青レビュー「円交少女2 -JKアイドル真鈴の場合-」

タイトルに円交とありますが、テーマとなっているのはアイドルの枕営業(色恋営業)。主人公黒川真鈴は遊ぶ金欲しさに春をひさぐのではなく、芸能界での名声を勝ち得るためその若く美しい肉体を差し出す。需要切れのジュニアアイドルから始まり、グラビアを経て、本格的アーティストに転身するという壮大な夢を、自分の身一つで成し遂げていく痛快サクセスストーリーです。

レビューの続きを読む

円交少女2~JKアイドル真鈴の場合~

円交少女2~JKアイドル真鈴の場合~

定価:¥ 2,592

Amazon価格:¥ 2,200

カテゴリ:DVD-ROM

発売日:2017-11-24


この記事のトラックバックURL
  1. 浅生さんのエロゲレビューを、久しぶりに見れて大変嬉しいです。

    若かった昔はメインヒロインには貞淑性の高い娘を希望していましたが、(円盤割ってエルフに送り付けてたりしてないです。ただ、より他のヒロインの方が魅力的に感じていただけです。ホントです。)こうゆう打算的な女性のストーリーに興味出てきたのは、私も色んな意味で社会に毒されてきたなあと実感しました。
    システムは『Quartett!』 のFFDの動かないverみたいですね。もうフルプライスでプレイ時間があまり長いエロゲをやるのが、しんどい年になってきたので、こうゆうゲームのレビューを見ると購買意欲を掻き立てられます。
    システムやプレイ時間、値段等も昔の主流だった高く長くから、安くルート一本で終了するようなお手軽なものが増えてますね。
    これも購買層の年齢が上がって、社会人がメインになってきているからでしょうか。
    こうしてみるとエロゲも進化というか移り変わっていっていると実感します。

    • スパムフォルダに振り分けられてしまっていまして、気付かず返信が遅れて申し訳ありません~。

      貞淑性の高いヒロインが好きなのは全然いいんですけど、下級生2の件がそうであったように、貞淑でないヒロインに攻撃的になるのが困る…。5人ヒロインがいると、5人とも処女じゃないと怒り出す人が多かったので、いわゆる処女厨と呼ばれる人たちのことは苦手に感じていましたね~。

      >システムは『Quartett!』 のFFDの動かないverみたい
      あ、まさにそんな感じ。あれはアニメーションや演出に労力がかなり必要で真似が難しかったでしょうが、吹き出しシステムぐらいなら他でも簡単にやれそう(特許を取られてなければ)。是非、他もやってほしいです。

      >高く長くから、安くルート一本で終了するようなお手軽なものが増えてます
      こういう手軽なものが増えてきますと、これからも何本か気まぐれにプレイしたくなってきます。重厚長大なエロゲは、次のRance10で終わりになるでしょうけどね。

      個人的なアイディアとして持っているのは、ヒロインのばら売り。通常のエロゲなら、4~5人いる攻略ヒロインを1人ずつの課金制にすればいいんです。課金額によってどのヒロインが人気あるかも明らかになりますし、「人気上位のヒロインは次回作にも引き続き登場する」とすれば、課金にも熱が入るでしょう。どうしても自分が贔屓にしたいヒロインがいれば、1人でそのヒロインのルートを複数買いすればいい(笑) そんなAKB的な商法はダメでしょうか?

    • いえいえご返信頂き有難うございます。

      下級生2の事件の影響でストーリー性の高い作品は、処女以外生息出来ない時代ありましたね。。。(メインヒロインはおろか、サブヒロインの未亡人ですら処女。)
      その頃に比べてこうしてカラダを売る娘を、メインで作ったのは業界も顧客も大人になってきたんでしょうね。(メーカーは、一部の声の大きいクレーマーの注文に左右されない。購入者も年齢が上がって世間を知ってクレームをつけなくなった。)

      >個人的なアイディアとして持っているのは、ヒロインのばら売り
      分かり易くていい案と思います。これだけ業界が縮小しているので、作り手により多くの収入が入るようにする。作り手は、より多くの課金してもらったヒロイン・ルートを別の側面で作る。そうしていい循環になっていたら、良いですね。
      いずれにせよ、エロゲ関係で有名な人や実力のある人がほとんど、ラノベやアニメ等他の媒体に移動しているので、せめてエロゲに片足置いてもらえるような、仕組みになることに願ってやみません。

