「このマンガがすごい!2013」発表。1位はテラフォーマーズ&俺物語!!

「このマンガがすごい!2013」のランキングが発表されていました。最近はこの本もすっかり権威が出てきましたね。ここで選ばれるかどうかで結構売り上げが左右されるんじゃないでしょうか? 今回は、めでたくベスト20に選定された私の既読作品の感想を添えながら紹介していきたいと思います。

~オトコ編~

1 テラフォーマーズ
2 ハイスコアガール
3 人間仮免中
4 ハイキュー
5 銀の匙
6 黒子のバスケ
7 キン肉マン
8 アイアムアヒーロー
9 ボールルームへようこそ
10 ULTRAMAN
11 ぼくらのフンカ祭り
12 ジョジョリオン
13 惡の華
14 進撃の巨人
15 ONE PIECE
16 マギ
17 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
18 ニセコイ
19 空が灰色だから
20 latin

わあ、オトコ編の本1つも持っていないや。「ONE PIECE」と「進撃の巨人」をかろうじて読んだことあるぐらい(進撃の巨人はもう二度と読むことはない)。

見聞きしたことがあるという条件でも、ハイスコア・ハイキュー・銀の匙・黒子のバスケ・キン肉マン・アイアムアヒーロー・ジョジョリオン・進撃の巨人・ONE PIECE・惡の華・ニセコイと、半数程度に留まる。世の中、どんだけ面白い漫画に溢れているんですか。
ハイスコアガール
個人的に気になる1冊を選ぶとすれば、2位の「ハイスコアガール」かな。ネットでもしばしば取り上げられる同作品ですので前々から存在は気になっていました。ストII中心の90年代アーケードゲームは世代的にもストライクですし。放課後プレイしかり、仲良くTVゲームに興じている男女の関係ってなんか好き。

~オンナ編~

1 俺物語!!
2 式の前日
3 今日は会社休みます
4 ひばりの朝
5 かくかくしかじか
6 ラストゲーム
7 千年万年りんごの子
8 ちはやふる
9 きみが心に棲みついた
10 姉の結婚
11 大奥
12 となりの怪物くん
13 ウツボラ
14 昭和元禄落語心中
15 マスタードチョコレート
16 トーチングエコロジー
17 そよそよ。
18 星屑クライベイビー
19 シリウスと繭
20 脳内ポイズンベリー

こちらは先日のマンガ秋100に続いて「俺物語!!」が堂々1位受賞。勢いありますね~。俺物語!!に関しては前回散々語ったので割愛しますが、男女の垣根なく面白い少女漫画ですので是非皆様もご覧ください。

ちなみに、この中で私の既読作品は、俺物語!!、式の前日、かくかくしかじか、ちはやふる、となりの怪物くんの5種。
式の前日 (フラワーコミックス)
「式の前日」は心に染み入る感動ストーリーが詰まった短編集です。普通感動モノというのは初回が一番泣けて、2回目以降は感動が薄れるのが必定ですが、これは“初回は泣けないけど2回目読み直すと泣ける”という世にも奇妙な作品

それはオチの部分で「ああ、なるほどそういう意味ね」と得心させられる叙述トリックが組み込まれているからなんです。初めはなんてことない日常を描いた凡庸なストーリーに過ぎなくても、「意味」を知ったあとに読み直せば、先程までの何気ない会話がとても深い意味を持った特別な会話であることに気付く。2周目に今まで見えていなかった景色が見えるようになって、まったく別の世界が開けるのです。ランキング入りも納得の1冊。
かくかくしかじか 1 (愛蔵版コミックス)
ですが、私としては「かくかくしかじか」の方を推したい。「主に泣いてます」「海月姫」「ママはテンパリスト」等多数の代表作を持つ東村アキコさんの最新作で、漫画家を志し美大進学のため奮闘する彼女の自伝漫画。学生時代絵を勉強した経験がある人ならきっと3倍は面白い。そうでなくても、東村さん安定のギャグセンスと、超スパルタ日高先生の底知れぬ愛にほろりとした感動があり、読み応えは充分です。

お調子者で自信過剰な主人公アキコ(作者本人)が最高にいいキャラしているんですよ~。「ママはテンパリスト」でもそうでしたが、東村さんは自分を諧謔的に描くのが抜群に上手い! 実物が本当にこんな愉快な人なのかはわかりませんが、読めばきっと東村アキコさんのことが大好きになること請け合い!

なお、作中の“アキコ”はのっぺりとした田舎娘に描かれていますが、ご本人はびびるほど美人です。

子持ちの37歳だというのに変わらぬこの美貌っっ! 私は東村アキコさん以上に美しい漫画家を知らない。桜井のりおさんといい、久米田康治さんといい、柴田亜美さんといい、福本伸行さんといい、濃いギャグ漫画家ほど見た目がイケているのはなんなんでしょうねぇ。え? 福本さんはギャグ漫画家じゃないって?

このマンガがすごい! 2013

出版社:宝島社( 2012-12-10 )

定価:

単行本 ( 157 ページ )

ISBN-10 : 4800204518

ISBN-13 : 9784800204516


この記事のトラックバックURL

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。