劇場版PSYHO-PASS 映画評(ネタバレ控えめ)

PSYCHO-PASS2よ、これがPSYCHO-PASSだ! 第1期スタッフが中心となって製作された劇場版PSYCHO-PASSは、正統PSYCHO-PASSとして期待以上の名作に仕上がっておりました! お話的にも1期の知識さえあれば充分楽しめるものですので、2期は見ていなくてもまったく問題なし!(笑) 1人生意気な口を叩く変な女が混じっていますが、そいつはモブなので気にしないでください!

日本のシビュラシステムがとうとう海外にも輸出され、東南アジア連合SEAUn(シーアン)のハン議長の主導で、試験的に他国での運用が始まったというのが物語のあらすじ。導入されるや否や、これまで内戦続きの無法地帯だったシャンバラフロートは、劇的な治安回復を果たし、シビュラ統治による有効性を証明してみせた。

1期・2期を通して、シビュラシステムはガバガバだの穴だらけだの(穴が開いたときの話なんだから当たり前)その必要性に疑問視する声が多数ありましたが、世界各地で紛争が絶えない中、日本だけが平和で豊かな生活を享受できている現状を鑑みれば、やはりシビュラというシステムは治安維持と福祉支援において、欠かせない基盤となっているのは間違いないんですね。

しかし現地住民には、シビュラ導入を強引に決めた政府へ反目する立場の人間も当然多い。反政府運動として各地でゲリラを引き起こす集団の中に、なんとあの狡噛慎也の姿も存在した。彼は日本でのシビュラ&ドローン対策の経験を活かして、“戦術顧問”という肩書きで反政府側に荷担。朱ちゃんは、その狡噛の真意を確かめるべく、現地へと飛んだわけです(単に狡噛さんと再会したかっただけかも)。

よって、物語の舞台は海外になるわけですが、現地での会話はちゃんと英語が使用されており、声優さんたちはそれぞれ英語のセリフを熱演されていたのが好感でしたね。ほんやくコンニャクで外国人と当たり前のように日本語でコミュニケーションできてしまうより、こっちの方が雰囲気出ていて全然いい。字幕を担当したのが戸田奈津子さんだったのは笑いましたが(笑)

今回の映画で最も凄みを感じたのは、アクションシーンの迫力と豊富さ。肉弾戦、銃撃戦、砲撃戦とその規模は様々で、日本を飛び出したからこそ実現しうるド派手なアクションシーンが、視聴者の興奮を喚起してくれます!

とにかく、バトルでの狡噛さんがカッコイイのなんの。2期ではほとんど出番がなかっただけに、久々の出演で大いに躍動。やっぱりPSYCHO-PASSには狡噛さんがいなきゃ始まらないと再認識させてくれました。

憲兵隊大佐のニコラス・ウォンが雇った傭兵デスモンド・ルタガンダとの戦いは、ハリウッド映画さながら。ついさっきまで過酷な拷問を受けて半死半生だったのに、直後にあれだけ凄まじい格闘シーンを見せられるのは、狡噛さんかジャック・バウアーしかいないよ!(笑)

朱ちゃんと狡噛だけでなく、公安局刑事課一係の見せ場もちゃんとあるから安心。危機一髪の場面にヘリで駆けつけ、ドミネーター強襲型で朱ちゃんと狡噛さんのピンチを救った宜野座さんは格好良すぎるぅぅー! このシーンでは、隣の席の女子がハンカチ片手に号泣していました。別に泣けるようなシーンではなかったと思うんですが、それ以降も宜野座さんの活躍シーンがあるたびすすり泣いていましたので、余程宜野座さんに思い入れがある人だったみたい(笑)

でも、私もこの映画で一番印象に残ったのは宜野座さんでしたね! 見た目も後ろ髪を伸ばしてよりイケメンになり、かつてはヒステリック無能メガネだった宜野座さんが、今やすっかりアクロバティック有能ポニテに(笑) 朱ちゃんを巡って「彼女は俺のものだ」といわんばかりに狡噛と争いあう、少女漫画的三角関係シチュエーションでニヤニヤ。

正義を問うPSYCHO-PASSらしい脚本に、映画として見応え充分だったアクション、人気キャラクターたちの見せ場を欠かさない活躍。楽園追放のときも思いましたけど、虚淵さんはファンが見たがっているであろう要点をしっかり押さえて、それを映画サイズの中で遺憾なく発揮できているからすごい! エンディングテーマに「名前のない怪物」をチョイスしたセンスも最高!

