きょうは会社休みます。書評

地味な風貌と真面目な性格ゆえに、ずっと男っ気なしのまま気付けば33歳の誕生日を迎えてしまったこじらせ女子。未だまともな恋愛を経験したことがないアラサー処女が、22歳の若きイケメンと恋に落ちるという年の差ラブストーリー

この作品、結構読者の間でも賛否が分かれていまして、Amazonのレビューでは評価が真っ二つ。否定派の主な意見は、主人公の青石花笑(あおいしはなえ)は33歳といういい年した大人でありながら、子供っぽすぎて共感できないというもの。確かに彼女は恋愛スキルが未熟という点を差し引いても、年相応とはいえぬ幼稚さがあります。女性視点だとそこに苛立たしさを感じやすいと思いますが、男性視点だとむしろ逆に愛おしさに感じるかもしれません。私は花笑さんの純な健気さはフツーに大好きですね。見た目も綺麗でメガネだし(性癖)。

それに子供っぽいといっても、決して無思慮なガキっぽさではありませんから。初めてできた若い彼氏に現を抜かし、色欲に溺れているだけの浅はかな女であれば悪い意味で「子供っぽい」と言えますが、花笑さんは現状の幸せにただ浸っているだけでなく、自分の年齢や立場、世間体などを人一倍気にしながら、常に現実との問題に向き合っている

彼にとっては単なる遊びなんじゃないか? でも、せっかくのチャンスを逃したくない。本当は同世代の若い女子の方がいいんじゃないか? でも、いい年して嫉妬していると思われなくない。将来のことは真剣に考えてくれているんだろうか? でも、重い女と思われたくない。傍目からはラブラブで順風満帆な交際を続けているカップルに見えても、花笑さんの中では常に焦燥や不安があるんです。33歳という大人の女性が、実年齢とのギャップを抱えながら、一回り年下の彼氏と慣れない恋愛に奮闘している姿は、むしろ好意的に感じる部分ですよ。

あと、彼女が反感を持たれやすいもう1つの理由は、お相手の彼氏があまりに分不相応な超絶イケメンだからでしょう(笑) 33歳の女性が22歳の男子学生と付き合うということ自体は、それほど夢見がちな設定とも言えないですけど、この彼氏がまた男として何から何まで完璧すぎるとんでもない奴なんでねぇ~。

スーパー爽やかイケメンでありながら、決して驕らず偉ぶらず、誠実で、礼儀を弁えた、どこに出しても恥ずかしくない好青年。年若いながら男らしく頼りがいもあり、自分の考えを物怖じすることなく口にできる優柔不断とは無縁の男。どこを突っついてもパーフェクトすぎるイケメンです。ここまでスペック高すぎたら、「鼻毛を集めるのが趣味」とか、そういうド最低な趣味でもないと釣り合いが取れませんよ~(笑)

何より、彼は「優しさ」が半端ない。花笑さんは自分が一回り近く年上であることに引け目を感じていて、どうしても弱気になったり、卑屈になったり、遠慮がちになったりすることがあるんですが、彼はそういった花笑の奥底にある感情も総て見通した上で、いつも柔和な笑顔と甘い言葉で優しく包み込んでくれる。こんな男が実在するのなら、男だって付き合いたくなるに違いない!(笑)

このような超絶イケメンに見初められただけでも身に余る僥倖だといえるのに、花笑さんは更に、会社経営しているリッチなセレブ男性(朝尾侑)からも熱烈求愛されるようになりますので、こうなるとちょっと話のご都合が過ぎるんじゃないかとツッコミを入れたくなってきます。今まで男性から見向きされてこなかったアラサー女性が、急に超優良物件の男性の間で取り合いになるのはねぇ…

そもそもこの漫画の面白さは三角関係に揺れる恋模様なんかより、年下男子と付き合う上で直面する様々な苦楽を共に乗り越えていく過程の面白さなので、恋のライバルキャラは不要だったと私は思うんです。

これじゃあ、「冴えない男が突然美少女に言い寄られるハーレムアニメの男女逆転バージョンじゃないか!」と指摘されても言い返せないのが悔しい。ただ1つ弁護させてもらうのなら、花笑さんはこの恵まれた境遇が自分にとって過分な幸福であることをちゃんと自覚しているってことですよ。エロゲやラノベの主人公も、「俺みたいな何の取り柄もないクソヘタレ野郎に、あんな不釣り合いな美少女が好意を持ってくれるなんて!」と大喜びしていたら、まだ可愛げがあって好感持てるのに(笑) 奴らは美少女から好かれても、「やれやれ」と煩わしそうな態度でちっとも嬉しがりませんからっ!

なお、この作品は10月15日の夜10時から日テレ系列でドラマ化されます。主演、つまり青石花笑役は綾瀬はるか。綾瀬はるかが三十路まで処女という設定は無理ありすぎぃぃぃ!!

きょうは会社休みます。 1 (マーガレットコミックス)

著者/訳者:藤村 真理

出版社:集英社( 2012-04-25 )

定価:

Amazon価格:¥ 453

コミック ( 141 ページ )

ISBN-10 : 4088467698

ISBN-13 : 9784088467696


この記事のトラックバックURL

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。