先生だーいすき2  
メーカー〔SCORE〕 発売日2004年11月19日

幼女性愛疑惑は天地神明に誓って潔白
私に幼女愛好癖はございません! その冤罪を晴らすためには命をかけて戦っていく所存ですが、もし、自宅からこのようなエロゲが押収されてしまえば、誰も私の弁明に耳を傾ける者はいなくなるであろう…。そんな決定的な証拠となり得る危険なエロゲなのが、今回の先生だーいすき2です。

美桜ちゃん、愛ちゃん、アリスちゃん、リリスちゃんの4人の女の娘は、小学生? 幼稚園児? という極めて厳しいレベルの幼女であり、どのような詭弁も言い逃れも通用しそうにない。本人らは、自分をもう大人の女性だと思い込んでいるようですが、残念ながらその主張をまともに取り合ってくれる大人はいないでしょうね…。世知辛い世の中。

でもでも、この先生だーいすき2は、単純にロリという部分だけがクローズアップされる作品ではないこともわかってもらいたい。

一度、身体を許しあってからは、脇目も振らずに突っ走る潔いエロ。毎夜の如く繰り返される情事で、少女たちは驚くべき学習能力と飽くなき向上心を発揮し、日一日と成長がハッキリ見て取れる。ラブラブは堅持され、明るいムードを絶やさず、主人公と少女が一体となって、お互いセックスを楽しもうとする姿勢。まさに和姦エロゲのお手本となる天晴れな出来栄えです。

エッチシーンで際立っていたのが口腔奉仕。幼い少女が、小さなお口で一生懸命頬張りながら、拙く奉仕する姿がとても微笑ましい……という印象は一瞬のうちに覆され、次第に彼女らのプロ顔負けの壮絶テクニックに圧倒されることになります。

長門愛という娘なんて、主人公の射精の瞬間を見極めると、突然フェラを中断し、不敵な笑みを浮かべながら焦らすという、とんでもない幼女でしたしね。……まぁ、この人はさすがに別格っていうか、ツッコミを入れるのには野暮なキャラかもしれませんけど。処女を失った次のエッチで、いきなり騎乗位を体得し、主導権を握ってくるような奇才児だったので…。

フェラに関してもう1つ述べておきたいのは、その見事な唾液音。「れろれろちゅっじゅばちゅるるるるるー」と迫真の演技が披露されています。今回は4人ともが最高クラスの演技。声優さんのすごさには、本当に何度も驚かされますね。私もついつい影響されて、自分の人差し指を吸いながら真似してみたぐらいです(死んでも他人には見せられない姿)。


そんなわけで、幼女、もしくはフェラが好きな人なら、大満足間違いなしの優良作。買って損はないでしょう! ……と、高らかに宣言したいのは山々なんですが、正直、どうも気分的には釈然としなくて。だって、私はこのエロゲを2年前に既にプレイ済みですし…。

どういう意味かというと、この先生だーいすき2は、前作から目立った進化も変化もないってことですよ。基本的な作りはほぼ同じで、舞台も一緒。登場キャラクターが違っている以外、ほとんど前作との見分けが付かないんですもの。前作より劣っているわけではないにしても、「同じことの繰り返し」では印象は悪くならざるを得ませんねー。

先程褒めたばかりのフェラ唾液音だって、2年前では驚愕のクォリティでしたが、今となっては、程度の差はあるとはいえ、どんなエロゲにも常備されていることですし、物珍しさというものは随分薄れてしまっている。インパクトでは前作に遠く及ばなかったといえます。

ユーザーの身勝手な我侭であるのは承知の上ですが、やはり2年前から何も代わり映えしないエロゲであっては、素直に喜べるものではない。「2」を名乗るなら「2」ならではの特徴を持たせないと。これでは単なる焼き直しにすら思えてきますよ。今回のレビューだって、内容は2年前書いたレビューと全然変わらないしなぁ…。同じエロゲを2度レビューするというのは非常にやりにくかった

前半はシリアスなストーリー展開で、後半は打って変わってエロエロ。このメリハリが先生だーいすきの素晴らしい部分だともいえますが、前半のストーリーがやや重めで、後半のエロに悪影響を及ぼしている点が気になる。

無邪気で愛らしい少女たちの内側には、結構複雑な家庭環境があるんですよね。こういう背景を知ってしまうと、憐憫が芽生えてくるのが普通で、庇護したい父性的な感情が生まれてしまう。この感情がエロを語る上では余計というか、非常に厄介な存在でしてねぇ…。

「守りたい」という気持ちと「エッチしたい」という気持ちは、まるで逆方向なんですよ。彼女たちに同情心を抱けば抱くほど、性的な対象としては遠くなってしまい、後半のエロを楽しめなくなる。元々、幼女という時点で私は激しい葛藤があるというのに、これ以上、罪悪感を積み重ねる設定があると、テンションは一気に下降してしまう…。

エロだけを求める人なら、思い切って前半部分のストーリーは全部スキップしてしまうことをオススメしますね。

精液描写に関しては不満一杯。量だけはたくさん出ていましたが、質、掛かり方が非常に稚拙で、特に掛かり方の杜撰さにはイライラ。物理的にありえない掛かり方をするのはやめて欲しい。「顔にかける」という選択肢でも、何故か顔には全然かからず全身にかかっているし……愚か者めっ!

精液が糸引く口内射精とか、ビューティフルなシーンもあったんだけど。

長門愛。メガネを外して髪を下ろすと性格が変わるというのはありがちながら面白い設定だったと思います。メガネキャラとは本来、着用時と非着用時の二面性が楽しめるキャラなのよ。
04年11月22日