      >これからも何本か気まぐれにプレイしたくなってきます。
      もし、他にもプレイされてたらレビューお待ちしております。特に「魔法使いの夜」とか。「うみねこ」とか。「ホワイトアルバム2 cc」とか。(ウィンドウ式AVGなので難しいと思いますが、最後なので図々しくお願いさせてください。m(_ _)m)

    • 私がエロゲから離れている間、なんかJK援交モノがやたらと増えているような(笑) 昔はほとんど見なかったギャル系ヒロインも増えていますし(これはアニメでも)、ターゲット層が上方修正された印象は受けますね。

      でも、本来エロゲは「大人向け」であるべき。18歳未満は買えない商品のくせに、なぜか学園ラブコメ縛りで中高生をターゲットにしているような作品ばかりなのがおかしい。もっと18歳以上の大人が楽しめる内容のエロゲを作るのが自然ですよ。

      >エロゲに片足置いてもらえるような、仕組みになることに願ってやみません
      そう思いますよ~。時代に即して変化を受け入れていかないと、ただただジリ貧になっていくだけ…。もう一度大きな波を起こしてほしいものです。

      ヒロインばら売りのもう1つのメリットは、非処女ヒロインも堂々とねじ込めること(笑) 非処女嫌いな人は、自分の買ったエロゲに非処女ヒロインが1人でも混じっていると烈火の如く怒り出しますが、ヒロインばら売りならそんな悲劇はなくなります! 嫌なら、処女ヒロインだけに課金すればよろしい。同じ作品でも、ヒロインごとに棲み分けができるので、幅広いユーザー層を獲得できる気がします。

      >他にもプレイされてたらレビューお待ちしております
      そういえば、「WHITE ALBUM2 EXTENDED EDITION」が今日発売でしたね。これは何かの縁…!? とはいえ、プレイするにしてもRance Xのあとになるでしょうけど。

  2. 久しぶりのえっちなゲームレビューかな、ありがとうございます
    レビュー読む限り、登りつめたENDの方が確かにスッキリしてますね
    マイナスの形で終わる物語って今の風潮では珍しいような

    ところで、浅生さんはソシャゲされていますか?
    FGOの勢いが最近特に強い気がします

    • このエロゲと同時期に「帝一の國」という漫画を読んでおりまして、立身出世モノの楽しさを改めて感じていたところ。それだけに、円交少女2も挫折はあろうとも最後は高みに登り詰めるラストであって欲しかったです。一応、完全なバッドエンドではなく、それなりに救いのあるエンディングではありますけどね。

      >浅生さんはソシャゲされていますか?
      いくつかやっていますが、いわゆるメジャージャンルじゃないものばかりですから、周りと会話が合わなくて(笑) Fate好きとしてはFGOは押さえておきたいところですが、どうもついていけない感じです~。

  3. 枕営業って運産まれ才能以外の、努力してチャンスを得る手段なんですよね
    アイドルアニメとかって基本的にチャンスそのものがシステムとして組み込まれていることが多いので
    チャンスの少ない現実ではなかなかに涙ぐましい努力ともいえます

    ただアイドルというくくりにおいてこの手段はスポーツのドーピングみたいなものなので
    作った人がどこかで歯止めをかけちゃったのではないかと
    あと絵的に汚くないのがいいですね、身体マジックとかないのもそうですが
    エロCGでおっさんがあそこの毛をそっているという清潔感

    アイドル……プリパラ……終わ…………う゛っ!

    • アイドルが売れるための努力となると、自己鍛錬以外にこれといった手段がないですからね~。自己鍛錬しても売れることに直結するとは限らないですし、結局のところ、運やコネといった自分じゃどうにもならない要素で大きく左右しがち。M-1グランプリのような、自力で売れる道筋がアイドルにも存在すれば、枕営業なんか必要なくなるんですけど…。

      >絵的に汚くないのがいい
      恋泉天音さんの絵がめちゃくちゃよかったです! ルックスだけじゃなく、身体つきもセンシュアルでいい感じ。ダーティーになりがちな作風の中で、恋泉天音さんの美しいイラストの恩恵は大きい。個人的には初めて聞く名前でしたが、昔初恋1/1でも原画されてたのね。

      >アイドル……プリパラ……終わ…………う゛っ!
      うっ……ううっ……うううっ……(涙)

      終了が決まったあの日から、毎週欠かさず見ていたプリパラが見れなくなりました。終わり行くのが寂しすぎて…。いつかは覚悟を決めてたまった録画を一気に見るつもりですが…。でもやっぱり辛い…。アイカツフレンズ!の方は正直楽しみですけど…。

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。