CATEGORY スポーツ

スポーツ

ラグビーワールドカップ2015 日本代表は3勝を飾るも1次リーグ突破ならず

ラグビー初観戦が、日本スポーツ史上最大のジャイアントキリングと呼ばれる南アフリカ戦での勝利でした。ラグビーに関してはルールすら知らないまったくの無知で、南アフリカがどれだけ強い国なのか、日本代表が過去と比べてどれだけ成長したのか、そういった背景を知らないがゆえに、最初は成し遂げた奇跡の価値を真の意味で理解できていなかったのですが、NNKの実況アナウンサーが感無量のあまり泣き声になっていたところで、その偉業の大きさだけは伝わってきました。

スポーツ

2015プロ野球全日程が終了。最終戦で阪神タイガースがセリーグCS出場決定!

CS出場をかけた最後の直接対決で、広島に完膚なきまでに叩き伏せられた阪神が、まさかのCS進出決定。どうやら勝者広島は急遽腹痛を起こしたため、CSを辞退せざるを得なくなったようですね。この最終戦の呆れかえるほどのぐだぐだ感がまさに今年のセリーグを象徴していました。

スポーツ

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2015 Jリーグ王者ガンバ大阪がKリーグ王者全北に劇的勝利で準決勝進出!

Jリーグの地盤沈下が叫ばれる昨今、2014年に成し遂げた国内三冠という偉業を確かな価値にするためには、ACLという舞台で結果を残すことが絶対条件。特定のクラブをディスるつもりはないですけど、いくら1stステージ全勝優勝を果たしたと言ったって、ACLで惨敗していたら何の価値もないんですよ。自分たちが成し遂げた「Jリーグ優勝」という価値を高めるためには、自分たちがアジアの頂点に君臨して、Jリーグの価値を証明するしかないのです!

スポーツ

2015NBAファイナル ゴールデンステイト・ウォリアーズが40年ぶりのファイナル制覇

カリー&トンプソンのスプラッシュブラザーズ擁するゴールデンステイト・ウォリアーズ(GS)と、古巣復帰1年目となるスーパースターレブロン率いるクリーブランド・キャバリアーズ(CLE)が対戦。私はステフィン・カリーが好きなので、応援していたのはGSでした。超クイックリリースからの高精度3Pには惚れ惚れしますよ。「こら、適当に打つな! そんなの入るか!」と思ったシュートがすぱすぱ入っちゃうんですから~。

スポーツ

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2015 ガンバ大阪が城南FCとの一戦を制し、グループ首位突破を果たす!

ACLグループステージ最終戦。絶望の2連敗スタートでいきなりあとがなくなったガンバは土俵際から息を吹き返し、この城南FC(韓国)との戦いに勝てば予選突破が決まるという状況まで持ち直しました。天国と地獄を左右する大事な大事な一戦。私もスタジアムに足を運んで現地観戦してきました。おかげで、劇的な逆転勝利で突破を決めるという最高の試合を観させてもらいましたよ!!

スポーツ

キリンチャレンジカップ2015 日本2ー0チュニジア ハリルホジッチ初陣を勝利で飾る!

やっぱり、本田と香川と岡崎。役者が違うという感じですね~。本田を外せだの香川を外せだのがなり立てるのは、如何に感情に振り回された空虚な批判であるかを証明するような試合でした。他の選手と比較して、個のレベルが明らかに違いますもん。

スポーツ

プロ野球2015シーズンが開幕! セリーグ順位予想

いよいよ明日、プロ野球2015シーズンが開幕! 私の中でJリーグは既に閉幕しましたので、今年はプロ野球を思いっきり応援しますよ! 野球は中国や韓国にぼろ負けするような無様な醜態は見せないから安心だよね! そこで各球団(セリーグ)の分析を添えながら、今年のプロ野球の展望を占ってみようと思います。にわか知識なので、あまり本気にはしないでください。

スポーツ

サッカー日本代表次期監督として、ヴァヒド・ハリルホジッチ氏と合意

世界的に知名度があって~、強豪クラブを率いた経験があって~、日本のことをよく知っていて~、ワールドカップで結果残していて~、でも年俸は高すぎなくて~。非モテをこじらせた高齢の男女ほど、婚活で相手に求める条件は厳しくなるものですが、日本の代表監督選びも似たようなもの。でも、その身の程を弁えないワガママを叫んだ甲斐がある人材と運良く巡り会えた気がします。

スポーツ

FUJI XEROX SUPER CUP2015 ガンバ大阪が浦和レッズを下して優勝を飾る!

Jリーグ開幕に先駆け、前年のリーグ王者とカップ王者同士が雌雄を決する頂上決戦(リーグもカップもガンバが王者だったから、レッズはオマケだけどね!)。47,666人の大観衆で大きく盛り上がっていましたが、両クラブとも先日ACLで無様な敗戦を喫したばかりであるだけに、個人的にはややテンション下がり気味で…。

スポーツ

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2015が開幕。Jリーグ勢の緒戦は全クラブ未勝利に終わる

JリーグがACLで無様な姿を晒すのはこの季節の風物詩のようになってきましたが、まさかこんな最低のスタートを切るとはね…。Jリーグ開幕を目前にして、そのJリーグのトップクラブが揃いも揃ってこんなを醜態を晒していたら、誰もJリーグなんかに興味持たなくなっちゃいますよ! 本当に情けない!!

