E3 2015カンファレンス感想

今年のE3はSONYの独り勝ち! 論を俟たないところでしょう。日本人にとって魅力的と思えるビッグタイトルが次々と発表されて、PS4の盤石さを印象付けるカンファレンスでした。個人的に目にとまったソフトに短評を添えていきたいと思います。

人喰いの大鷲トリコ


生存確認。長尺のプレイ動画を披露して、ちゃんと作っているよアピールをしていましたが、本当に2016年に出せるんでしょうかね~。

アニメ調のキャラクターとリアルな背景はちょっとミスマッチな気がしましたが、美麗なグラフィックがゲーム全体の雰囲気・世界観を彩っていました。アクションは小気味良くて、単純にゲームとしても面白そう。でも主人公が年端もいかぬ少年だと、ワンダのような激しいバトルは期待できないかも…?

HORIZON ZERO DAWN


E3で発表された新規IPの中でこれが一番「プレイしてみたい!」と感じる作品でした。文明が退廃した近未来の世界で、ZOIDSっぽい機械的なモンスターを討伐する、モンハンライクな狩りゲー。肉は焼けなさそうですけど。

映像では、草むらに隠れて相手をやり過ごしたあと、こっそり近付いて獲物を狩るシーンもあり、スニーキング要素も兼備しているのがポイント高い。正直、スニーキングなくして狩りゲーを名乗ってはいけないと思う。狩りをするには、まず身を潜めて近付くことでしょ!

巨大モンスター討伐では、ワイヤーで動きを止めるギミックに萌えました。敵を縛り付けて、身動き取れなくしてから倒すのってなんかすごい好き! SMは嫌いなのに!

PS4のパワーをフル活用し、狩りゲージャンルの正統進化を果たした作品となりそう。美麗なグラフィックで、オープンワールドで、思う存分に狩りを楽しむ。本当なら、モンハンが最初に到達すべきだった地点。オリジナルが進化を止めていある間、とうとう海外作品に先を越されちゃったのは心中複雑ですが、「モンスターハンターX」なんか出して低年齢化著しいモンハンにはもう何も期待できません。

FINAL FANTASY VII


「これさえ出せばもうスクエニは用なし」とまでいわれた最後のカードをとうとう切ってきました!

発表されたティザームービーは作り方が抜群に上手かったです。ミッドガルを思わせる風景に「もしかして…!?」と思わせ、7番出口という標識に「これは…!」とテンションを上げ、そのあとの滑り台とBGMで「間違いない!」と確信させる。初見は鳥肌立ちましたよ~。

ある意味新作よりも望まれているリメイクですので、SQUARE ENIXさんは社運を賭けて、完璧なものに仕上げてもらいたいもの。発売日は2025年ぐらいかな? いやー、今から待ち遠しいな!! プラットフォーム表記はPS4となっていましたけど、多分PS5の間違いでしょうね!

シェンムー3


かねてより続編を望む声が多かったビッグタイトルですけど、ぶっちゃけみんなネタ的に持ち上げているだけだと思っていました。70億というバカげた資金を突っ込んだバカげたソフトだから、伝説になっているだけで…。それがクラウドファンディングで目標額の200万ドルを一瞬でクリアしてしまうんですから、びっくりですよ。シェンムーってリアルに人気あったの…!?

オープンワールドの先駆者として偉大な功績を残しているとはいえ、今の時代オープンワールドのゲームなんて珍しくもないですし、シェンムー3が出たところで目新しさなんて何もない気がします。それでもファンは続編やりたいものなんですかねぇ…。1も2もやっていない私にはピンと来ないなー。

UNCHARTED 4

https://www.youtube.com/watch?v=p4xy-B6a8JE
街中をカーチェイスするプレイデモは驚愕でした。もうちょっとやそっとではグラフィックの美しさに驚くこともなくなりましたが、Naughty Dogが手掛ける作品は毎度毎度目を疑うほどの驚きを味わわせてくれます。グラフィックの分野では間違いなく最先端を行っている会社ですね。

でもアンチャーテッドのリアルさって、CG技術の発展というよりは、細部までこだわりまくって作り込んでいる開発者の労力(根性)って感じ。なので、たまにグラフィッカーの方々が可哀想に思えてくる瞬間があるんですよ(笑)
https://www.youtube.com/watch?v=npWedSd8PH4
一方、任天堂の発表で気になったソフトは1つもなし。Splatoonで猛烈な追い風が吹いている今、ここで明るい未来を提示しておけばWiiUの売れ行きも大きく改善されたでしょうに、訴求できるタイトルを何も持ってこれない任天堂が不甲斐ない。こんなことなら、わざわざ1日遅れの任天堂の発表を待たずに昨日記事を書いておけば良かった~。

