ゲーム
60

WiiUが失敗に終わってしまった任天堂が起死回生を狙う新型ゲーム機、NINTENDO SWITCHが発表されました。コンシューマーゲームと携帯機を融合してしまうというコンセプト。後出しジャンケンで申し訳ないですが、私も以前からコンシューマー機と携帯機はさっさと統一してくれと思っていました。家の中と外で別々のゲーム機を起動するなんてバカらしい。同じゲームを2個買わせてクロスセーブ機能などもっとバカらしい。

今までにない圧倒的な没入感で、次世代ゲーム体験の要とも噂される昨今話題のバーチャルリアリティ。それをPS4上で実現するPlay Station VRの体験会が6月16日から全国10都市で始まりましたので、私もソニーストアで初VR体験してきました。

近年のE3と比べると、サプライズ要素控えめ。XBOX ONEの新型(薄型)がお披露目されたのはそこそこ大きなトピックだったかもしれませんが、日本においてXBOX ONEは既にニュースバリューを持たないですしね。任天堂は既報のゼルダとポケモンしか出てこなくて、必然的にPS4の新作ソフトお披露目会みたいになっていました。

とうとうアイカツ!のスマホゲーム、アイカツ!フォトonステージ(通称フォトカツ!)が正式リリース! 待ってました! いや、待ってなかった! 待ってたけど待ってなかった! アイカツ!ファンとして、歓喜と恐怖が錯綜する複雑な気持ち! 輝ける闇ともいえる禁断のゲームに、手を染める瞬間が来てしまった…!!

昨日の私の熱い想いが通じたのか、10連ガシャ回したらほしかった前川みくと諸星きらりが両方出ました。ありがとうございました。

先行のAndroid版から1週間遅れで、ようやくiOS版がリリースされましたので、私もプレイを始めることができました。自分のスマホはAndroidなので、iOS版が出るまでわざわざ待たなくても良かったのですが、どうせならiPadの大きな画面でやりたいと思い、iOS版が出るのをずっと待ち続けていたのです。

新作ドラクエ11の発表会。気になるは内容よりも、対応機種。勢いを考えるとPS4は外せないと思うのですが、PS4では開発費が高騰する上に、日本ではまだそんなに普及していないのがデメリット。ドラクエは海外売り上げがあまり見込めないだけに、PS4専用というのはちょっと考えにくいかなと。なので、PS4/PS3にWiiUを加えたマルチ展開になるんじゃないかと密かに予想。コンシューマーゲーム自体が斜陽の今、SONYか任天堂かにこだわっている場合じゃなかろうと。

今年のE3はSONYの独り勝ち! 論を俟たないところでしょう。日本人にとって魅力的と思えるビッグタイトルが次々と発表されて、PS4の盤石さを印象付けるカンファレンスでした。個人的に目にとまったソフトに短評を添えていきたいと思います。

鮮烈だった3日前のNintendo 3DS Directと比較すると、本日SONYが行ったSCEJA Press Conferenceはガッカリ。今週日本で発売を迎えるXBOX ONE牽制のためのPS4新サービス、3DS相手に苦戦が続くVITAのてこ入れ(新型or値下げ)なんかは絶対あるものだと思っていたのに、蓋を開けてみれば「テーマが実装されます!」だもんねぇ。

Nintendo 3DS Directにてよもやの新型3DSが発表。「NEW」の冠に恥じない大小様々な改善点がありましたが、目玉といえるのは3Dブレ防止機能・右スティック追加・CPU性能向上の3つでしょうか。

昨年はPlay Station4とXBOX ONEの両次世代機詳報で大いに盛り上がりましたが、今年のE3はその次世代機の未来を方向付けるソフト戦略が主。各社、続々とビッグタイトルを打ち出して、自社ハードの優位性をアピールしていました。個人的な主観で良かった順番を付けるとするなら、任天堂>Microsoft>SONYという感じですかね。

PS4でtorneが解禁! でもtorneは使えません! 使えるのはnasne! torneが解禁なのにtorneが使えなくてnasneが使えるようになったという混乱を招くややこしいニュース。

PlayStation4初回版に同梱されているKNACKをダウンロードしている間に、Storeにある体験版を片っ端からプレイしてみました。

とりあえず本体だけ予約して、ソフトは何を買おうかな~と迷っていたら発売日になってしまいました。逆に言えば、欲しいソフトがないのに本体だけは発売日に購入するというSONYファンの鑑!

