発売日 2004年9月24日
メーカー Atelier KAGUYA 
注射器の称号を受け継ぐもの
どことなくトラヴュランスっぽいセンスのタイトル。でも、看護しちゃうぞはよく考えたらあまり看護されてなかったのに対し、こちらは正真正銘ナースにおまかせ状態美人で巨乳のおねーさんが、犯罪スレスレの際どいナース服をまといながら、エッチで献身的看護をしてくれるなんて最高でしょう。もし、こんな病院が本当に実在するのなら、私は今からでも目を瞑って赤信号に飛び出しますよ(違う種類の病院に搬送されるかもしれませんが)。


序盤はとにかく、主人公受身のエッチで埋め尽くされており、身も心も委ねた目眩めくソフトMの世界。非挿入系の口・胸・手・足を使ったプレイが主体になっていて、エッチの濃厚さは論を俟(ま)たないところ。入院一日目からいきなり3連発という華々しい幕開けで始まれば、インターバルを挟むことなく、続けざまにエッチが待っていました。

しかもこのエッチシーン、1回果てた程度では終わりを迎えず、選択次第では最大3つのエッチシーンがシームレスに続いていく。「フェラ→射精→パイズリ→射精→挿入→射精」といった感じで、それぞれの行為の終わりには常に射精シーンが用意されていたのも偉い。3連発だからといって、ジャブのような短く軽いエロではなく、1つ1つが長尺でどれもKOパンチに匹敵する重いエロ。まったく、恐れ入ります。

この連鎖するエロは、汁貯蓄システムというアイディアのおかげで実現したものでしたが、このシステムにはもう1つ、精液の量を増量出来るというありがたいありがたい副産物もありまして。汁量はまさに妹汁の再来というべき凄まじさ。必殺技と呼んでも差し支えないぐらい、破壊力ある射精量でしたよ~。「ちょっ……お、多すぎっ」と完全に相手も引いていたぐらい。ここ数作は低調に終わっていた汁も、これで完全復活といっていいでしょう。

汁だけでなく淫語も大復活。まほこいでは謎な失踪を遂げていた淫語ですが、今回はより逞しくなって生還! 「あん、こんな太いオ●ンポ握ってたらオ●ンコ熱くなっちゃうよぉ。エッチなお汁、溢れちゃう♪」 やっぱりこれがないとKAGUYAさんらしくないよねっ。今回は最初から全員エロエロモードですし、日常会話からして逆セクハラ気味のエッチな会話が飛び交っているから、淫語はかなり楽しめる。御堂鈴なんて、京都弁で淫語という今までにない目新しさがすごく良かったですよ。

エロゲで関西弁を話すキャラって、判で押したようなイメージのキャラばかりなので辟易していましたけど、彼女は今までの凝り固まっていた似非関西人とは違っていて良かった。包帯(眼帯)+関西弁+お姉さんロリというかなりの異色キャラながら、はんなりとした冷静な口調がとても心地好い。

これはCVの涼森ちさとさんのお力によるところも非常に大きい。関西出身であっても、関西弁を使うキャラを「演じる」と、不自然な喋りになりがちなものですが、さすが涼森ちさとさん、関西弁の微妙なイントネーションですら完璧にこなしておられました。私がエロゲで関西弁ヒロインを気に入ったのなんて、ほとんどこれが初めてに近いですよ。

ただ、鈴はやや攻撃的な性格で、エッチシーンでは言葉なじり系の「お仕置き」が主。「ほら、はよやり。さっさとイケへんかったらドア開けて大声で叫ぶで?」 こういった冷淡なセリフも、愛情表現に内であると頭ではわかっているんですが、私はチョット素直に喜べないところがありましたね。まぁ、エッチが終わった後に、突然優しい態度に戻ると「あ、やっぱりすごくいい娘だな~」とコロッと騙されるんですが。アメとムチの使い方が上手い。……って、まんまと女王様の奴隷操縦法にハマっている?

それでも、やっぱり私は白川涼子さんのようなたくさんアメをくれる方が好きですが! 明るくエッチに積極的な性格で、黒髪ロングのナイスバディ、そして一人称は「おねーさん」。もう理想像としか言えないヒロインです。

全体としてラブラブエロエロムードがしっかり堅守されていて、男女双方ともにエッチを楽しもうとする雰囲気。セックスに必要なのは、やはり満面の笑顔ですよね! ナースにおまかせをプレイしたら、改めてそう感じさせてくれます。

ドキドキお姉さんの時よりロリロリした感じは大分薄れてきましたが、不格好なおっぱいの大きさは気になりますねぇ。胸はでかけりゃいいと思っていますけど、この風船を膨らましたような不自然な乳では、さすがに顔と身体の均等が取れておらず、魅力を感じにくくなる。たまに「あれ?」って思わせる身体が描かれているCGもありました。せっかくこれだけ可愛いキャラを描いているのに勿体無い。私が乳の大きさを批判するなんて、他では考えられませんよ。

白川涼子さんが今回のお気に入り。とある事情で本当のお姉さんになった後は、「おねーさん」っぷりに更なる磨きがかかって堪りません。

Atelier KAGUYAを支える2つのチーム、HEART BEATとBerkshireYorkshire。

HEART BEATは堅調に株を上げ続け、瀬里奈で株価急騰。対して、Berkshire Yorkshireの方は妹汁で高値をつけたものの、以降はジリ安傾向。しかし、まほこいで底入れした後、このナースのおまかせで一気に戻り足。つまり、なんだかんだ言って、Atelier KAGUYAは安心の銘柄ってことですね! 今後もKAGUYA作品は買い続けて損はない!
2004年9月27日