Astraythemの製作を再開

仙台市をモチーフにした舞台が大規模な震災に見舞われるという予言めいたストーリーのせいで、開発が危ぶまれていたChuable Soft新作Astraythem。ブランド解散まで視野に入っていたChuable Softさんの動向がずっと気になっていましたが、めでたくAstraythemの開発再開を決意されたようです。

開発再開にあたり、現地でのイベント強化にチャリティーグッズ製作、地域経済活動の促進など、被災地に対して数々の支援を約束。その上で、「地震設定及び場所設定は変更致しません」と問題となっているゲーム設定を安易に変えなかったところが素晴らしい。

ここで表現を曲げることが被災者に対する正しい配慮ではありませんからね。やるべきことをやり、曲げないところは曲げない。悩み抜いた末の決断であったでしょうが、これがベストな選択だったんじゃないかと私は思います。

チュアブルソフトは、活動休止・解散をするよりも、本作品の製作を通じた各種活動をもって復興に繋げる道を選びます。

まさにその通り。過剰な自粛で経済活動を沈滞させる方が、復興の道は遠ざかるのですから。

スイートロビンガール -Sweet Robin Girl-

スイートロビンガール -Sweet Robin Girl-

定価:¥ 9,504

Amazon価格:¥ 2,115

カテゴリ:DVD-ROM

発売日:2011-02-25


No Responses so far.