ダメな私に恋してください書評

年下の若い男にいいように貢がされ、母が病気だからと古典的な詐欺に騙されては、消費者金融から100万の借金までしてしまう典型的ダメ女。こちらも「きょうは会社休みます。」と同じく主人公が29歳のアラサー女性で、今までまともな恋愛経験をしてきていない歴とした処女。少女漫画は、処女厨の皆さんにも存分に楽しんでいただけるジャンルなのです!(笑)

でも、こちらは年の差恋愛が主体となっているのではなく、いい年してポンコツすぎる主人公柴田ミチコが、如何にして自分のダメさから脱却するかが焦点。その手助けとなってくれるのが、以前勤めていた会社の元上司である黒沢主任というイケメンメガネ。

職場ではいつも叱られて罵られてばかりだった(少女漫画に出てくるイケメンメガネは全員ドSなのだ!)ため、ずっと嫌悪感を持っていた相手ですが、ミチコの苦境を知るや否や、彼は優しく手を差し伸べて、彼女の自立を促そうとしてくれる。職をなくしたミチコを自分が経営する喫茶店の従業員として雇ってあげるわ、莫大なミチコの借金を自分の貯金で肩代わりしてやるわ、家を追い出されたミチコを自分の店に住まわせてやるわと、何から何まで至れり尽くせり(少女漫画に出てくるイケメンメガネは全員優しいのだ!)。

気になるのは、今後ミチコは定石通りこの主任とくっついてしまうのかどうかってところですね。ミチコにとって掛け替えのない恩人であるだけに、このまま恋に落ちてしまうこと自体は何ら不自然な流れではなく、既にそういった兆候が芽生えつつある状態なので、今更どうこう議論しても意味はないのかもしれませんが、私としてはあくまでミチコと黒沢は男女の関係にならないで欲しいと願っています。

何故なら、ミチコがダメ女から自立して、年相応の大人の女性に成長することがこの物語の骨子。そこを主任とくっついてしまうと、都合良く優しいイケメンに救われただけの何の深みもない話になってしまうからです。悪い男に騙されて不幸だった彼女が、優しい男に拾われて幸せになりましたじゃ、結局“付き合った男の器量に左右されるだけの中身空っぽ女”であることに違いはないのですから…。

それにこの漫画の面白さは、ミチコと黒沢主任の掛け合い(悪口の言い合い)によるところが大きい。説教臭い口調の黒沢と、恩人相手にもタメ口で容赦ない暴言を吐くミチコとのやりとりは漫才のように面白いので、このスタイルが崩れて欲しくない思いが強いんですよ。もしミチコが黒沢主任を異性として意識し始めると、やっぱりこういう掛合い漫才の面白さは鈍ってしまいそうですから。

ダメ恋の作者は中原アヤさんで、私が今でも愛してやまない超名作ラブ★コンの作者。今作では大きく作風が異なっているので、ラブ★コンの面影は感じにくいのですけど、こういった掛合い漫才の面白さはさすが中原アヤさんだなと感じました。

ダメな私に恋してください 1 (マーガレットコミックス)

著者/訳者:中原 アヤ

出版社:集英社( 2013-08-23 )

定価:

Amazon価格:¥ 453

コミック ( 184 ページ )

ISBN-10 : 4088450892

ISBN-13 : 9784088450896


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. どう考えても、黒沢主任とくっつく未来しか見えませんねえ。
    と言うか、少女漫画は王道的にくっつく印象が。
    今の所、ミツコが好かれる要素はないけどw
    まあ相性は良さそう。

    ミツコはダメすぎだけど、
    ラブコン同様、ヒロインがアホなところが漫画的に魅力。
    でも、あれだけ貢いで身体は貢いでないのが不思議w

    掛け合いはホントラブコンの頃から面白いですよね。
    ひとつのコマの中でセリフを行ったり来たりさせるからテンポがいいし、
    イヤミ・皮肉・悪口の応酬が笑える。

    • ミチコと黒沢主任がくっつかないってことは多分あり得ないんでしょうけど、それならそれで、交際後も黒沢はびしばしミチコの性根を叩き直して欲しいです。やっぱりミチコの成長なしでは、感情移入が厳しい。

      >あれだけ貢いで身体は貢いでないのが不思議
      そうですよね。あれだけ貢ぎ体質の彼女が、身体は許していないのはなんか引っかかりました。ここまで来たら、いっそ頭も金銭感覚も貞操も緩い本気のダメ女で良かったと思うんですけど。それを1つずつ更生させていくってことで!

      >ひとつのコマの中でセリフを行ったり来たりさせるからテンポがいい
      このスタイル好き。ラブ★コンほどギャグに振り切った漫画じゃないですが、所々で笑わせてくれます。