スポーツ

SUPER BOWL2015 ニューイングランド・ペイトリオッツが優勝!!

劇的VS劇的。両チームともスーパーボウルに至るまでの道程はあまりに劇的でした。二度の14点差を追いつき大逆転勝利を果たしたペイトリオッツ。オンサイドキック成功から信じられない奇跡を連発したシーホークス。いずれも後世に語り継がれる名試合を経て、この最高に舞台へと辿り着いたのです。そして、そこで待ち受けていたのも、また劇的すぎる試合でした。

スポーツ

AFCアジアカップ2015準々決勝 日本1(4)ー1(5)UAE

連戦続きで中2日という過酷な日程。この状態で日本代表に万全なパフォーマンスを望むのは難しい。それでもスタメンは4試合連続で変えてこないアギーレ監督。出し惜しみなく交代カードを早めに切ることで対応はしていましたが、その早すぎる交代が土壇場になって響いてきたと言えましょうか。死に体だったUAEにPK戦まで持ち込まれ、無念の敗退を喫してしまいました…。

スポーツ

AFCアジアカップ2015グループステージ 日本2ー0ヨルダン

日本とヨルダン、どちらが強いチームであるかは素人目でも一目瞭然。ですが、アジアとの戦いは「勝ちきる」難しさがあり、そこが面白さ。万全でないピッチ、ラフなタックル、怪しい審判のジャッジ、こういった劣悪な環境でタフに勝ち抜くことによって、日本に欠けている勝負強さが磨かれていくのだと信じたいですね。

スポーツ

AFCアジアカップ2015グループステージ 日本1ー0イラク

まずは遠藤選手、国際Aマッチ通算150試合出場おめでとうございます。世界記録まであと35試合ですか。さすがにそこまでは無理……と思いつつ、あと2年ちょい頑張れば届くかもしれない記録のようなので、あり得ないとは言い切れないですね(笑) 遠藤なら、何事もなく飄々と世界記録を達成してしまいそうです。

スポーツ

AFCアジアカップ2015グループステージ 日本4ー0パレスチナ

選手選考に関して不満だらけだったアギーレ監督ですが、さすがに勝利が義務づけられたアジアカップではしっかりベストメンバーを組んできましたね。宇佐美を呼んでいない時点で、まだ私はアギーレを信じていないのですけど、そこを議論し出すと長くなりますので、とりあえず今回はいいでしょう。

スポーツ

2014Jリーグアウォーズ 最優秀選手賞に遠藤が輝く!+今年のJリーグを振り返って

昨年J2でMVPを獲得した遠藤が、今年はJ1でMVP! 今年の最優秀選手賞は複数の候補があり、決め手が難しかったと思われますが、私はこれが最も無難な選択だったと思います。アシスト王というわかりやすい指標もありますし、文句のない選出でしょう。ずっとJリーグで超一流であり続ける遠藤が、一度もMVPをもらったことがないというのもどうかと思いましたしね~。

スポーツ

2014Jリーグ 最大勝ち点差14をひっくり返し、ガンバ大阪が奇跡の大逆転優勝!

昨年はJ2で燻っていたガンバ大阪が、ワールドカップ中断前は16位と降格圏で低迷していたガンバ大阪が、終盤神懸かり的な追い上げを見せ、遂に成し遂げたJ1制覇!! 2008年に最大13ゲーム差を大逆転した読売ジャイアンツを超え、最大勝ち点差14をひっくり返したガンバ大阪のメイクレジェンドが、今完結しました!! やったーー!!

スポーツ

2014Jリーグ第33節 ヴィッセル神戸を破ったガンバ大阪が首位に躍り出る!

首位浦和レッズが、サガン鳥栖相手にアディショナルタイムでまさかの同点ゴールを決められ痛恨のドロー。GK林がオーバーラップまでしてくる正真正銘ラストワンプレイだったのに、これで引き分けに追いつかれてしまったのはまさに悪夢。しかしそのおかげで、遂に、遂に、最終節を目前にして、ガンバ大阪が首位へと躍り出ましたっ!!

スポーツ

2014Jリーグ第32節 ガンバ大阪が浦和レッズを敵地で破り、優勝の望みを繋げる!

2014年Jリーグの優勝を賭け、首位浦和レッズと2位ガンバ大阪が直接対決を果たした天王山。両チームの勝ち点差は5で、この試合を含めて残り3試合。今日浦和レッズが勝てば文句なしに優勝決定ということで、その歓喜の瞬間を見届けようと、埼玉スタジアムに6万人の大観衆が集結しました。 

スポーツ

ナビスコカップ2014 ガンバ大阪がサンフレッチェ広島を制して二度目の戴冠!

目指すのは優勝じゃない。観客を魅了しての優勝や! 前半で2失点を喫する苦しい立ち上がりながらも、持ち前の攻撃力で試合をひっくり返して大逆転という、実にガンバ大阪らしいドラマティックなナビスコ制覇でした。そのタイトル、獲ったったで!!