PlayStation4 グレイシャー・ホワイト 500GB (CUH1100AB02)【メーカー生産終了】

PlayStation4 グレイシャー・ホワイト 500GB (CUH1100AB02)【メーカー生産終了】

定価:¥ 43,178

Amazon価格:¥ 41,800

カテゴリ:Video Game

発売日:2014-10-09


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. >シェンムー
    私は2だけやったんですけど、当時はかなり夢中になれるタイトルでした。
    香港を旅してるような感覚が実際味わえたんですよね。
    町の人もブサイクなのから可愛い娘まで様々で、人が生きている感覚はGTA5以上だったと今でも思います。
    日本ではいまいちメジャーではないタイトルですが、世界でこれだけシェンムーを評価していた人がいるというのはとても嬉しいです。
    先駆者が忘れずに評価されるのは気持ちが良いですね。

    個人的には、主人公の師匠の中国人の拳法家が30才前後の美人でとても気に入ってました。
    彼女がどういう風にPS4で美しく描かれるのか楽しみです。

    • 物語的に続き物っぽいのに、2だけやったんですか(笑) シェンムー2でも発売日は2001年かぁ。その当時からGTA5のようなゲームを作っていたなんて、本当に革新的なゲームだったんだなー。

      HDゲーム時代になって、もう日本のゲームは完全にメインストリームから外れてしまったと思っていましたが、海外のゲームファンがまだこれだけ日本のゲームに熱いエールを送ってくれているのなら、諦めずに頑張ってもらいたいですよ。スマホの方が稼ぎがいいのはわかりますが、高性能なゲームも続けていかなきゃ。

      >主人公の師匠の中国人の拳法家が30才前後の美人
      紅秀瑛って人のことでしょうか? いいですね、年上の女性かあら武術を教わるのって。リサリサ先生みたい。

  2. HORIZON ZERO DAWNはこの記事で初めて知りましたが、とても面白そうですね!
    PS4は未所持で特に欲しいとも思っていなったのですが、これが出たら買ってもいいという気持ちにさせられました。
    聞くところでは、マルチよりはシングルプレイに比重が置かれているようなので、そこも気に入りました。
    モンハンの影響なのか、狩りゲーというとマルチが重要視されている傾向にある気がするんですよね。
    マルチも楽しいんですけど、出来れば一人でじっくり取り組めるゲームの方が好きなものでして。

    >スニーキング
    相手に一撃を与えるまでに少しずつ近付く過程って、妙にドキドキして楽しいんですよねー。
    モンハンは伏せたり抜き足での移動が、ゲームに直接的に活きてこなかったので割りとがっかりした覚えがあります。
    今回のムービーでは、隠れて近付くところは勿論ですが、小型の個体が鳴き声(警戒音?)を上げるのを防ぐところが特に素晴らしかったです。
    狩りの対象から身を隠すだけでなく、その他の様々な条件をクリアしつつ接近するというのはリアルでいいですね。

    >ワイヤー
    ワイヤーを用いたアクションって何故か魅力的ですよね。私もSM嗜好はありませんが、ワイヤーアクションには惹かれます(笑。
    「フリーダムウォーズ」では荊というハーミットパープルのような武器を持っていて、それをデカブツに絡めて動きを止めたり、手繰り寄せて移動するアクションが可能でした。
    私は実際にプレイしたわけではなく、友人にプレイを見せてもらったのですが、端から見てとても楽しそうでした。
    今作のワイヤーの使い方は非常に原始的ですが、それがいかにも狩りをしてる感じがしますね。

    • 海外のゲームファンからも、HORIZON ZERO DAWNは相当な驚きと賞賛で受け入れられたみたいで。欧米人は日本人より狩りゲーに興味を示さない、モンハンが受け入れられないと聞きますが(狩猟民族のくせして)、このHORIZON ZERO DAWNでその認識も変わってくる可能性はありますね。

      >マルチよりはシングルプレイに比重が置かれている
      それは私にとっても朗報ですよ。私は未だにゲームはシングル専門で、マルチプレイではほとんど遊ばないという引きこもりゲーマーなので…(笑) 知らない人と一緒に戦ったりするの好きじゃないんですよねー。

      >モンハンは伏せたり抜き足での移動が、ゲームに直接的に活きてこなかった
      モンハンもこういった原初的な“狩りの楽しさ”を追求してくれればいいものを、必殺技なんかを追加している時点でなんか変な方向に進んでいるなぁーと。まぁ、そっちの方が売れるなら仕方ないんですけど。

      >ワイヤーの使い方は非常に原始的ですが、それがいかにも狩りをしてる感じ
      感覚的には投網ですね。古来より巨大な生物を狩るときは、まず相手の動きを封じ込めてからが常道なのですから、ワイヤーで動きを止めるという行程は、仮の正しい手順だと思います。電気ショックで一時的に行動不能にするとかよりは、物理的なワイヤーで動けなくさせる方が興奮する! SMは興奮しませんが!