もみちゅぱティーチャー
~巨乳姉妹と三角関係~
メーカー〔PAJAMAS EX〕 発売日2009年2月27日


どうだ~い。このエロゲ、デタラメだろ~
さぁ~皆さん! 遂に、遂に、やってきましたよ! MILKジャンキーの時間が!

ブランドや原画家こそ異なるものの、やっていることは紛れもなくMILKジャンキー。いつも通り、鏡裕之さんの、鏡裕之さんによる、鏡裕之さんのためのMILKジャンキーでございます。ていうか、タイトルのセンスで誰がシナリオライターなのか丸わかりってのが、ある意味すごい。

今回も中身の方は相変わらずで、相変わらずのヒロイン2人組。相変わらず年上が清楚系、相変わらず年下が小悪魔系のヒロインになっていまして、相変わらずおっぱいを武器にしながら、相変わらずWで誘惑してきます。

テキストも独特なレトリックを駆使する相変わらずの鏡節。相変わらずの台詞回し、相変わらずの擬音、相変わらずの死語、相変わらずの喘ぎ声ンフンアフンと、何を説明するにしても、総て「相変わらず」が頭に付いてくる。これだけ相変わらない作品も珍しいですよ。そんな作品を相変わらず購入している私も私ですけど…。

でも、鏡さんの作品って、おっぱいに対するこだわりも相変わらず素晴らしいですから、やっぱり私はそこを評価したいんです。未だに鏡さんほどおっぱいに傾倒されているライターはお目に掛かったことがございませんし、陵辱をやらないこと、衣装への意識が強いこと、ヒロインを無駄に増やさないこと等、共感できる部分も多い。おっぱいゲーで4人も5人もヒロインが出てくると巨乳の基準が曖昧になりますもんね。10人全員が巨乳とか、全然G.Jじゃない。

だから、このもみちゅぱティーチャーのように、ヒロイン2人制は個人的にベスト。2人とも最初から主人公に気があり、二股がけされても気にしない適当……もとい、大らかな性格なので、ライトな感覚で気軽に3Pを楽しめる感じです。巨乳姉妹があの胸この胸で迫ってくるのは、ありきたりですが心地好い。長ったらしい前置きもなく、即座にエッチシーンが始まる手軽さもグッドです。

ただし、少数ヒロイン&手っ取り早い展開は、ボリューム不足という短所も浮き彫りにさせています。ヒロインが2人きりで最初っからエッチ三昧のストーリーとあっては、どうしたって話は短くなる。しかも、2人を平行して愛でていく内容だけに、互いのルートの差異もごく僅か。実質、1度クリアしたら、ほとんど用済みになってしまう花火のように儚い作品でして…。

これが低価格ソフトであれば納得しますが、定価8190円の作品でこれはないでしょ、と。しかもこれ、インストールにアクティベーションを採用しているため中古に流せません。あまりお金の話はしたくないですけど、中古で売り飛ばせないってことは、実質的な負担額が大きいんですよね~。買うんじゃなかったという後悔も通常の2倍増し。

鏡さんに値段に見合うだけのシナリオを書いてもらえれば問題は解決ですけど、それはハルノート並みに酷な要求であるのはわかっています。だから、せめて価格を下げて欲しい。定価は今の半額、アクティベーションを付けるならそのまた半額じゃないと。内容の善し悪し以前に、価格とボリュームが釣り合っていません。

実質MILKジャンキーとは言えど、MILKジャンキーの売りであったオッパイコマンドがないので、評価は下回る。自分の好きなようにおっぱいを弄くり回せるあのシステムは好きだったのにな~。今回はあくまでエッチ(挿入)ありきなんで、おっぱいを愛でる意識もいつもより低いです。誤差の範囲ですけど。

どちらかというと、おねーさんの水越みちるの方が好み。普段は気の強いおねーさん役が多い一色ヒカルさんのウィスパーボイスに癒されました

ちなみに、妹の方はゆりえって言うんですけど、これ名前逆っぽくないですか? お淑やかな姉がみちるで、活発な妹がゆりえというのは、なんだかすごく違和感がある!! おかげで、どっちがどっちだったかプレイ中に混乱することもしばしば。私だけかなぁ?
2009年4月15日