リゾートBOIN
メーカー〔Crossnet-Pie〕 2007年発売日3月16日


目標をセンターに入れてスイッチ
乳房の大きさのみならず、その形状をも細かく描き分け、おっぱいに個性を持たせてしまう八宝備仁さんの情熱に裏打ちされた美技。前作BOINでも、美巨乳宣言の元に、その溢れる情熱が遺憾なく発揮されておりましたが、シナリオ担当の人の心には届かなかったようで、せっかくのこだわりは無惨に放置されたまま。関係のないコスプレなんかに力を入れ、明後日の方向を向いた凡作となってしまっていました。

リゾートBOINは、問題のシナリオライターが変更。主人公は再び一条大介、教え子のなお&みつぐの2人も引き続きヒロインとして登場するなど、世界観こそ前作を踏襲していますが、ライターの入れ替えによって作風は一新されている。全体的に明るい雰囲気となり、今度こそ照準は「おっぱい」に絞られています。主人公が「ボインターゲットロックオン!」としつこく繰り返すぐらいでしたからね。まぁ、これはさすがに鬱陶しかったんですが、おっぱいに何の興味も示さない朴念仁よりは百倍マシなので好意的に捉えられます。


ヒロインの皆さんは、リゾートの魔力に当てられているのか、やたらと開放的な人たちばかり。教え子2人は最初から好意全開で、あの手この手で大介にアタックしてきますし、現地で知り合ったミカと叶もすぐに主人公のことを気に入ってしまって、エッチに至るまでの手筈が早い早い。気軽にエロエロなバカンスを満喫です。

ただし、年少組の麻耶と桃菜の2人は少々勝手が違う。簡単にエッチに傾れ込むようなことはなく、純愛ゲームさながらにエッチは終盤までお預け。シーン回想枠も他のキャラには8~11あるところ、この2人だけは僅か4つしか用意されていません。

しかし、それに対して不満をぶちまけたいわけではないのです。エロ三昧の一本調子なシナリオが6つあっても仕方ありませんし、逆に純愛ばかりに傾倒されても勿論困る。要はバランス。どちらか片方に統一してしまうのではなく、2つの性質が混在していることが望ましいのではないでしょうか。エロ担当が4人、純愛担当が2人と割り切ったヒロインの差別化は、以前より私の求めていた形態。純愛とエロで1つの作品を共有していたことに関しては、素直にリゾートBOINを褒めてあげたい。

ただ、純愛+エロのハイブリッド優位論を唱えても、質が悪ければどっちつかずの中途半端作品に成り下がるから難しいところ。リゾートBOINも質が高かったとはお世辞にも言えず、「純愛」は使い古されたイベントのオンパレードで、散々勿体付けた「エロ」も低調に終わった。シーン数の少なさには目を瞑るにしても、中身で見劣りするのは困りますよ。桃菜なんてフェラすらありません。せっかくCVに芹園みやさんというエキスパートを起用しているのに、その活躍の場を与えないとはなんたること…。


エロ担当の4人(なお・みつぐ・ミカ・叶)には、さすがにそのような片手落ちはなく、充分濃厚なエッチシーンが揃っていたんですけど、一度の行為で射精に結びつかないことが多かったのは不満が残ります。

例えば、なおとみつぐとの3Pのシーン。ダブルパイズリ→なお挿入→みつぐ挿入→ダブルパイズリ→射精といった一連の流れなんですが、もしこれがKAGUYA主人公であったなら、ダブルパイズリ→射精→なお挿入→射精→みつぐ挿入→射精→ダブルパイズリ→射精→更に射精最低5回はしていたところ。その絶倫さを少し見習って欲しい。

おっぱいに対するこだわりも、主人公が前向きさを見せるようになっただけでは、まだまだ物足りない。パイズリ等の基本行為は押さえてあっても、踏み込んだ描写がないためフェティシズムの域には達しておらず、あくまで「おっぱい好き」なレベル。普段「ボインターゲットロックオン!」と元気よく叫んでいるくせに、本番が始まると途端におっぱいへの執着心が薄らぐのは失望ですよ。もっとしっかり狙え。

前作と比べれば、確実な進歩を遂げていますし、「絵だけゲー」という不名誉な称号は今回取り下げられそうですが、もっとシナリオ面で精進してもらわなけりゃ八宝備仁さんとの釣り合いが取れませんね。絵8に対してシナリオ2では明らかにバランスが悪い。せめて6:4まで持って行ってもらわないと。その道程はかなり遠そうですが…。シリーズ5作目のギャラクシーBOINぐらいになれば実現するかも。

ヒロインの人数が6人と比較的多いのに、1人1人のイベント分量もしっかりしていて、お得感があります。CG数もそれに伴って多いので、結構力入っていますよね。

それなりにみんな良いヒロインでは揃っていつつも、これといった決め手を欠いた感じ。後半、シリアス性が増してくるのでそれで萎えてしまうこともしばしば。とりあえず、「実はもうすぐ死ぬ」とか最後にいうのだけはやめて

おっぱいに対する情熱に満たされなさを感じつつも、釣りに対する情熱は桁違いのものを感じました。このゲーム、おやっさんに釣り竿を借りて、釣りを行うイベントがあるんです。釣れる魚の種類は、イシダイ・ヌマガレイ・メジナ・コンゴウフグ・メジロザメ・ネンブツダイ・オニカマス・カクレクマノミ・キュウセン・ナンヨウハギ・ツノダシ・ゼブラウツボ・アオブダイ・トノサマダイ・ミギマキ……の以上、15種。多すぎでしょ!!

驚かされる(呆れる)のは、この釣れた魚にはご丁寧に1匹ずつ個別CGが用意されていたってこと。な、なんて無駄な労力を…。本当に作りたかったものはリゾートFISHですか?
2007年3月22日