初恋
メーカー〔RUNE〕 発売日2002年10月25日


年齢の計算が合わない
野々原幹さんが原画を手掛けた作品として前作にあたるリトルモニカ物語は、私の人生の中で五指に加わるような奇跡的な作品であった為、今回の新作初恋でもそれに準じた期待感を抱いていました。

しかし、結果としてリトルモニカには遠く及ばなかった。というより、リトルモニカと初恋は土壌そのものが別箇であり、比較する事自体がそもそも無理な話。初恋は、プレイ前の期待とは裏腹にお話の方を重視した純愛ゲームで、それこそ本当なら赤レビューの方で紹介しなくてはならないような、シナリオ勝負のAVGであったのですから…。


そんな訳もあってか、シナリオはさすがに悪くない出来でした。いや、正直に言えば面白かった。RUNEさんは今までの作品でも、決してお話の方を疎かにしていないメーカーですが、今回は本腰を入れた為か格段に進歩しています。話的には感動系の良くある話で、何か大きな特徴とするものは無かったものの、無理に涙腺を緩ませようとする「感動させるぜ! 泣けよお前ら!」的な不遜なストーリーではなかったので、嫌味はありません。

むしろ、ちょっと問題だと感じたのは、物語が意外を通り越して、突飛といえる程の展開になっていた事でしょうか。プレイヤーを驚かせようとしてうった仕掛けでしょうけれど、あまりに極端から極端へ話が移り変わっていくので、途中からリアリティーが感じられないものになってしまっていました。

例をあげれば、ヒロインの桜井小桃。彼女に恋する男友達に頼まれたラブレターを、本人の代わりに主人公が手渡すと、ひょんな事から彼女がそのラブレターを主人公からのものと勘違いする……という、普通のラブコメチックな微笑ましい展開だったのが、いきなり前世がどうのという話に変わり、お次は事故やら自殺やら物騒な話になったと思うと、最後は転生が云々とオカルト話にすり替わってしまってしまう。

友人が主人公に押し付けたラブレターに、名前が書いていなかっただけで巻き起こる一大スペクタクルは、ハッキリいって不気味すぎて、途中「何でこんな大事になったんだろ?」と思うことも仕切りなのです。最初が最初で王道の学園ラブコメであっただけに、SFチックな急展開は違和感が強烈過ぎましたね。

逆を言えば、そこの部分さえしっかり受け止められる事が出来たならば、物語として非常に優秀。キャラクターの性格付けも上手ですし、台詞の言い回しも上手いので会話自体が楽しい。あまりシナリオ部分を誉めると、敗北感にも似た感情が沸き起こってしまいますので、本当はあまり口にはしたくはないのですがね…。だって、そんなシナリオのせいで本来眼目となるはずのエッチシーンが、もろに割を食ってしまっているんですから。


エッチシーンはCGだけ見れば、言うほど悪いものではなかったのかもしれません。しかし、総てのシチュエーションが「ストーリーに組み込まれていた」というのには強い強い不満が残りました。ストーリーに組み込まれていたとはチョットわかり難い言い方かもしれませんが、つまりは物語が盛り上がってきた、クライマックスに近付いてきた、そんな感動的なシーンにおいてエッチが執り行われてしまっているという事なので、こちらの気分としては全然盛り上がれない、全然エロい気分になれないという訳なのです。

結局、感動的な場面で交わされる肉欲の為ではない愛を育む為のエッチシーンが、エロゲとして致命的なものにしてしまっているんですよ。主要キャラクターにそれぞれ2つのエッチシーンが割り当てられていたのですが、そのどちらも柔らかなピアノの伴奏にのったしんみりとしたムードの中。これだけでは到底納得もできません。お話で感動させられるのは構いませんが、エロまで感動したくはないですって…。

RUNEさんといえば、出てくる女の娘が皆おちんちんに興味津々で、事あるごとにおちんちんおちんちんと連呼していたものですが(その際の音消しもきわめて短い)、今回はそれも大人しい限りでガックリ。あれだけ積極的だった娘たちは何処(いずこ)へ消えてしまったのか。全員に顔射シーンが用意されていたりと見るべく所も確かにありましたが、リトルモニカ物語の次回作と考えれば全然お話になりませんね。精液に関する卑猥な会話も無かったですし、まさしく愚にもつかないレベルでした。そう思うと、やはり落胆の色が隠せませんなぁ。


初恋というゲームは心地好かった。ストーリーはよく出来ていて非常に満足だった。でもね。忘れてならないのが、私はこの作品を購入した動機は物語としてではなく、エロとして目的だったという事で、当初のその目的がキチンと果たされていない初恋は、終わってみれば内心不満が一杯なのです。

ストーリーの面白い作品なら、それこそRUNEさんではなくても他のメーカーさんで充分代用出来ますが、明るくてエロくて汁くておちんちんを連呼するような作品はRUNEさん以外に代替がきかないんですから。そういった意味でも、やっぱりこの分野で頑張って欲しかった。ここだけは裏切って欲しくなかったのですよ。

まぁ、過ぎ去った事を愚痴愚痴言っても仕様が無いので、問題はむしろ今後になりますね。こういった純愛ゲーム路線に味を占めて、リトルモニカの路線を放棄されては堪ったものではありません。是非是非、次こそはリトルモニカのような、明るくてエロエロな作品を復活させて貰わなくては! 今回はRUNEさんとして、ちょっとした気紛れであった事を切に願います。

お馴染みの野々原幹さんが原画を務めています。有名すぎるロリ絵描きさんですね。今回も主要女性キャラはみなバスト80を下回る幼児体型ばかり。正真正銘、いろいろ小さすぎる幼女との犯罪的エロもありましたし、ロリータ目的での購入は吉と出ています。当然というか、やっぱり全員が処女でしたし、ま、そこら辺にこだわる方は安心して良いですね。

あと、これは少し驚きだったのですが、今回野々原幹さんは作品の「監督」もなされておられるのです。という事は、直々にディレクトされたこの初恋のような作品こそ、本来野々原さんが創り上げたかったものであるという事を意味しているのでしょうか…。う~ん、もしそうならやばいな~。

可愛らしくあどけなさ残る顔に容赦なくかけられる精液。これだけ萌えな感じ溢れる絵に、どばっと粘着質な精液がかかるのは非常にミスマッチなものでありますが、逆にそこが素晴らしい。これがある限り、私はRUNEさんの作品から離れられないでしょうねぇ。

今回、たじろぐほどの大量の精液は見られませんでしたが、射精する量は全体的に多め。質感が実によく出来ていて、かなりネットリしています。こびり付いているといった感じのかかり方もいやらしく、絵的な素晴らしさが今までと遜色がなかったのは不幸中の幸いでありましたよ。

まるで年下のようで、実は年上の先輩という設定の桜井小桃。無理してお姉さんぶる彼女には私もメロメロだったのですが、途中彼女はあろうことか○○に変わってしまうので…。なんという嫌がらせなんだ。

しかし、この作品の本当のヒロインは西村洋子でしょ。彼女とのハッピーエンドも欲しかったなぁ~。エッチシーンはちゃんとありましたので、その点の不満は無いのですけれど。
2002年10月27日