メーカー Jerry bean 
PRIVATE ROOM 追加ディスク
追加料金のお支払い → 計1511円
PRIVATE ROOMは発売後、新たなシナリオが追加されました。

まるごと美少女一週間、P-mate、CD-ROMFan、メガストア、PUSH!!、TECH GIAN、電撃姫、パソコンパラダイス、E-LOGIN、BugBug、カラフルPUREGIRL。

追加シナリオをプレイする為には、まず上記の雑誌いずれかを購入して、付属CD-ROM、もしくは読者プレゼントの応募で「オリジナルCD-ROM」を入手する必要があります(詳しくはオフィシャルホームページへ)。


 ~第1回追加シナリオ~ (02年4月12日記載)
という訳で、私はその追加シナリオ見たさに、今まで一切買ったことがなく今後も買うことはないであろう、「CD-ROMFan5月号」をわざわざ買いに行きました。

追加シナリオといいましても、ようはエッチシーンの継ぎ足しでして、この第1回の追加では手首を縛ったソフトSMプレイと、メイドさんの格好で行うコスチュームプレイの2つ(CG8枚)が加わっています。ちゃんと音声やプレイ前のヘコヘコアニメ(これは別に不必要ですが)も用意されていますし、本編のエッチシーンと比べても目立った相違はないので、継ぎ足したというより元から作っていたものを小出しにしていると考えた方が正しいのかもしれませんね。

それでもやはりこうして過去のゲームに、どんどん新たなシチュエーションを追加してくれるのは大変嬉しい。こういった試みは大歓迎です。少なくとも此度の追加シナリオで、JERRYBEANさんが今後の可能性を大きく感じさせてくれるメーカーであると、私の中で印象がガラリと変わってしまいましたから。

…ちなみに、ありますよね? 今後。

一応、「第一回追加シナリオ」との事ですから、最低でも後もう一回は追加があるはずなんでしょうけど…。 とにかく、楽しみに待っております。 ただ、プラグインのファイル容量があわせて6MB程度なんで、出来ればネット配信にして頂きたかった思いも…。これだけの為に、860円のCD-ROMFanなんかを買う羽目になっちゃいましたし。


 ~第2回追加シナリオ~ (02年5月7日記載)
ありました。今後が。前回の追加から丁度1ヶ月。2度目の追加シナリオです。

入手方法は第1回と変化はなく、雑誌等のオマケとしての配布。つまりまた今回も、この追加シナリオ目的で今まで一切買った事がなく今後も買う事はないであろう、「まるごと美少女一週間4月26日号」なんてものを買わされた訳です。

しかし、前回の出費は860円とやや手痛いものであったのに比べ、今回の「まるごと美少女一週間」は315円の出費で済みました。この追加シナリオ料金315円を高いと感じるか安いと感じるかは、皆様のご判断に委ねますが。

さて、今回追加されたシチュエーションは、ハメ撮りとSM。前者の方はチョット素敵な展開でしたよ。

ハンディカメラで彼女の痴態を収めたい主人公が、邪(よこしま)な本心を悟られぬように遠まわしな表現で撮影を持ちかけるのですが、当の彼女はそんな主人公の思惑をあっさり看破して、「で? どんなプレイがしたいの?」と返してくる。

全然大したことないじゃねーかと思われそうですが、私はこういう雰囲気好き。親密さを感じさせる、まさに恋人同士のやりとりでしたからね。

SMの方は前回の追加分と違い、「彼女S」「主人公M」の振り分けの女王様プレイで、ハイヒールで踏まれるわ、舐めさせられるわ、顔面騎乗されるわ、トドメに聖水を浴びせられるわと、もう惨澹(さんたん)たるものマゾヒストさんは万歳三唱でしょうが、私の趣味嗜好とはトコトンかけ離れたものでした。

以上2つを総合的に評価してみると、第2回追加シナリオの出来は残念ながらイマイチ。わざわざ金継ぎ足してプレイするほどの価値はなかったですね。しかし、プラグインのファイル名等から推理するにあたり、追加シナリオがあと1度あるはず。恐らくそれが最期の追加となるでしょうが、それに総てを賭けてみたい。

そんなまだ見ぬ第3回を信じて、本体のアンインストールはもう少し先延ばしです。


 ~第3回追加シナリオ~ (02年6月18日記載)
第1回、第2回とキッチリ1ヵ月おきのリリースであったのに、今回の第3回は音沙汰なし。「第2回で終わりだったのか…? 俺の予想は見当違いだったのか…?」と、第3回追加シナリオの存在を危ぶまなくてはならない状況でしたが、ちゃんとありました。最後の追加、第3回追加シナリオが。

入手方法はもうお馴染み。雑誌等のオマケとして配布されているもので、ネットでダウンロードしたりは出来ません。ですからまた今回も、この追加シナリオ目的で「まるごと美少女一週間6月14日号」を買いに行ってきました。今後は買う事がないであろうと思われていたまるごと美少女一週間(税込336円)ですが、背に腹はかえられません。

最後の追加シチュエーションも2種。OLに扮した彼女へのセクハラプレイと、風呂場で行われるSM。OLコスプレの方は、追加シナリオが発表される前に、「週間アスキー」紙面でCGが紹介されていましたので、見当はついていました。その内容は良くあるタイプで、部長が出世やボーナスをチラつかせて、セクシュアルハラスメントを行う定番のイメージプレイ。セクハラとは言っても、胸でさせたり、後ろから突いたり、顔に出したりと濃厚

お風呂場SMは手首で自由を奪ってから蝋燭責め。そしてアナルファックを交えては、最後に失禁させるといったハードなものです。追加シナリオの片方が総てSMであった事は、私的にちょっぴり残念でした。


さて、追加シナリオで引っ張られたPRIVATE ROOMも今回のシナリオ追加で遂にお終い。様々な野心を見せてくれた作品であっただけに、寂しさが募ります(チョット嘘)。

それにしてもこのPRIVATE ROOMは、一体どれだけの人間がプレイしているのでしょうか。そしてどれだけの人間が、3つの追加シナリオ総てをプレイされているのか…。今になって、激しく自己満足なレビューであったような気がしてきましたが、もう後のフェスティバルですね。


 PRIVATE ROOM 完全版 発売(02年12月12日記載)
12月6日現在、これまでに追加された1~6のシナリオが、JERRYBEANさんのサイト上でダウンロード可能となりました。今から追加シナリオをプレイしようとお考えの方は、上記のオマケCDを探すのではなく、ここからダウンロードをするのが得策です。

同日に発売されたDVD仕様のPRIVATE ROOM完全版では、既にこの6つの追加シナリオは折込済みなので、ダウンロードは必要としません。しかも、新規の追加シナリオ7,8までがついてきますから、今から購入を目論んでおられるならば、間違いなくこちらの選択がベストでしょう。

一方、以前のCD-ROM版を持っている人が、この新規の7,8追加シナリオをプレイする為には、送料・消費税込み1500円のVALUE ROMという追加ディスクを新たに購入する必要があります。

ここまで全部の追加シナリオを掻き集めてきた私ですが、さすがにこの7,8の追加シナリオまでプレイすることはないでしょうね。だって、いくらなんでもこれだけの為に、また1500円を継ぎ足すのは馬鹿らしいですから。こういうのは無料でやってくれる(雑誌のオマケ等)から旨味があったのであり、商売にされると途端に冷めてしまいます。「申込者全員にプレゼント!」ぐらいの気概は見せて欲しかったのですが…。
02年4月12日・02年5月7日・02年6月18日・02年12月12日