【FF14】ひもねす針仕事

満を持して裁縫師に転職。与えられた記念すべき初仕事は、モコ草を使って草糸を作り出すという軽作業。最初はただ作業ボタンを連打するだけで超つまらなかったんですが、ここに「加工」の要素が加わると急激に裁縫の世界は奥深くなり、面白味が出てきます

どの製品も完成させるだけなら然程難しくないものの、「どうやったら高品質(HQ)アイテムに仕上げられるか」に腐心し始めれば、一気に複雑さが増すんですね。まず頭の中で設計図を作るように完成までの工程を思い描き、素材の耐久度を睨みながら、効率よく状況に応じた適切なスキルを駆使。安全性を考慮しつつ、それでいて限界ギリギリまで加工するのが腕の見せ所。単純ながらホント良く出来ているシステムだと思いますよ~。

園芸師時代に集めた素材を用いながら、自分の装備を1から自作できるのは実に楽しい。自給自足するだけでなく、マーケットに出品することで自作アイテムを買ってもらうことも可能。自分の作ったアイテムが誰かの役に立っている、それを感じるだけで掛け替えのない幸せに包まれるんですよ~。

やがてその快感は金儲けの快感へと移行(笑) 足繁くマーケットに通い市場の動向をチェックしながら、今何が最も売れ筋なのかをしっかり見極める。供給がだぶついて価格が暴落している商品は絶対に取り扱わないよう注意。出品者が少なければ多少高額でも買ってもらえる傾向にありますので、ニッチな需要を満たす商品に照準を絞り、高い利益率で売り捌ける商品の量産に入るのです!

その代わり価格は市場最安値。他店より1円でも高けりゃチラシ持ってこいの勢いで、できるだけ在庫は抱えない。最初はコットンシェパードスロップという脚防具が880ギルの価格設定で飛ぶように売れましたので、相当荒稼ぎさせてもらいました(笑) 原材料は綿布×2+綿糸+草布なので原価的には約136ギル。これは笑いが止まりませんな!

でも、他の裁縫師に目を付けられてしまうと、あっという間に出品数が増えて価格競争が起きるため、そうなったらすぐさま撤退。成功体験に縛られず、売り上げが鈍化すればさっと手を引くのが商売の基本。また次の売れ筋商品を市場調査して、高値で買ってもらえそうな商品の製作に取り掛かるのです。

クラフター人生は予想以上に楽しく、もうどっぷりとはまってしまいました。今では裁縫師以外の他のクラフター業にも手を出したくなって、木工師を兼任でやり始めようかと思案中。もう世界を救うとか悪の魔王を倒すとか、そんなのはどーでもよくなりました

ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア

ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア

定価:¥ 4,104

Amazon価格:¥ 9,500

カテゴリ:DVD-ROM

発売日:2013-08-27


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL