発売日 2003年1月31日
メーカー Xuse【純米】 

二兎追うものが二羽とも捕縛
「あたし、純愛系ヒロインだからエッチシーンは重要じゃないしぃ~」とか、女優気取って寝言抜かしている奴らは、このときどきシュガーに出演しているヒロインたちを見習え!!

ドラマシーンとエッチシーン、どちらも分け隔たることなく、全力頑張ってくれている彼女たちの姿勢には、ホント、頭が下がる思い。まさにときどきシュガーは、「純愛系であっても、エロをちゃんと濃くすることができるよ」という証明に他なりません。お話とエロの両立を見事なまでに体現されていらっしゃる。

私は当初、ときどきシュガーにはそれほど期待は寄せてはおりませんでした。前作Floraliaに準ずる期待感はありましたが、さすがにあのFloraliaのような奇跡が2度続くものとは思わなかったので。ところが、蓋を開けてみれば、良い意味で期待は裏切られることに。

ゲーム開始早々で、登場するヒロインたちの魅力に絆され、穏やかながら退屈を感じさせないストーリーに引き込まれると、すっかりときどきシュガーの世界へ埋没してしまっている自分。ヒロインの内の一人と結ばれて、個別のシナリオに突入した辺りでは、もう楽しくて楽しくてしょうがない。しっかりとしたストーリーを下地にしきながら、その上で繰り広げられるヒロインとのラブラブな展開。それこそ砂糖のように甘~い蜜月は、極上の幸福を味わわせてくれたのです。

ゲームシナリオのみに局限しても、断然高いレベルに仕上がっていたといって良いでしょう。シナリオだけで勝負する余所の純愛ゲームにすら、なんら引けは取っておりません。慎ましいながらも中身の濃いストーリーは、身の丈にあわない壮大さではなく、別荘にやってきた浪人生という立場から成り立つほんのりとした恋愛劇。大作と呼べるボリュームはなくとも、非常に洗練されていました。

そんな優秀な純愛作品に、濃厚なエッチシーンまでが加わっているわけですから。エッチシーンは、当然1人1回で終わるような些末なものにあらず、3度4度と複数回用意されています。初エッチの時ぐらいは初々しいソフトなものなのかと思いきや、いきなり大層なことをやらかしてくれますし、淫語が雨霰のように連呼される有様は、とても純愛作品の世界で行われているエッチシーンとは思えません。それでも、やりすぎてエッチシーンが世界観に支障を来しているわけではなく、ちゃんと許容できうる範囲での情事。ここら辺りの匙加減の絶妙さも、ときどきシュガーの評価の一端ですね。

「純愛ゲームの体裁を取りつつ、エロを手抜きしない」という、前作Floraliaで打ち立てられていた完璧な理念。それは、このときどきシュガーにも受け継がれ、血をより一層色濃くするものでありました。エロとストーリー両方がどちらも1級品であり、1粒で2度美味しいとかそんなちゃちなレベルではない贅沢さ。エロゲの数は星の数ほどあれど、ここまでお話とエロの両面が高次で表現されている作品は一掴みでありましょう。

エッチシーンでは、何かが乗り移ったかのように変貌する彼女たち。自覚、無自覚を含め、はしたないセリフを抵抗感なしで連呼をしている様には、普段の彼女たちとのギャップが強烈すぎて、身悶えてしまいます。消しもこれ以上にないほど短いものなんで、いやらしいセリフはほとんど丸聴こえの状態ですよ。

あと、和服や袴姿など、和を重んじた服装でのエッチシーンが多い。袴姿に関しては、榊原くくりというヒロインが巫女であるという理由からですけど、彼女が巫女である必要性は特に感じられなかったので、ただ巫女服を着せたエッチシーンがやりたかったがためだけに無理やり巫女にさせられたような感じがしますね。

オナニーは嗜んでいるが、まだ自慰やマスターベーションの段階には達していないという桐嶋絵麻。ちなみに彼女の声は北都南さんが担当。なんか最近私がプレイするエロゲには、ほとんど彼女が出演されておられるんですけど…。あるときは大人の女性、あるときは幼女と、幅広いからなぁ。

ときどきシュガーは、前作のFloraliaに比べて様々な面で上回っていた傑作なので、本来ならFloraliaよりも上の点数をつけなくてはならないんですが、FloraliaにはFloraliaで、「おねーさん」「誘惑」という強烈なダブルパンチがありましたから、まぁ私としては、ときどきシュガーもすごく良いけど、Floraliaもすごく良かったし、両者の間に甲乙はつけ難い──といったところで同点。「おねーさん」と「誘惑」には、それだけの価値がありましたんで…。
2003年2月2日