魔女っこ de' GO♪GO♪  
メーカー〔るチャ!〕 発売日2004年3月19日

エロとコメの黄金比は
魔女っ子(魔法少女)は私とても好物なんですが、何故かいつもエッチシーンに傍迷惑な触手がセットになってしまっているのがネックなのよね。でも、この作品では魔女っ子なのに触手がなかった。偉い! これは個人的に大きく評価したいポイントですな~!

そんなるチャ!第2弾となる今作。メイン原画がスカイハウスさんでなくなったことが残念と思いきや、今回の九尾108さんの描く絵もすごくお上手なので、その点の不満はまるでなし。緻密な描き込みにパステルカラーで彩られたグラフィックは、キラキラしていてとっても美しい。どことなく私の大好きな注射器2を彷彿させる絵ですから(胸大きいし)、一発で惚れ込んでしまいました。

気になるエッチシーンも前作に引けを取らないエロさ。ハプニング系の明るくライトなエッチシーンが主体でありましたが、中身はしっかり濃厚な描写で仕上がっているなど、極めて理想に近いエッチシーンであったといえます。

嬉しかったのは、魔法を駆使して好みのコスチュームに着替えてくれるシステム。例えば、エッチの最中、「秘書」「ロリ」「セーラー服」からお好みの衣装を選べたりするのですよ。選択肢を選んだら単にCGが変わるだけでなく、テキストもちゃんと伴って変化されていたのが偉いね。衣服に併せたシチュエーションプレイも楽しめたし、魔女っ子の特性をキチンと活かしていたという意味でも良かった。

これだけエッチシーンが質の高い物に仕上がっていたのは、エッチに抵抗感のないエロエロ魔女っ子のおかげ。ただし、彼女らはエッチに抵抗感のないエロエロ魔女っ子であったがゆえに、頭を抱えてしまう問題もございまして…。

というのも、誰彼問わずにエッチし始める彼女たちの貞操観念の低さに悩まされるのですよ。主人公以外の相手でも平気で身体を許しちゃう魔女っ子たちには、少なからず怒りを憶えてしまいますね~。この作品は、脇役の男どものでしゃばりが激しく、当たり前のようにヒロインに手を付けてくるからムカムカ。サブキャラ風情がヒロインとエッチするなんて、以ての外!

ただ、この作品は世界観がかなりぶっ飛んでいまして、「常識」というものがあまり意味を為さない世界になっていますから、寝取られという程深刻なダメージはなかったのが不幸中の幸い。コメディタッチであることで、ある程度の誤魔化しがありました。かといって、気分が晴れる訳ではありませんけど…。

このぶっ飛んでいる世界観には、馴染める人と馴染めない人が両極端に分かれてくるのは間違いないでしょうね。ギャグ満載のコテコテB級コメディであった「魔女っこ」は、そのギャグに対して笑えるか否かで、評価がまったくの正反対に裏返されます。もし笑えるのなら、当然面白い作品になり得るんですけど、笑えないのであれば、イライラさせられる作品になることは必至。寒いギャグほど人の神経を逆撫でするものはありませんから。この下品でおバカな笑いが通じるのか、この終始高いテンションのノリについていけるのかが、大きな分かれ目になってくるのです。

ちなみに、私はどちらかというと「笑えなかった」し「ついていけなかった」方の人間です…。「全然ダメ」というわけじゃなく、それなりにクスッとさせられる箇所もあったんですが、自分とは相容れない種類の笑いであったことは否めません。

前作のママさんバレーも似たようなものでしたが、るチャ!の笑いとは、若手芸人が身体を張って笑いを取りにくる手法に近いのですよね。そういうのも嫌いじゃないんだけど、私はもっと「言葉」や「発想」で笑わせて欲しいタイプなんで、このエロゲでこぼれる笑いは、どうしても苦笑失笑の域から出なかった。なんていうか、ユーザーが楽しいと感じる以上に、作ってるスタッフ本人たちの方が楽しんでそうな雰囲気。こういう内輪的な盛り上がりは、入り込めない者にとっては辛いのですよ。

まぁ、これは単に笑いの感性の違いってだけなんで、非難に値するものでは決してないんですが、エロゲとして1つどうしても許せなかったのは、ギャグがエッチシーンにまで及んでいたこと。これはハッキリいって不快。

万丈君なんかがエッチのお相手になると、それだけでギャグ扱いになってしまいますからね…。万丈君とはキザでナルシストな脇役で、笑いを誘うには貴重なキャラクターであったといえますが、エッチシーンに絡ませていいようなキャラじゃない。

もっと悪質だったのは、訳のわからない芸能人(のそっくりさん)まで持ち出してきて、そいつらをエッチシーンの相手に添えていることですよ。ダンディ板野や大橋巨泉をエッチシーンに絡ませて何が楽しい? 他にもえなりかずき君や某アニメのキャラクターを使った「悪乗り」があって、ここら辺は完全に嫌気が差していました。エロは台無しだわ、笑えもしないわと、最低最悪のパターン

お話の方でふざけてもらうのは一向に構わないですけど、エロまで悪乗りするのは避けて欲しい。エロゲである以上、最低限エッチシーンは真面目に描写してもらわないと。前回のママさんバレーは、笑いとエロの分別はある程度出来ていたのに、今回はエロまで調子に乗りすぎてしまっていたのがとても残念です。

しかし、それが他ならぬるチャ!さんの個性だともいえますので、真っ向から否定してしまうのは憚られるんですよねぇ。似たり寄ったりのエロゲが氾濫している中、しっかりと独自性を持っているるチャ!さんは、やっぱり賞賛されるべきメーカーだと思いますし、あまり大人しくなりすぎてしまうと、今度はせっかくの持ち味を消してしまう恐れもあるので、結局はこのままの調子でいってもらうのが一番いいのかもしれない…。エロと笑いの匙加減は難しいね。

なんだか最後、締まらない支離滅裂なレビューになってしまいましたが、この作品を「認める自分」と「認めない自分」が私の中で同居しているので仕方ありません。私自身、今、賛否両論の真っ最中なんですよ。

ママさんバレーでは「乳揺れボタン」たるシステムが搭載されていましたが、今回新たに用意されたのは「すけすけシステム」。ゲージを調節することで、キャラクターの衣服が自由自在に透けてみえるようになる画期的アイディアです! 「優遇接待」にも同等のシステムがありましたけど、こちらは衣服と下着を別々に設定できるのが優れたポイント。

ただし、このシステムには、男性の衣服までもが透けてしまうという重大な欠陥が。こういう余計なところがるチャ!さんらしいといえばらしいんだけど、余計な事なんで、即刻止めてもらいたい。

頭のネジが緩いぽんやりした性格にナイスバディと、アンバランスさが魅力だった春風くるみ。ちなみに声がやたらと可愛いです(CVは成瀬未亜さんという方)。

そんな彼女が一番のお気に入りだったんですけど、彼女とのエッチシーンは、そんなに数がなかったのでガッカリ…。オナニー鑑賞、パイズリ奉仕、そして本番エッチと、たったの3つですもの(3Pを除く)。後はオヤジや変態やルンペンにイタズラされるようなものばかりで萎え萎え。こんなのはエッチシーンにカウントしたくないです。
04年3月22日