早くも200万ダウンロードを突破して、話題沸騰中のドラゴンクエストモンスターズ SUPER LIGHT。ところが、仲間のレアモンスターを手に入れるための「まほうの地図ふくびき」(ガチャシステム)の確率が低すぎると不満が噴出。そこでメーカーのSQUARE ENIXは、システムの全面リニューアルに伴い、これまで福引きに注ぎ込んだジェムを総て返還するという大胆な対応に出ることを発表しました。

海外ではとっくに発売されているのに、お膝元の日本では2月22日までお預けという舐めた商売をしているSONYに腹立たしさを憶えつつも、やっぱり純粋に発売が待ち遠しいPS4。なんばCITYガレリアコートにて試遊会が行われていましたので、参加してきました。

31勝11分4負という好成績で勝ち点104を叩き出し、ガンバ大阪がぶっちぎりでJ2優勝を成し遂げました! やはりJ2にガンバ大阪の敵はなし! これがガンバ大阪の実力ってもんですよ! ガンバ大阪最強! わっはっは!!

ガラケーからスマホに変遷して業績が悪化したGREEのように、コットン製品中心に財を成した我が商売も、ベルベット製品に手を出し始めてからは転落の一途。売価はコットン製品から大して伸びたわけでもないのに、原価が恐ろしいほど跳ね上がってしまったため大赤字なのです…。

自作アイテムは飛ぶように売れ、貯蓄と共に裁縫師LVもうなぎ登り。FF14を始めて、間違いなく今が一番充実しています(笑) やはりクラフターこそ天職! 私はこのまま部屋に引きこもって生きていく!! サヨナラ俗世!

満を持して裁縫師に転職。与えられた記念すべき初仕事は、モコ草を使って草糸を作り出すという軽作業。最初はただ作業ボタンを連打するだけで超つまらなかったんですが、ここに「加工」の要素が加わると急激に裁縫の世界は奥深くなり、面白味が出てきます。

イフリート撃破を果たし、ようやくアイテム管理を任せられるリテイナーを雇うことが出来ました。これでいよいよ裁縫師転職への準備は整ったのですが、転職する前にやりかけだった仕事だけは片付けておきたい。

メインクエストを進行させてサスタシャ・タムタラ・カッパーベルと次々レベリングダンジョンを攻略。最初はパーティーバトルに緊張しまくっていた私も徐々に余裕が生まれてきて、上達してきた実感が出てきました。そろそろ初心者マークを外してもいい頃でしょうか(一番事故起こしやすい時期)。

インスタンスダンジョンのプレッシャーで精神をすり減らしてしまった私は、再び農具を手に取り、のんびり耕作しながら療養する毎日。服装も園芸師用の装備を取り揃え、段々それっぽい雰囲気が出てきました。ていうか、アルムのおんじみたいになってきましたね~。このまま戦場には戻らず、山にこもっていようかな(笑)

ここ最近、路上を裸で歩いている非常識な輩がやたら目に付くんですよ。いくらオンラインゲーム上とはいえ、公共の場でそういうふしだらな格好でうろつかれるのは感心しないんですけど、どうやら今、紅蓮祭というイベントで耐熱装備(水着)がもらえるキャンペーンをやっているから、そのせいみたい。

天然要害サスタシャ浸食洞で初のインスタンスダンジョンに挑戦。最初は何のことかわからなかったんですが、要するに4人パーティーを作ってみんなでダンジョンを攻略するクエストなんですね。てっきりボスとのバトルをサクッと1戦こなすだけかと思っていたんで、まさかこんな大冒険が繰り広げられようとは想定外。心の準備が全然整っていなかったですよ。

北米での発売が2013年11月15日なのに、日本は来年2月22日に発売って…。一体どこの国のゲーム機なのやら。値段は最低でも40,000円以内に抑えてくれるかと思いきや、42,000円。カメラ付き46,179円ってことは、あれだけ割高イメージがあったXBOX ONEと大して変わらないじゃないですか~。見事に裏切られた感じ。

SCEプレスカンファレンスの冒頭と締めで発表された両新機種。まずは新型VITAですが、まるでお話にならないですね。微妙に軽くなってバッテリー持ちが良くなったとはいえ、自慢の有機ELを廃止して普通の液晶にパワーダウンさせてしまうとは。「でも、お安いんでしょう?」「いえいえ、お値段据え置きの19,929円(こっそり値上げ)なんです!」 …頭おかしい。

想定を超える人気ゆえに、人が殺到してログインファンタジーと化していたFF14。そのせいで、日曜・月曜は1日たりともプレイできず、昨日は強制ログアウトのあと1時間粘っても再ログインできないという有様でしたが、4日のサーバー増強と大型メンテナンスのおかげで、ログイン作業をたった10分繰り返すだけで入れました! 感激!

老体にはそろそろ戦場の風が染みる頃。もう日夜戦いに明け暮れるような歳でもありませんので、お爺ちゃんらしく園芸でも始めようかなと。実益を兼ねた趣味を持つことで、充実したセカンドライフを送りたいのです。

クエストこなすためソロで狩りをしていた最中、どこからともなく聞こえてきた「help me」の声。何事かと思って辺りを見回してみると、見ず知らずの男が行き倒れているではないですか! 幻術士の私はすかさず蘇生魔法レイズを唱え、その見ず知らずの男を救ったのでした。