発売日 2003年4月11日
メーカー Nail 
赤レビュー版はこちら
やればできる子なのに
期待していた「エロ」ではなく、奇しくも「感動」という別領域からの刃で高評価を成してしまったぷれゆー。このままめでたしめでたしで幕を下ろしても構わないのですが、逃した魚は大きいというもので、やはりエロに関してはまだまだ捨てきれぬ未練があります。

私がこうまでして未練から脱却できないのは、それだけぷれゆーはエロに対する魅力が高かったから。「エロ<ストーリー」の構図であったぷれゆーでも、エロがまったくダメだったのかというとそうではなく、ちゃんとエロに関して非凡なものは秘めていたんですね。私が購入前に想像していたような素敵なシチュエーションもあるにはありましたし、ストーリーに重きが置いてある純愛ゲームとして臨めば、トップクラスのエロさを誇っていたといって間違いない。これでまるっきり魅力なしなら潔く諦めもついたでしょうが、中途半端に良かったものですから未練が残ってしまう

前回のレビュー(赤レビュー)で、私が度々主張していた「可愛いおねーさんと甘くてエッチな同棲生活」の事なんですが、これは序盤、千春が初登場したあたりで一応用意されています。千春先生との甘~い一時を楽しめる蜜月、この辺りはまさに購入前に思い浮かべていたままのシチュエーションだったといってよいもので、まさにこれこそが私の求めていた代物。

昼間の授業で「良い子」にしていることでもらえる濃厚なご褒美。一度射精させた後、構わず連続でしゃぶりはじめたりとか、性器を顔にこすり付けさせて射精を促したりとか、豊かな胸で挟んでくれたりとか、もうメチャクチャです。奉仕をする際の千春先生は、普段の彼女からはまるで想像できないぐらいエロエロに急変してしまうんで、とてつもないギャップでのエロティックさを感じさせてくれました。やっぱりぷれゆーはこうじゃないとなー。

ただし、何度も釘を刺しているように、このぷれゆーでこんな蜜月が楽しめるのも同棲生活がスタートした僅かばかりの期間だけであり、ゲームの大部分はエロとは関係ないマジメなお話。千春先生の素敵なご褒美も量的な観点ではまるで物足りないのですねぇ。つまり、私がぷれゆーに感じる不満は、エロくなかったからではなく、エロの数が少なすぎたから。序盤のままのテンションで最後まで突っ切ってくれれば最高傑作となりえただけに、悔やんでも悔やんでも悔やみきれないのです。

更に難点をもう一つ挙げるなら、シナリオの内容が感動的な内容だけに、気分的にエロが盛り上がらないといった複雑さがあります。特に千春のシナリオを体験した後では、もう彼女を性的な対象として捉えられなくなってしまう。実は主人公の○○○を○○されて○○った過去があり、そしてその○○として、自分を○○○○○で○○の為に千春は尽くしてくれる……こんな事情を聞かされた後、どうして彼女を性的な眼で見れるようになりますか…? 今まで何も知らずに「千春せんせ~、早くご褒美ちょうだい~~」なんて思っていた私が、とっても下劣で下卑で下賎な人間のように思えてきてしまいます。千春の真意、至るまでの経緯、これを知ってしまえば、彼女のどんな濃厚な奉仕も歓べなくなっちゃうんだよね。

とりあえず、エロを楽しむ際に余計な雑念が頭を過ぎるようでは、心の底からエッチシーンを楽しめなくなるものですよ。こういったところも、ぷれゆーにもどかしさを感じてしまう要因であったのではないかと。感動とエロは混ぜるな危険!なんです。この2つだけはどう頑張っても相容れませんって。

ぷれゆーの目玉システムといえる「おねだりシステム」。何気ない千春の問いかけに答えれば、帰宅時、彼女がわざわざコスプレをしてお出迎えしてくれるという、幸せ一杯のシステムです。

しかし、この聡明なシステムも、つくりは極めて雑。大問題なのが、出向かえた時のコスチュームのままでエッチが出来なかったこと。お出迎えされた後には、汚いところを綺麗にする名目で、千春がフェラをしてくれるんですが、その際には服を脱いでしまっているんで、結局、どんなコスチュームで出迎えてくれても、エッチ(フェラ)の内容は全然変わらないんですよ。

そして次に、如何なる状態であってもテキストがまったく変わらなかったこと。これはチョット信じられないっていうか、ひどい話でして、制服が違っていても、2度目であっても3度目であっても、ぜ~んぶ同一テキストの繰り返しでした。いくらなんでも、こんな手抜きは許されないでしょう。

トドメに、もう一つ言わせてもらうと、下着やブルマ等の布地の上からでもモザイクがかかっていたことも不愉快千万。陰部は布地に隠れて見えていない状態なのに、何故モザイクがかかってしまう? まぁ、これはNailさんのせいではなく、ソフ倫さんのせいなのかも知れませんが…。それでも何とか、工夫してもらいたかったなぁ。

千春は別枠とすれば、留美を推したい。彼女との和気藹々とした冗談交じりの楽しいセックスは、ものすごく私好みの良いムードでしたからね。

他のヒロインの場合、どうしても恋愛成就における「愛の確認作業」といった儀式的なイメージが強いので、濃厚とは言いがたいものになっていましたが、留美は長年連れ添う幼馴染という事で、肩肘を張った余所余所しい雰囲気がなく、2人でセックスを楽しむ余裕があった。この点が他のキャラとの大きな差異ですね。無論、留美というキャラ自体の魅力によるところも大きいですが。
2003年4月23日