発売日 2004年2月13日
メーカー light 
買わない後悔と買う後悔
我がなでしこやまとで、見事年間最優秀作品に輝いた名作「ドキドキしすたぁパラダイス」。魅力的な藤之宮4姉妹と心行くまで享楽に耽ることの出来るこの傑作は、まさに2003年のベストエロゲと呼ぶに相応しいものであったと自負しております。

が、どうやらそう考えている人間は私以外にそれほどいらっしゃらないようで、某所で行われていた2003年ベストエロゲを選ぶ投票では、「しすパラ」と答えていた人が僅か2人ばかりだったという辛く厳しい現実。世間と私との間には今日も冷たい雨が降っていることを改めて認識させられましたが、そんなことにはめげず、まだまだ私はこのしすパラの素晴らしさを世間にアジテートしたい所存ですよ~。


そのしすパラが発売されたのが去年のバレンタインデー。丁度発売1周年を迎えるにあたって、新たにしすパラのDVD版がリリースされる運びとなりました。

1年遅れの発売となったDVD版には、CD版になかった幾つかの追加要素が存在します。回想モードの標準装備、音質の向上、CG&ムービーの画質向上、パッケージ描き下ろしと、主だったものを列挙してみるとこんなところ。

まぁ、これらはどれも追加要素と喧伝するほど大層なものではありませんでしたが、「新シナリオ6本」という追加要素は別。これは見てみたい! 猛烈に見てみたい! しすパラを心から愛する私にとって、新シナリオはまさに垂涎。あの藤之宮4姉妹の新規エッチシーンがあるというなら、是が非でもしすパラDVDを手に入れたいっ!

ただ、ここで問題になるのは、「果たしてこの6つのシナリオのためだけに、また再び8800円を支払うのか?」ということ。いくら私でも、この程度の追加要素で買いなおすことが割に合わないと解っていますし、発売日ギリギリまでずっと逡巡していました。でも「買わずに後悔するぐらいなら買って後悔しよう!」と、いつもの結論に落着して、結局購入に至ってしまったわけです(ダメ回路)。


そして、待ち受けていたのはお望み通りの後悔。ああぁぁぁ…、私はなんてバカな真似をしてしまったんだぁぁぁ。

目当てとしていた新シナリオは全っ然大したことがありませんでした。本当にオマケ程度の些細なモノで、事前にこんな内容だと判っていたら絶対に私はDVD版を買うことがなかったと強く断言出来ます! だって、このDVD版で追加されている新規CGはたったの11枚って有様ですよ!? エッチCGに限れば僅か8枚! なんじゃこりゃーー!

「コレットと冬也くんの、バイト事情」のシナリオなんて、驚くことにエッチシーンなし。やけにタラタラ長い前フリだな~とクリック連打していたら、なんとそのまま終了しちゃったんで愕然。エロなしのしすパラに一体何の意味がある!? 他のシナリオにしたって、エッチシーンの割合は極端に低くくて、どうでもいいようなお話ばかりがつらつら綴られているから我慢なりません。大体、この追加シナリオは何故に脇役が中心? 郁子、由香里、沙由理と、本編の脇役キャラがメインを張っていて、藤之宮4姉妹が全然目立ってないじゃないか! まったくなに考えてやがる、この■■■■■!(検閲削除)

藤之宮4姉妹の活躍は「しすパラ4姉妹丼」のシナリオのみだもんなぁ。藤之宮4姉妹目当ての私としては不愉快甚だしいですよ~。

その「しすパラ4姉妹丼」はさすがに良かったんですけどね…。本編は3Pは豊富であっても、何故か4姉妹全員による姉妹丼が1度もなかったので、4姉妹全員とのハーレムエッチが実現されていたこのシナリオには大きな価値があった。これだけは、私も満足できる仕上がりだったといっていい(すごく短かったけど!)。

他はからきし。「ドキドキ☆クイズ大会」のシナリオなんて音声すら入ってなかった手抜きでしたから。しかも、このクイズ、やたらと難しい。「鎖状の炭素骨格で、炭素原子間に二重結合を1つもつ不融和炭化水素は何というでしょう?」といったような雑学問題で、ハッキリいって私にはちんぷんかんぷん。これらをすらすら全問解ける人は、アメリカを横断できそうな勢いですよ。答えても解答の正誤は教えてくれないし、自力で解くのは相当にしんどいです。

私は必殺Googleで何とかクリアしましたが、それも問題のジャンルがlight歴代作品カルトクイズに変わると挫折。lightさんの作品はしすパラ以外やったことのない私に、「紅に登場する立ちグラフィックのある女性キャラクターは全部で何人?」とか訊かれたってわかるわけがない。こればっかりはGoogleでカンニングしても答えがわからないもんねぇ。クリアしてもご褒美は何もないみたいだし、私はもう兜を脱ぎました…。


しすパラという作品を心底愛している私でさえ、このDVD版は丸損だったと思わざるを得ません。私と同じく、CD版のしすパラを既にプレイ済みの方は、今からこのしすパラDVDを購入する必要はまったくないですよ。否、購入禁止です。こんなものにお金を支払う余裕があるのなら、恵まれない子供たちにでも寄付してあげてください(8800円で、約880人分のポリオ・ワクチンが買えます)。

ただ、これはあくまでCD版を既にやっている人に向けていえること。しすパラをまだプレイされていない方なら、是非このDVD版の発売を機会としてプレイしてもらいたいですね。しすパラ本体の良さは自信を持ってオススメ出来るものなんで。私は今回の散財を教訓として、ちゃんと我慢というものを憶えよう。「買わずに後悔するぐらいなら買って後悔しよう!」の考え方はいい加減卒業しなくちゃ…。

藤之宮4姉妹は相変わらず素敵。キャラ立ってるし、エロエロだし。彼女たち目当てじゃなかったら、こんなDVD版を買うことはなかった。
2004年2月15日