しかし、映画の出来がこれほどまでに良いと、逆に「PSYCHO-PASS2」の至らなさがどうしても目立ってしまいますね…。「PSYCHO-PASS2は1クールだったから…」と同情的だった自分もいましたが、2期が11話かけてできなかったことが、2時間弱の映画で全部できていたので、やっぱり擁護取り消し!(笑) ホント2期のスタッフは映画を見習ってください!

★劇場版の常守朱★


友人の結婚を祝福する朱ちゃん、仲間の頼もしさにふと顔を緩ませる朱ちゃん、2期では終始しかめっ面だったけど、劇場版では本来の可愛らしさも見せてくれたね! あと、ちょっぴりグラマラスな体型になっていたのが気になるよ! 色気なさ過ぎて1ミリもサービスにならなかったシャワーシーンも、今回はほんの少しだけ色気感じられたし! 3期では妖艶な大人の美女を目指して頑張れ朱ちゃん!

余談


映画館にて3月公開の劇場版プリパラの前売り券を購入。これでもう後戻りはできません…! この前売り券を購入するのに、どれだけ自分の中の勇気を振り絞ったことか…!

購入した際、売店のおねーさんから「前売り券の上部分はトモチケではないので切り離さないでください」と聞いてもいない迷惑な……もとい、親切な説明を受けたのですが、(トモチケ? なんのことだ…?)という怪訝な表情を浮かべて、なんとかその場を乗り切ってやりましたよ!(乗り切っていない)

PSYCHO-PASS ASYLUM 2 (ハヤカワ文庫JA)

著者/訳者:吉上 亮

出版社:早川書房( 2014-11-21 )

定価:

Amazon価格:¥ 713

文庫 ( 334 ページ )

ISBN-10 : 4150311730

ISBN-13 : 9784150311735


この記事のトラックバックURL
  1. 劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス 感想 狡噛さんはどこにいっても狡噛さんで安心した!

    新宿バルト9で視聴してきた。
    外でてすぐネタバレ会話するのはやめてほしいものだ。
    せめて、これから見る方に聞こえない場所でお願い。。。
    感動した後だから、その気持ちわか…

  1. 私も鑑賞してきました!!
    常守さんと狡噛さんのそれぞれのアクションシーンは素晴らしかったですね。
    お二人とも動く動くww
    また、宜野座さんが狡噛さんと再会するシーンも良かったですね。
    1期の宜野座さんと比べるとかっこ良さが段違いですよww

    映画全体としては、何だか物足りない気がしましたが、キレイにまとまっていたと思います。
    ただ最後に、今一つ盛り上がりに欠ける感じがしました。

    てか、毎回、シビュラはなんかやって、常守さんに怒らている感じですねwww
    常守さんがシビュラのお母さん的存在に見えてきましたよww

    >1人生意気な口を叩く変な女が混じっていますが、そいつはモブ
    その通り。今回で、盛大に逝くと思ったけど、意外にしぶといww

    >PSYCHO-PASSには狡噛さんがいなきゃ始まらない
    その通り。3期があるなら、ぜひ公安メンバーに狡噛さんを戻してほしいですね。

    • アクションシーンのクォリティは、Production I.G様様ですね。タツノコプロじゃこうはいかなかった。タツノコプロはもうプリパラだけに集中してください! 

      3期があるとすれば、宜野座さんと狡噛さんがライバル関係となって争い合うストーリーも面白いかもしれませんね。ヒロインの朱ちゃんを巡るイケメン同士の啀み合いですよ(笑)

      >毎回、シビュラはなんかやって、常守さんに怒らている感じ
      普段は亭主関白を装って偉そうなシビュラですけど、朱ちゃんがマジギレするとすぐに弱気になってシュンとなりますからね(笑) シビュラを尻に敷いてしまっている朱ちゃんこそ最強! なんだかんだで、シビュラと朱ちゃんはいい関係なのかもしれない。

      >今回で、盛大に逝くと思ったけど、意外にしぶとい
      まぁ、2期を代表する霜月ちゃんがいなくなると、本気で2期が“なかったこと”になりかねないですからねぇ。3期があったとしてもなんだかんだでしぶとく最後まで生き残るんじゃないでしょうか。憎まれっ子世に憚れ!

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。