたようです。私のようなMMO初心者でもそんなに引っかかりを憶えることなく、今のところプレイ感はスムーズ。前述の通り、ゲーム導入のチュートリアルがしっかりしていますので、いきなり野原に放り出されて「え、何すればいいの?」的な心細さがないのはありがたい。

バトルシステムにはやや不満あり。このゲーム、敵と戦うときに距離を取り過ぎるとターゲッティングが外れてしまって、その瞬間戦いが仕切り直し、つまり敵のHPが全回復するという謎のシステムがあるんですよね…。そのせいで迂闊に敵から離れられないんです。

真正面から正々堂々と戦うのが嫌いな私は弓術士でプレイしているのですが、このシステムのせいで弓兵らしい戦いが全然できなくてー。弓兵でありながらボコボコ殴り合う近接戦闘を強いられるなんて納得いかない! 私は遠方や高所から矢の雨を降らせて、一方的に敵を射殺す卑怯な戦いがしたいのに! それができないなら弓術士なんて職業願い下げだ!

というわけで、現在はもう一度最初からやり直して、別のジョブで始めようか思案中。前線に出て力仕事するのはイヤなんで、やっぱり魔法使い系にしておくべきかなぁ。一人で戦うのしんどそうですけど。

ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア(特典無し) - PS3

ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア(特典無し) - PS3

定価:¥ 3,394

Amazon価格:¥ 3,980

カテゴリ:Video Game

発売日:2013-08-27


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. おおー、まさかのFF14ですか!
    自分は11にハマりすぎて2年余りを棒に振ったことがあるので、MMOはちょっとですが…
    ちなみに弓使いは11でも近距離で殴りながら弓を撃つ感じでしたよ
    (パーティなら遠距離で撃ってもいいけどTPという必殺技ゲージみたいなのを貯めるには結局近距離でなぐるのが効率良い為)

  2.  ぺそさん
    ひいいぃぃぃぃ! そういう話を聞くとMMOが怖くなる…。なんとか人生に支障が出ない程度にプレイしたいです。

    FF11でも弓使いはそんな感じだったんですね。これでもう未練なく最初からでやり直せますよ。新しいジョブは幻術士(白魔導師)にしました。筋肉むきむきな長身マッチョなヒーラーです(笑) 周りはか弱い女子ばかりだから浮いてるなぁ。

  3. 先ほどニュースサイトで見ましたが、新生FF14好発進らしいですね!
    世界最後の大型MMOと言われているだけに、スクエニさんにはこのまま頑張って欲しいと応援しております。やりませんけど(笑)

    MMOにハマるかどうかは、おそらくフレンドが大きく左右してきます。
    かく言う自分も、11時代は複数ジョブをMAXにした後期は釣りをしながら(金策でしたが)ひたすらチャットしかしてなかった気もしますが、
    それだけで一日10時間とか平気でログインしてましたね……。
    (FF11のチャットシステムが優れていたのも一因かと思います)
    大体自分と同じくらいの進行状況(レベルとか)のフレンドがいたり、尚且つ自分が負けず嫌いで見栄っ張りだったりすると要注意です!
    張り合って終わりなき廃人への道をひた走るハメになります。今すぐディスクをへし折って記憶から消し去りましょう。

    冗談はさておき、くれぐれも!リアルを大事にお過ごしください(笑)
    マッチョ白(14は幻って略なんでしょうか)、いいじゃないですか、RPが捗りそうですね!
    是非愛されキャラを目指して頑張ってください(適当)

  4. 謎のシステムは、「パーティまたは個人で敵を占有するシステム」「逃げるというコマンドがない」ことがベースになっていて、ターゲットが切れないといつまでもモンスターが追いかけてくることになり、低レベル帯の人達がレベリングしているところに高レベルのモンスターを置いてくるというケースも発生してしまう訳です。実際黎明期のFF11ではタゲが切れなかったのでそんなトラブルが絶えず、現在のシステムに変更になったのです。体力が戻るのはレアなモンスターをハイエナ的に狙う人が多く、やはりトラブル多発。結果、緩やかに戻る→速攻戻るという風に変化していきました。

  5.  ぺそさん
    好発進なのは何よりですけど、人が殺到しすぎて全然ゲームにログインできないんですよ…。私用で一旦ログアウトしたら、人数制限で再ログインできず、結局昨日はそのままプレイ断念しました。週末にサーバー増強で対応するらしいですけど、月額料金徴収しながらプレイさせてもらえないのは困りもの。

    >MMOにハマるかどうかは、おそらくフレンドが大きく左右
    ローズオンラインも最初は「何が面白いんだこれ?」とさっぱり面白さが分かりませんでしたけど、友達ができて一緒に冒険する楽しさを知ってから急激にのめり込んでしまいました。危うく生活がローズオンライン中心になりかけたので、引かれる後ろ髪をちょん切って強引に引退。あと一歩遅れていたら、泥沼にはまっていたかも…(笑)

    >複数ジョブをMAXにした後期は釣りをしながらひたすらチャット
    いいですね~。そういうセカンドキャリアに憧れる。私も裁縫師に転職して服を作って売って生計立てて、早く血生臭い戦場から足を洗いたいです!

