ぷるるん授業  
メーカー〔トラヴュランス〕 発売日2003年12月19日

フリークス一歩手前
突然ですが懐かしの10回ク~イズ! 今からこのゲームのタイトル「ぷるるん授業」を10回復唱してみてください!

ぷるるん授業、ぷるるん授業、ぷるるん授業、ぷるるん授業、ぷるるん授業、ぷるるん授業、ぷるるん授業、ぷるるん授業、ぷるるん授業、ぷるるん授業。

ほらね、何だか居た堪れない気分になってきたでしょう?

というわけで、和姦ブランドの雄、トラヴュランス様からまたもや恥ずかしい名前の新作がリリースされました。トラヴュランス様らしいといえばらしいネーミングですが、ここまで購入に抵抗があるようなタイトルだとさすがに辛いので、次からはもう少し穏便な名前でお願いしたいものですな。

しかし、そんな恥ずかしいタイトルに見合うだけあって、中身はとっても私好みなものと仕上がっておりましたよ。いつもとなんら変わりないラブラブ和姦ハーレムに加えて、今回はなんといっても、「巨乳」へのこだわりが輝きを放っていましたから!

105cmの理恵、120cmの透子、108cmの梨花、107cmの美夜と、登場キャラ全員がバスト100cm越え&Gカップオーバーだったという戦慄の設定で、“四天乳”の異名を持つ巨乳女教師軍団にはただただ圧倒されまくり。最近は乳ゲーと呼べるような作品も珍しくなくなってきましたが、遂にこんな境地にまで辿り着いてしまったのですねぇ。

ゲームの内容は至ってシンプル。巨乳で年上の先生が、巨根で童貞の主人公を手解きするという、何処にでもあるような常套ストーリーです。ま、トラヴュランス様に変わった事を求めても仕方がない。エッチシーンの性質は完全に「お姉さんが教えてあげる系」で、私としてはまあまあ好きなシチュエーションだったといえましょうか。

片瀬梨花先生なんかはかなり良かったですよ。彼女はあっけらかんとした快楽主義者でエッチに積極的でしたし、何より精液が大好きという素晴らしい性癖を持っていた。「精液で満たしたお風呂に入りたい」という願望を持つほど豪気な女性でしたからね~。でも実際には、そこまで倒錯した汁フェチ的なシーンは見られなくて、ただ精液を浴びるのが好きという程度に留まっていましたが。期待させられただけに、もう少し面白いことをさせて欲しかったな~という未練も多少残ってしまったり。

まぁ、この作品がこだわるべきは汁なんかより乳ですよね。おっぱいさえ良ければオールオッケー。でもでも、その肝心のおっぱいも、良い効果として現れていたかというと正直微妙~。見事な巨乳がズラリと立ち並ぶ様は確かに圧巻、壮観だったんですけれど、私は思ったほどこの巨乳に魅力を感じられなかったので…。

何故かといえば、やっぱりただデカイだけのおっぱいだと、あまりそそられなかったという理由ですよ。目立ちはするけど存在感がない、フェロモンが漂っていない乳なのよね。ポコンと膨らんでいるこの不恰好なバストを見てると、私は何だか妊婦さんを連想してしまったぐらい。膨らんでるのは腹部ではなく間違いなく胸部なんですが、そのふっくらとしたイメージは懐妊中のご婦人と重なってしまう。

着ている私服が極めて地味だったこともあって、何だかマタニティドレスを身に纏ってるようにも思えてしまいましたし、四天乳の皆さんが一堂に勢揃いすれば、まるで産婦人科に迷い込んだような気分にさえ陥ってしまいましたねぇ…。こんな錯覚を催しているようでは、魅力が感じられないのは当たり前の話でして。

とどのつまり、風船みたいに膨らんでる乳じゃダメってことです。原画のすめらぎ琥珀さんは決して乳の描写が下手な人でもないのに、何で今回は良くなかったんだろう? 原画がいつもの志水直隆さんではなく、すめらぎ琥珀さんになっていたことは、慢性的なマンネリを払拭する意味合いでも間違いなくプラスの作用であったはずなのに、その絵で物足りなさを感じてしまうのは痛い…。ぷるるん授業の絵はあまりに大味すぎました。

ただ、全体的にはそれほど不満のあるものではなかったので、近年のトラヴュランス作品の中ではシュアな作品の1つになるのではないかな? 今後もっとおっぱいにこだわっていくという姿勢も明確化されていましたし、トラヴュランスワールドの新境地がこのぷるるん授業でチラッと垣間見えました(本当に些細なものですが)。次なるトラヴュランス作品にはそれなりに期待感を持ってもよさそうですね。

って、次回作はまた志水直隆さん原画で「教えてあげちゃう」の続編になるのか……。つ、次の次に期待しましょう!

いつも通り、半日もかからずあっさりクリア。レビューを書く者にとってはありがたい(少し皮肉)。

作中のインフォメーションで、「ウチは和姦乱交のパイオニアだ!」と自負していたトラヴュランス様の心意気が実に頼もしかった。ちゃんと自覚はあったのですね。ただまぁ、その理念に固執しすぎているから、いつまで経ってもマンネリから脱却出来ていないような気がしないでもないけど…。

片瀬梨花先生がお気に入り。トラヴュランス様は淫乱保健医がお好きよね。
03年12月20日