揺れるバスガイドおっぱいがいっぱい  
メーカー〔Waffle〕 発売日2005年1月28日

地球外生命体の蠢動
貧乳揃いだったスクール水着少女のお次は、巨乳揃いのバスガイドさんがお相手。私はてっきり、この作品をAtelier KAGUYAさんから出た「最終痴漢電車」のバスバージョン、つまり、「最終痴漢バス」のようなものだと想像していましたが、どうやらそれは大きな誤解だったようです。

確かにストーリーとしては、傾いた会社を立て直すため、彼女たちバスガイドに性的な接待をさせることになるのですが、実際にエッチシーンとして描かれているのは、実践前の研修段階。主人公をお客さんに見立てて、エッチな特訓をするというのが本編なんですね~。

ですから、車内でバスツアーの客に奉仕を強要されたり、代わる代わる輪姦されたり、そういう不愉快な陵辱シーンは基本的に存在しません。まぁ、まったくなかったわけではありませんが、それは主人公の妄想で済んでいたのでダメージは軽微でした。

女性陣は、身体を使った接待を行うことに当然抵抗を感じつつも、特訓の相手である主人公に対してそれぞれ好意を持っているため、嫌々という雰囲気がなかったのが嬉しい。巨乳が大好きで、その性癖を隠そうとしない開けっ広げな主人公と、その趣味を理解し認めてた上で恋している女の娘たち。事態は深刻でも悲観した空気はなく、和気藹々とした和姦ムードのまま、恙無く研修は行われていましたよ。

取り分け、私が気に入ったポイントは、主人公が意味もなく突然、女の娘の胸を揉み始めても「しょうがないな~」的な暖かい対応で許されたこと。いつでも自由におっぱいが触れて、尚且つそれが全然咎められないというのは何とも甘美な設定ではございませんか。シリアスな会話の最中であろうと、キャラクターの胸部をマウスでクリックすれば、雄大な乳揺れと共に女の娘の反応を楽しむことが出来る。セリフは常にその時の状況に応じたものが用意されている芸の細かさで、こういう無意味なところに全力を傾けているところが、如何にもWaffleさんらしいって感じですね(褒め言葉)。

ただし、乳揺れの方は過剰すぎる揺れ具合が逆効果となって、不気味の一語でした…。これは「揺れている」といったレベルに収まらず、「暴れている」って感じなんでねぇ。乳揺れならぬ、乳暴れですよ。乳そのものが自分の意思を持っているかの如く暴悪に荒れ狂う様は、小さなお子様だと恐怖のあまり泣き出してしまうこと請け合い。おっぱいが「グギャー!」という奇声と共に、牙を剥いて襲い掛かってきそうな勢いですもん。

母性の象徴であり、安らぎを与えてくれるはずのおっぱいに、「不気味」だの「暴悪」だの「グギャー!」だの、そんな縁遠い印象を与えられてしまうようでは、失敗だった言わざるを得ませんよねー。おっぱいに恐怖心を植えつけられてもらっては困ります。アニメや3Dの場合、全身の動きと連動することで胸も揺れるカタチですが、止め絵だとどうしても、胸だけが勝手に蠢いているようで激しい違和感。構造的な問題だったといえるかも。

でも、通常のイベントCGでは、立ち絵の時ほど過剰な揺れでなかったので、特に恐怖を感じるようなことはなかったです。パイズリの際のアニメーションなんかは普通に出来が良かったし、おっぱいアニメーションの全部が全部悪かったというわけじゃない。まぁ、“一生懸命作っている”ことは痛いほど伝わってくるので、その心意気だけでも称えたくなりますね。

乳揺れのみならず、エッチシーンにもしっかり投影されているおっぱいへの偏執。性的なサービスが主体ですから、本番行為が乏しく、そこに重点を置いている人にとってはやや物足りなさを感じてしまうかもしれませんけど、「おっぱい」がトッププライオリティである人なら、何ら問題はないでしょう。私もノープロブレム。

日常会話からおっぱいの話題ばかりで、何から何までおっぱいで徹底されていた揺れるバスガイドは、「キャラクターが巨乳」なだけの似非乳ゲーと一線を画しており、「さすが優遇接待を作ったメーカーだけはある」と、納得の一本です。

龍牙翔さんは絵柄的に可愛いタイプなので、巨乳があまり似合わないような…。なんだか「無理して巨乳してる」という印象が最後まで拭えませんでしたね。おっぱいを意識して強調するような構図も乏しいし、良くも悪くも普通。

研修時はバスガイドさんの制服のままでエッチ。他にも、スクール水着姿のエッチが全員に用意されているなど、Waffleさんのポリシーが見て取れれました。

「年下のようなおねーさん」という極めて微妙なラインが好きな私にとって、長峰のどかは大のお気に入り。まきいづみさんのボイスも絶妙で、久々に声にやられてしまいましたよ。私的に馴染みのない声優さんでしたが、ぴヨナ=ピコナのベル先生の声だったと知って親近感。相反する「幼さ」と「おねーさんらしさ」が入り混じった良い声ですなぁ。
05年2月6日