発売日 2010年5月28日       
メーカー ALcotハニカム 
赤レビュー版はこちら
なんでこんなに可愛いのかよ 妹という名の宝もの
リアル孫がいる大泉くんは演歌歌手でも、リアル妹がいる大泉くんはエロゲの主人公。孫の代わりに愛おしい妹を愛でて愛でて愛でまくる作品なんですが、うちの妹のばあいの流れを汲むタイトルだけに、またぞろムカつく男に大事な妹が寝取られるんじゃないかとご心配なさっている諸兄もいらっしゃることでしょう。

しかし、その点はどうぞご安心を。今回はまったくの無害です! ムカつく男に寝掘られされそうにはなりましたが、寝取られは一切ございません。一切なかったどころか、作中にうちの妹のばあいの寝取られを揶揄するような発言まであったぐらい。

「BADエンドで妹がサブキャラの男に寝取られた…」
「純愛モノだと思ってたのに、バリバリの寝取られモノだったとは……クソッ!」
「もう、二度とあそこのメーカーとライターのゲームは買わねえ」
「あーくそ、また思い出しちまった。マジであのうちいもはトラウマだわ」
「ああ、うちいものDVDは叩き割った。あれはこの世に存在しちゃいけないゲームだ」


なんて自虐的な(笑) 確かに私にとってもうちの妹のばあいの寝取られはトラウマでしたけど、この世に存在しちゃいけないゲームだなんてとんでもないですよ! あれ以来、ライターを忌避するどころか、すっかりファンになって今に至っているわけですしね~。

私がおるごぅるさんを殊更贔屓しまくっているのは、他にはないオンリーワンの作品を手掛けられるから。それはシナリオに関してもそうですし、今回紹介するエロに関してもそう。エッチシーンの総数は、栞2・麻衣2・美紀3とお世辞にも充実していたとは言えない数でしたが、その中身はいずれも目を瞠るものでした。いい話で穏やかに物語が推移している中、突然まったく空気読まないエッチシーンを放り込んでくるのは、さすがの一言。

おるごぅるさんは支配的なセックスを好まれるので、私の趣味とは必ずしも一致はしないのですが、状況描写と喘ぎ声だけで構成された単純なセックスではなく、男女の心理に根差した「情念」のようなものを描写されるところは、性癖を越えて素晴らしいと感じられます。

麻衣のルートに、麻衣と栞の精神が入れ替わるイベントがありまして、そこで精神が栞の状態で麻衣を抱くシーンがあるんです。涼は既に何度も麻衣を抱いており、いつも通りのエッチをしている感覚なのですが、栞にとっては初めての体験。普段麻衣とこんなことをやっているのかとショックを受けつつも、「栞さんにもしてあげればいいのに…」「栞さんってすごく尽くすタイプ! お兄ちゃんのためなら、なんでもしてくれるよ?」と散々自分(栞)を意識させた上で、「あの子とするときより……お兄ちゃんのこと、興奮させてやるんだから……」といった女の意地を垣間見せるんですねー。

これは非常におるごぅるさんらしいエッチシーンだと言えるでしょう。愛しているから・気持ちいいからに留まらず、何かしら目的意識を持ったエッチが多い。相手をメロメロにしてやりたいという思惑が常に裏にある。ある意味、ギスギスした関係だともいえるのですが、私は和姦でも相手を想い合うものより、互いに求め合う、つまり多少エゴをぶつけ合うぐらいの方が断然好き。だから、おるごぅるさんは最高なんです。


下品という名の調味料を多量に使って、濃厚な味付けで食欲をそそらせるのではなく、シチュエーションや精神面での充足感で、極上のエロスを作り出すおるごぅるさんの手腕は本物。シナリオとエロの両A面シングルである「リアル妹がいる大泉くんのばあい」は文句なしの傑作であったものの、これだけのエロを生み出せるのであれば、引退前にエロに特化した作品をもう一度出して欲しかった未練も残りますね…。

いや、やっぱりそんなのいらないから、引退を撤回して!

下品という調味料を多用しないと言っても、日常会話では下ネタが飛び交っています。

「射精するときの選択肢で、迷わず『膣内に出す』を選ぶような鬼畜キャラなんだよ」
美紀「そんなの兄貴だってそうなんでしょ?」
「バカ言うな。俺は『顔にぶっかける』を選ぶに決まってるだろ」

「今回のは、透明人間になって強気な妹に好き放題できるという夢のような内容の……」
美紀「くっだらない。強気な妹に、堂々と好き放題した方がいいじゃない」
「それができないから透明人間になるんだろうが!」

やっぱり彰と美紀の兄妹はいいなぁ~。エロゲオタクな兄を毛嫌いする美紀ですが、なんだかんだでエロゲに詳しく、話が弾んでいるのが面白い。

栞と迷うところですが、妹尾美紀で! いきなり主人公をベッドに括り付けては、逆レイプして強引に童貞を奪うという、ちょっぴりおてんばなヒロイン。普段のS的な言動とは裏腹に真性のドMだと豪語する彼女ですが、結局その性質が見られないまま終わってしまったのはどういうことかと…。フリーザが「変身をあと2回もオレは残している」と宣言しておきながら、3回目の変身をせずに終わってしまったようなもの。
2010年6月5日