    >マッチョ白、いいじゃないですか
    肉体美を誇示するため、敢えて服を着せずに上半身裸で頑張っています!(どんなヒーラーだ) 防御力の高い防具を手に入れても、見た目がダサくなるなら装備しないのがポリシー。

     ディグさん
    なるほど~。謎のシステムの裏にはそういう事情があったのですね。

    でも、弓矢を装備しているときはターゲット範囲をもっと長距離にしてもらいたいですし、充分な距離を取っていても敵の攻撃が普通に届くのもなんとかして欲しい。総てのモンスターが投擲武器で攻撃してくるような感覚。ホント、弓矢の優位性が感じられないゲームです…。

    >体力が戻るのはレアなモンスターをハイエナ的に狙う人が多く、やはりトラブル多発
    FF11はどうだったのかわかりませんが、FF14だと最初の一撃を加えたものに経験値とドロップアイテム獲得権が約束されているので、いわゆる他プレイヤーによる手柄横取りがありません。弱った敵をハイエナ的に狙う輩がいてもそんなに困ることがないので、HP回復はなくてもいいんじゃないかなって思いますね。

  6. FF11も横取り不可のシステムだったので、ハイエナが発生するのはこちらがしくじって死んで占有権が切れた場合ってことなわけです。それで文句言うのも違う気がしますが、MMOは本当にいろんな人がいますから・・・あとは倒せないレベルの強敵を大人数でゾンビアタックで倒せちゃうってのを防ぐ意図ですかね。

    FF11では狩人やってましたが、途中までは「金はかかるが前衛最強のダメージディーラー」でした。本当に強くて全開でやるとタゲがはがれないのでヘイトコントールが必須でしたが、派手で楽しかったですね。かといって狩人っぽいかといわれると・・・w  しかし相手がほとんど遠隔持ってるのは確かに厳しい。FF11もそんなに優位性はなかったですが、影縫いで強敵の足を止め、離れて全力攻撃、影縫いがとけたら再使用まで死ぬ気で逃げるとかは楽しかったです。まぁ大抵お亡くなりになるパターンでしたが、大層スリルはありましたw

  7.  ディグさん
    ああ、「死んで占有権が切れた場合」ですか。そういう事態は想定していませんでした。プレイヤー同士の無用なケンカを回避するためなら仕方ない処置と言えるのかもですけど、そもそもそんなせこいことでケンカしないで欲しいですね…。

    >影縫いがとけたら再使用まで死ぬ気で逃げる
    そうそう。そんな風に有利と不利がハッキリしているバランスがいいんです。アウトレンジから一方的に攻撃ができる反面、間合いを詰められたら何もできない。ほとんど攻撃受けない反面、誤って攻撃食らったら数発で瀕死みたいな。

    今、幻術士(白魔導師)でプレイしていますけど、ヒーラーのくせにやたらとタフで、少々の攻撃ではびくともしないんですよ。こっちは上半身裸で戦っているというのに! この辺もなんか白魔導師で戦っている感が薄いなぁ。レベルが上がっていったら、もっと個性が顕著になってくるでしょうか?

  8. FF14はどうなのでしょうか。私も生活を台無しにしてしまったところがあるので、14は斜めから見ております。FF11でよく言われていた欠点として、「ソロが不可能といってもいいくらい非効率」というのがあったので、その結果なんでしょうかね。11は後衛ジョブは本当に虚弱でしたw でも、何をするにもパーティ組まないときついのは結構大変でしたね。(パーティを組むシステムに関しても14は手が入ってるようでその心配もないのかもしれませんが)

  9.  ディグさん
    FF14で生活が破綻する心配は無用だと思いますよ。何せ、プレイできませんからねっ!! 日曜日、月曜日とこの2日間1秒たりともプレイできない状況。もうボタン連打のログイン作業は飽きました…。

    >何をするにもパーティ組まないときついのは結構大変
    まだ序盤であるせいか、ソロプレイにまったく不自由さがないですね。街中を歩いてても、パーティーのお誘いシャウトがほとんど聞こえてこないので、大半の人がソロでやってるのかも?

    私もリンクシェルでチャットはしているものの、戦うのはいつも1人ぼっち。