発売日 2003年2月14日
メーカー TEATIME 
例え今は実を結ばずとも
くのいちが卑猥な水着を着てビーチバレーする破廉恥な3Dゲームが巷で流行っている昨今。エロゲにも、そろそろ3D作品が認知され始めて良い頃に差し掛かってきているのではないでしょうか。

3Dエロゲ自体は昔から存在しています。ですが、2次元が大前提となっているエロゲ業界においては、まだまだ“際物”の一種としてしか扱われてきませんでした。エロゲに3Dの風を吹かせるには、現時点の延長線だけでは難しいように思えていました。

そんな最中(さなか)、一石を投じたのがTEATIMEさん。ポリゴンを用いながら、手書きセル画のような映像を実現させる画期的な技法トゥーンレンダリングを、初めて本格的にエロゲに導入されたのです。抱えていた3Dエロゲのジレンマを解くこのロジックが上手くはまれば、暗礁に乗り上げていた3Dエロゲに劇的な変化が起こるのは必定。果たして、トゥーンレンダリングの力は、何処までその可能性を感じさせてくれるのか…?


想像以上でした。初めて見受けたトゥーンレンダリングによるエッチシーン、これはものすごかった。魅惑の絵師村上水軍さんの描くラブリーな少女が、そのまま息吹を吹き込まれたように、グリグリ動いている衝撃。特有のポリゴン臭さはなきに等しく、2次元のキャラが3D表現でアニメーションする様は、私の想像を軽く凌駕する優麗さ。愛撫、結合といった、3Dで表現するのに困難であろう「触れ合う」部分でも違和感はありません。3Dの宿命と思えた人形っぽさも感じさせない。セル画アニメーションにすら匹敵しそうな高いレベルには、ただただ驚くばかり…。

エロゲでは初の試みのトゥーンレンダリングが、ここまで完成されたカタチに仕上がっていたのは、本当に予想外でした。しかしながら、今回Toonで用意されてあったエッチシーンはあくまでムービーであり、リアルタイムで描画されたものではないことを一言説明しておく必要があります。

ムービーであるということは、視点変更ができず、自由に愛撫するなどのアクション性もないということ。一応、コマンドによって視点を切り替えることは可能ですが、それは単に別の視点による別のムービーを見せられるだけ。つまり、ムービーという方法は結果として、3Dならではの特性をことごとく制限してしまっていたんですね。


ゆえにこのToonは、まだ作品として未成熟な段階であるといえるでしょう。Toonはトゥーンレンダリングによるムービー以外に見るべくところはなく、まんまトゥーンレンダリングの実験場という印象でしたので、その研究過程を覗いてみたいという興味がある方以外は、正直あまりオススメできる作品ではないのですよ。

それでも、トゥーンレンダリングの威力、可能性はしっかりとこのToonで感じ取れましたので、Toonに課せられた一応の役割は果たせております。今回見せられたムービーが、いつかリアルタイムで表現され、意義あるカタチでエロゲに採用されていけば、エロゲそのものが大きく変わっていくに違いない。そんな夢を見させてくれるには充分でありました。


フルカラーCGやボイス搭載が当たり前の時代になって、やれることがほとんど出尽くした今、このトゥーンレンダリングは大きな魅力。遠くない未来、必ずやこの技法が当たり前に採用される時代がやってくると私は信じている。今はまだ平凡な、悪く言えば駄作に近いToonでも、その時にはパイオニアとしての功績が讃えられているはずです。

この作品が、これから幕を開けるトゥーンレンダリングエロゲの偉大なる先駆。私は、その歴史の第一歩をリアルタイムで見届けた証人として、誇らしい気持ちを抱きつつ、このToonをアンインストールしたのでした。

端的に言って、ストーリーはゴミ。最初のうちは、ちゃんと純愛ゲームとして一つ一つプロセスを丁寧に積重ねていたんですよ。でも、そんな作業にも途中で飽きてしまったのか、いきなり今までのプロセスを全部無視して、セックスが始まる。少し目を離した瞬間にいきなりセックスしていましたからビビりましたよ。

しかも、このエッチが終わると、突然ゲームは終了…。エッチシーン終了後に、今のシーンの保存をするかしないかを問われた後、何の断りもなくタイトル画面に戻されます。最初にこの強制終了を喰らった時は事態の把握ができなくて、5秒間ぐらい呆然としまいましたね。バッドエンドでもない普通のエンディングなのにスタッフロールも流れずに完。もっと頑張ろうよ

まさか、3Dキャラに萌えてしまう日がやってくるとは。ヒロインの2人、瀬野まなえ、星川千夏は両者ともすごく可愛かった。

でも、このヒロイン2人は、どちらともド貧乳なんですよねぇ。TEATIMEさんは、過去の作品を見渡しても全部ロリ少女にご執心されおられますから、仕方がないといえばそうなんですが、やはり3Dアニメと言う武器を有している以上、巨乳キャラも1人くらい混ぜて欲しかった。だって、Aカップ少女だと乳揺れが望めないですし~(いや、チョットは揺れてたけどね)。大人キャラの先生はCカップでしたけど、エロゲでCは貧乳の部類ですもの。
2003年2月20日